スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金環日食

 今日、21日は太平洋側を中心に、日本各地で金環日食が観測されました(^O^)。 

 こちら、東京でもストレスを感じるほど雲にさえぎられることもなく、十分に世紀の天体ショーを観測することができました\(^o^)/。 てなことで、写真を大公開!!

 700

 717

 725

 727

 728

 729

 734

 737

 745

 これらの写真は、がデジカメのレンズの前にサングラスを翳して撮影したモノですが、何でも数日前から練習していたそうです(^。^)y-.。o○。

 んで、国内で次に金環日食が観測可能なのは2030年6月1日の北海道ってことですが、その前に、ご存知の方も多いでしょうが、以下の天体ショーもお忘れなく(^O^)。

○めがね捨てないで…金環日食後の天体ショーとは
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120516-00000585-yom-sci

 “太陽が月に隠れてリング状に輝く今月21日朝の金環日食。観察には専用の日食
  めがねが必須だが、国立天文台は「観察し終わっても日食めがねは捨てないで」
  と呼びかけている。金星が太陽の前を横切る珍しい天体現象「金星の太陽面通過」
  が6月6日、日本各地で観察できるからだ。前回の2004年6月から8年ぶり
  だが、次回は105年後にならないと見られない。

  この現象は、太陽と金星、地球がこの順で一直線に並んだときに起こる。東京で
  は6月6日午前7時10分ごろ、太陽面の左上に「ほくろ」のような金星が見え
  始め、斜め右下に向かって少しずつ移動。”
スポンサーサイト

本日の第2弾 火山への備え 後編

またまたご無沙汰しております^_^;。ご訪問いただいている方々、申し訳ございません&ありがとうございます。ってことで、今日は複数の記事をアップしたいと思います。

 さて、前編で「火山への備えって、良く分からん」と記載しましたけれど、てなわけで、ちょいと調べたところ下記の文献を見つけました。

○富士山噴火の社会的影響:火山灰被害の影響についての企業・行政調査
-富士山噴火対策研究:噴火による社会経済的影響に関する調査研究 その1-
 http://www.hiroi.iii.u-tokyo.ac.jp/index-houkokusho-rist-fujisan-shakaitekieikyo01.pdf

ざっくりとまとめると、火山の噴火によって

 ・電気、水道、通信、金融のハード面には問題がない(考えうる大きな被害はなし)
  ただし、
  →下水道は麻痺する可能性大
  →携帯電話・無線等は、通信網の広範な輻輳で通じにくくなる可能性
 ・交通、物流面が降灰地域全域で麻痺

ということだそうなので、問題は物流。よって、最長2週間程度の 

 ☆水・食材の確保
 ☆常用薬の確保

は必須
だと思います。また、大規模な停電は起こらないのではと予想されていますが、よくよく考えると上記二つは地震等の防災対策と同様ですから、ついでに停電対策として、

 ☆懐中電灯、ライト、乾電池、ガスコンロ、ボンベ等

も準備
しておいた方が良いと思われます。

 火山の噴火ならでは、というものとしては、

 ☆簡易トイレ

なんてのも
。まぁ、これも地震の備えとしても悪くはないか…^_^;。

で、電気、水道、通信等のインフラは問題ないと上述しましたが、、家庭で使用する精密機械の類はやはり影響を受ける可能性があるようです。よって、

 ・換気扇を止める。窓の目張り、少なくともカーテンを。

といった対策は必要なようです。さらに、火山灰はガラスを含んでいるので、目や肺に入ると健康被害を引き起こす可能性があるそうなので、

 ・(防塵用)ゴーグル
 ・(防塵用)マスク
 ・レインコート
 ・(使い捨て)手袋
 ・帽子
 ・ブーツ

なんてのもあると良い
と思います。さらに、経験のある方はわかると思いますが、コンタクトは厳禁。メガネも準備しておきましょう。

 それから、意外と重要なのが

 ・シャベル、スコップ、ホウキ

屋根に積もった火山灰は意外と思いらしく、放置しておくと家が倒壊する可能性も
あるようです。もっとも、屋根に登って清掃は危険ですから、業者に頼むしか手はないかもしれません。

