スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケント&マイケル お部屋開放

 “明日からまた1週間仕事だ…”と、憂鬱になる人も多いんじゃないかと。かくゆう私もその一人。毎週それを続けて早20数年…。最近は、ケント&マイケルと遊んで“ほんわか”した気分を味わっています。

 ケント&マイケルを譲り受けた「森の陽気な仲間たち」代表の佐藤さん(ブログはこちら→森の陽気な仲間たち)から、

 ○子猫たちは自分の体力を考えずに遊びすぎちゃうので、1~2時間遊んだらケージに
  入れ、あまり疲れないように気を付ける
 ○2回目のワクチン注射が終わるまでは、あまり多くの人に会わせないように


と注意すべきことを教わっておりました(その他にも、「マグロ(のレトルト)はおやつ」とか。猫の餌として売られているものに、総合栄養食とそうじゃないものがあることを初めて知りました^_^;)。

 で、昨日2回目の注射が終わり、今日でケント&マイケルはちょうど3カ月目(11月27日生)となったので、とうとう私の部屋を開放~\(^o^)/。何しろ、まだ整理していない段ボールが積んであったり、ロータンスの上には、これまた整理されていない書類が山積み…。ケント&マイケルにとっては私の部屋はジャングルジムのようなもの。最初は手こずっていましたが、1時間もしないうちに、器用にいろいろな場所に。

 そのうち疲れてしまったのか、眠ってしまいました。

                   頭が二つ

一瞬、“頭が二つある!!”とびっくりしましたが、単に重なって眠っていただけで、引きの写真がこちら。

                変形シンクロ

変形ですが、やはりシンクロしてました(^v^)。で、今日はこちらもちょいと疲れてお昼寝(お夕寝?)したんですが、当方がベットに行くと、大抵ケント&マイケルもやってきます。大抵はケントがいきなり“ドサッ”とやってきて、「ゴロゴロ」言い始め、するとつられてマイケルも。

                揃ってゴロゴロ

そうゆう時は結構動きがあるので、写真がなかなか撮れないのですが、今日は比較的うまく撮れました(^-^)V
スポンサーサイト

2k540

本日は、昨年の12月10日にオープンした「2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケーゴーヨンマル アキオカ アルチザン)」に行って参りました。(http://www.jrtk.jp/2k540/)

 2K540とは、JRの秋葉原と御徒町駅間の高架下に作られた、ジュエリー・革製品、デザイン雑貨、伝統工芸品、木工家具、インテリアペイント、人形、ファッションテキスタイル等のショップと工房が一体となった32店舗で、限定品、オーダー品、リペアなど、ここでしか買えないオリジナル製品づくりを推進するってことらしいんですけれど、名前の由来は、東京駅を起点に考えた場合、この施設が2キロ540メートルのあたりに立地することから。

 今日は御徒町よりの入口から入りました。

   御徒町より入口 御徒町側からの景色

 白で統一された空間は、なかなかおしゃれな感じがしました。ほぼ中央に位置する辺りには休憩スペースも。

   休憩スペース1 休憩スペース2

 で、秋葉原側の入り口および眺めはこんな感じ。

   秋葉原より入口 秋葉原側からの景色

 なお、開発がJRらしく、秋葉原側の入り口右手には、D51の汽笛も。

   D51汽笛 D51汽笛説明

 取り扱っているグッズについて、好みの違いがあるので人により評価は分かれると思いますが、個人的には何点(店)か“おっ!”という品(店)があり、期待が持てます。
 欲を言えば、ここは飲食店は2~3店しかないので、施設と並行する両脇の道路を隔てた反対側辺りにやはりこだわりのお店が並んでいれば…と言う気がします。特にスイーツ系の店は数店欲しいですね。
 ウチの最寄り駅の近くの高架下も、こんな感じだったらマンション経営にプラスになるだろうなぁと思います。

「まの」さんでお食事~♪

 何度も記載しておりますが、私は寒いのが嫌いで冬は冬眠したくなります(-_-)。で、ここのところ何かとやること、考えることがあって、心身ともに若干疲れ気味だったため、早めに眠ってしまうことが多くなっております。なので、せっかく「まの」さんに行って食事をしても、アップしていないことが続いたので、本日はまたまた「まの」さんについて。

 まずは1週間ほど前にお邪魔した時に頼んだ「金目鯛と関アジの刺身」「牛スジ煮込」

   関アジ金目鯛 牛筋煮込 
 
 写真だと旨く出ていないのですが、金目鯛はもっと鮮やかなピンク色。食感はトロサーモンのようにとろける感じですが、味はしつこくありません。この時一番驚いたのは、牛スジの煮込。全く固いところがなく、ものすごく柔らかい。圧力鍋で煮込んだのか、それとも長時間グツグツ煮込んだのか。味はちゃんとついている一方で、しつこさはありませんから、“ガツガツ”食べても大丈夫。これはお薦めです。