 ただ、火山灰は濡れるとどろどろになって、乾くと固まるようなので雨樋が詰まる原因となるようです。 このあたりはこまめに清掃するしかないようですね。なお、火山灰は、例えば東京都の場合だと燃えないゴミに分類されるので、袋に入れて収集してもらうことになると思います。くれぐれも洗い流すなんてな真似はしない方が無難かと。

 繰り返しますが「火山の噴火が近いんじゃないか」と、私が思っている、感じているということではありません。ただ、日本はそもそも、地震も火山もそして風水害(台風・洪水)なんてな自然災害が多い国ですから、いざという時にどう身を守るのかを事あるごとに考え、供えることが必要、だと思っているということです。

本日の第1弾 火山への対応 前編

またまたご無沙汰しております^_^;。ご訪問いただいている方々、申し訳ございません&ありがとうございます。ってことで、今日は複数の記事をアップしたいと思います。

 まぁ、気にしているから、ってのはあるかもしれませんが、いろいろと不思議な現象が起きています。

○(2012年5月6日)海で異変か…深海魚やクジラ類?続々漂着
 http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20120506-OYT1T00153.htm

 “5日午前10時頃、島根県隠岐の島町東部の黒島埼灯台付近の海岸で、全
  長約2・6メートルのクジラらしき生物の死骸が打ち上げられているのが
  見つかった。”

今回だけではなく、日本海側ではこういった「そこにいるはずがない生物が出現する」現象が続いています。

○(2012年3月14日)日本海でまた“怪現象”!クジラ死体が半世紀ぶりに打ち上げられる
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120314/dms1203141539015-n1.htm

 “日本海沿岸で怪現象が続発している。島根・隠岐の島で「地震を呼ぶ」と
  いわれる深海魚が大量漂着。そこからほど近い鳥取・境港で「半世紀近く
  見たこともなかった」(地元漁師)というクジラの死体が打ち上げられた。
  地元住民は、相次ぐ海洋生物の出現に「何かが起こる前兆かもしれない」
  と不安の声を上げている。”

 “漁師が指摘するのは、島根県隠岐の島町で2月14日に「地震魚」とも呼
  ばれる深海魚の「サケガシラ」が漂着した一件だ。続く22日には数百万
  匹にも上る深海魚「キュウリエソ」が同島の海岸を埋め尽くす奇怪な現象
  が確認されている”

実は、こういった現象は日本海側だけではなく、千葉県や、

○(2012年4月6日)千葉・勝浦でクジラ漂着死「地震の前兆か」地元は戦々恐々
 http://www.j-cast.com/tv/2012/04/06127983.html

 “房総半島の勝浦・興津海岸でおととい4日早朝(2012年4月)、クジラ5 件
  が1頭漂っているのを漁師が見つけた。やがて波消しブロックに打ちつけら
  れ、昼過ぎに波打ち際で死んでいるのが確認された。”

さらには、海外でも。

○今度はペリカン大量死 ペルーの浜、イルカに続き
 http://sankei.jp.msn.com/science/news/120430/scn12043023010003-n1.htm
 
 “ペルー北部の浜辺でペリカンが大量死しているのが見つかり、政府当局は
  30日までに原因究明に乗り出した。地元メディアによると、見つかった
  死骸は1200羽以上。同国北部の浜辺では2月以降、死んだイルカ約9
  00頭が相次いで発見されており、原因をめぐり議論になっている。

  当局はウイルスが原因でイルカが大量死したとみて調査を続けており、ペ
  リカンも同種のウイルスに感染したとの見方を示している。一方、環境保
  護団体は沿岸での石油試掘による振動や大きな音がイルカの死に影響した
  と主張している。”