 続いて昨晩。昨晩はまずは「メヒカリ唐揚」と「シマアジとスルメイカの刺身」

   メヒカリ唐揚 シマアジスルメイカ

 メヒカリの唐揚はしっかりと味が付いていますから軽くレモンを振るだけ。とても肉厚なので、ホクホク感がたまりません~。これまた写真だと分かりにくいのですが、スルメイカのお刺身。これは私と妻が揃って好きな一品ですが、というのは手前に写っている“肝”。イカ刺は肝+醤油に付けて食べるのが好きなんです(^v^)。で、昨晩は「ちょっと透明感が足らんかなぁ~」という感じがしたので「少し固さがあるかな?」と思ったのですが、柔らかい!流石にとろける感までは無かったのですが、良く見ると、細かく包丁で切れ目が。あ、なるほどね。芸が細かい

 それから、新玉ねぎの串揚。 

                 新玉ねぎ串揚

甘さととろみ加減が好きなんですよね~。で、これ、名前は“新玉ねぎ”ですが、ちゃんと豚肉も入っています。なので、そこそこ“食べた”感が出る一品。

 前回も昨晩も(ってか、ここのところこれが多いのですが)〆は「海鮮チゲ鍋」

                 海鮮チゲ

前もご紹介しましたが、蟹・海老・牡蠣・蛤・長ネギ・しいたけと、これだけ出汁が取れる具材が入っていれば美味しさは想像がつくと思います。辛さについてはそれほどではありません。スープをそのまま飲めちゃうくらいですから。で、いつも写真を撮り損ねてしまうのですが、最後はうどんを入れて。

ということで、今日も幸せ~\(^o^)/。


味処 まの
120-0005 東京都足立区綾瀬2-23-3
03-3690-0966

ケント&マイケル 2回目のワクチン接種

 本日(26日)、ケント&マイケルは2回目のワクチン接種に。まずは体重測定。

        22日   29日    6日     13日    19日     25日
 ケント   800g   950g   1.0kg   1.1kg   1.3kg    1.4kg
 マイケル 700g   750g   800g    900g   1.0kg    1.1kg

順調、順調。体温その他、健康状態も特に問題なく、めでたく2回目の接種を無事に終了。これで一安心(^v^)。次回は1年後となります。

 猫好きの方ばかりではないと思いますので、簡単に説明すると(ってか私も知らなかったので調べたんですけれど…)、元々子猫は母猫から母乳をもらうことで母猫が持っている抗体を体内に取り込むそうです(これを移行抗体というそうです)。で、この移行抗体は徐々にその効果が薄れて行き、大体生後8週目くらいで切れてしまうそうです。よってワクチンを接種することで子猫自身の抗体を作り出すわけですが、問題が二つ。

 ○移行抗体の効果がいつ切れるのかは個体差が大きく、45日~60日以上と開きがある
 ○移行抗体のあるうちにワクチンを接種しても、ワクチンの効果が十分に発揮されない


そこで、「数撃ちゃあたる!」ということで、一般的には2ヶ月目(60日目)と3ヶ月目(90日目)にワクチンを接種する、ということらしく、運が良ければ空白期間は無くて済むし、いずれにしても2回目のワクチン接種をすれば、通常は一安心、ということのようです。

 ただ、移行抗体の持続期間は一説によると150日!なんてのもあって、私のように2回きっちり摂取しても、実は移行抗体が現時点でも有効だとすると、この2回のワクチン接種が無駄になる可能性もあるようですが…。まぁ、ウチの場合は完全室内飼育だし、それでも何らかの病気になった時は、そん時はそん時ですね。

 ということで、さすがにワクチン接種の日はちょいとぐったりするようで、すぐに“ねむねむ”モードに。お互いにグルーミングをしあっています。

    ケントベロベロ マイケルベロベロ

 で、問題はこれをどこでやってるかですが、なぜか私の足の上

               足の上1

 ちょいとわかりづらいですかね。こちらは引いた写真。

               足の上2

 夜ベッドで眠る時は妻の方に“ゴロゴロ”すり寄ってゆくのですが、どういうわけか、リビングでくつろいでいる時は、私の足の上で“ぐ~すか”眠ることが多いケント&マイケルです。

ケント&マイケル 今週も仲良し

 硬い話が続き過ぎたので、ケント&マイケルの今週の写真をアップして、今日は店じまい(ってなんだ?)。

 ともかく、ケントマイケルは仲の良い悪ガキコンビなので、大抵行動が一緒なのですが、写真はベッドでとろ~んとしているところと、お互いに毛繕いをしているところです。こ~ゆ~時はめちゃくちゃ甘えん坊です。