で、上記記事中にも原因について推測されていますが、素人考えながら思い浮かんだ可能性は3つ

 ①何らかの病原菌
 ②海底で地殻変動が起きている
 ③磁気の乱れ

①については、今後の標本調査を待つしかないので、今のところコメントしようがありません(…すいません^_^;)。

②については「地球が活動期に入った」と言う人もいれば、そうじゃない、と言う人もいますから、はっきりしたことはやはり言えません。少なくとも、大震災をきっかけに、首都圏は活発化していますけれど…

○M7級首都直下地震、4年内70%…東大地震研
 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120122-OYT1T00800.htm?from=top

ご参考までに、2011年度に世界で起きた地震を地図上に表した動画を紹介するサイトがありました(下記サイトの4つ目の動画です)。

○時系列で見た「2011年の地震」:動画
 http://wired.jp/2012/02/07/2011-fukushima-earthquake-visualization/

う~ん…これを見る限りでは、世界的には大震災前後での発生頻度がそんなに変わっていないようにも、ほんのわずかだけ増加したようにも見えるんですけれどね…。これまた何とも^_^;

③について言うと、磁気の乱れは生物の行動に影響を与える可能性があるのですが、その磁気を乱す原因としては、地殻の変動や太陽活動によるもの、が考えられます。

○地球電磁気の Q & A(気象庁)
 http://www.kakioka-jma.go.jp/knowledge/qanda.html#11

○【図解・社会】東日本大震災・いわき市の地磁気変動(2011年5月26日)
 http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_soc_jishin-higashinihon20110526j-02-w460

つまり、地殻変動は、それが海底深部で起こればそこに生息する生物が難を逃れる形で今回のような動物の異常な行動に結び着きますし、また、地殻変動により磁気が乱れ、結果、動物の異常行動に結びつく可能性の二つがあることになります。

 太陽活動についても、心配っちゃあ、心配なんですけれど、

○太陽活動が活発化? 地球の10倍もの黒点群 爆発現象が7回発生
 http://sankei.jp.msn.com/science/news/120510/scn12051011190000-n1.htm

今回、私が気になっているのは、地殻変動 → 火山活動の方
 
○小笠原村・硫黄島沖で海底噴火か…海が変色
 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120430-OYT1T00007.htm

 “気象庁は29日、東京都小笠原村・硫黄島の北東沖で海底噴火が起こった
  可能性があると発表した。

私は科学者でも超能力者でも無いので、別に「起こるんじゃないか」と予想しているわけではありません。ただ、例えば、琉球大学の木村政昭教授などは、地震と火山の噴火は密接な関係があると主張されている方もいるなかで、地震についての防災というか対策については割と周知されているのですが、火山の噴火への対策については、周知されていないような…

まぁ、例えば桜島を抱える鹿児島の人たちなら、実は当たり前に対応されているのかもしれませんけれど、私自身が「?」なもので^_^;。 (続く)

皆既月食

 本日(10日)は、11年ぶりに全国各地で観測できる皆既月食。早速写真に撮ってみました(^。^)y-.。o○
なお、撮影は以前から持っていた「Lumix DMC-TZ5」で(これ、10倍ズームがあるんで)。

22時52分頃
22時52分

22時57分頃
22時57分

23時17分頃
23時17分

23時18分頃
23時18分

三脚なしの手持ち撮影でしたけれど、何とか見られる程度には撮影できましたかね^_^;。
プロフィール

tatsusae

Author:tatsusae
会社に長時間いると飽きてしまうという、組織人としては致命的欠点を持つ、仮面サラリーマンです

保有資格
AFP、宅建、初級シスアド、簿記3級、証券外務員2種等々

特技
統計(日本計算機統計学会員なもので)
英会話(最近使ってないから怪しいけど…。一応米国のMBAホルダーだったりします)
初級の中国語会話(なぜかできたりします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。