  ベッドでくつろぐ お互い毛繕い

 もちろん、相変わらずシンクロも(^v^)

                もちろんシンクロ

 最後に、本題とはそれますがスポーツつながりで、真央ちゃんを特等席で応援するケント

                真央ちゃん頑張れ 

国益と科学技術

今月は副業(要はサラリーマン稼業)の方がバタバタしていたり、それ以外もなんやかんやでネタを考える余裕があまりなかった…。ということで、日課の各種データ探し・記事チェックから、気になったモノの紹介が多くなってしまっている。反省。

 と、舌の根も乾かぬうちに、やっぱり気になった記事の紹介。レアアース関係もの。

 http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20110223-OYS1T00208.htm

 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110221-OYT1T00155.htm

 前者の九大の方は、従来は有機ELの発光効率を高めるためにレアアースを使っていたけれど、使わなくても効率を高められる方法の発見で、後者の千葉大の方は、磁気センサー用にレアアースの代替品が見つかった、ということらしいですね。 拍手!!

 何しろ、世界は“自国の利益のためだけに”行動するのが普通だと思った方が良い。例えば、個人的にはこの国とは親密な関係を築いた方が良いと思っているインド。

 http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20110218k0000m030027000c.html

記事中にもあるように、ブラジルも検討中だし、中国も既に。ついでに言うと、中国は最近もこんなことを。

 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110221-OYT1T00631.htm?from=top

日本人の感覚から言うと「ドあつかましい!」と思っちゃうけれど、まぁ、世界的にはこれが普通だと考えて、日頃から色々と手を打って置く必要があるってことでしょうね。なので、特定の国への依存を緩和することになる、上記のような発見は歓迎すべきことであって、やっぱり「二番じゃダメ」なんです。

 なんてな話を書いていたら、こんな記事も。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110224-00000868-yom-int

…ますます各国とも“自国の利益”を優先せざるを得ないですわな。

Moody’sよ、お前もか…

 あまり硬い内容もどうかとは思いつつ、先月のS&Pによる日本のソブリン格付の格下げに続いて、今度はMoody'sが日本“政府”の見通し(アウトルック)をネガティヴに変更したので、今日も前回に引き続き、経済の話を(堅苦しくてすいませんm(_ _)m)

 http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=ak2pYWpUPpms

 こうゆう記事を見ると「日本の国債は暴落する~」とか「日本の財政が破綻する~」などと考えてしまう人も多いでしょうが、記事には次のようになっています。

 ムーディーズは発表文の中で、その理由(見通しをネガティヴにしたこと)について、日本の経済・財政政策が「財政赤字削減目標を達成し、既に他の先進諸国の水準を大きく上回っている債務の急激な増大を抑制できるほど十分に強固なものではない可能性があるとの懸念の高まり」に伴うものと説明した。
 その上で「日本国債の発行が困難となるような危機的状況が短期から中期的に発生するとは考えにくい」としながらも、「長期的にはその圧力が高まる可能性があり、現在の高い格付けにおいても、その点を考慮する」と述べた。

 これ、文章を入れ替えるとわかりやすいんですけれど、

 「短期から中期的に国債発行が困難となるような危機的状況は考えにくいけれど、「日本の経済・財政政策が悪い」から「長期的には、そういった状況になる可能性がある

とムーディーズは言っているんですよね。つまり、日本政府にNGを出しているってことなんですよね(ソブリン格付けだから当たり前ですけれど)。

 そりゃそうでしょ。例えば、以下の記事。

 http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110220ddm001010066000c.html

いろいろごちゃごちゃありますけれど、内閣府の試算によれば、消費税を15%にしたって財政赤字は拡大しちまうそうです。まぁ、これも当然。こんな可処分所得を減らせばそれだけ税収はへっちまう。そんなことは'97年当時の橋本内閣で経験済みなんですけれどねぇ。

 最近の例ではアイルランド。ここは、欧州において比較的早い段階で不動産バブル崩壊が始まったのですが、このため、緊縮財政策をとります

 http://www.asahi.com/business/topics/economy/TKY201007240525.html

もちろん、そんなことをしちまえば余計に景気は悪化しちまいますけど、案の定2009年にはGDPがマイナス7.1%!。で、その結果どうなったかというと、

 2010年8月 AA → AA-に1段階引き下げ 
 http://www2.standardandpoors.com/portal/site/sp/jp/jp/page.article/2,1,9,0,1204859081100.html

 2010年11月 AA- → Aに2段階引き下げ 
 http://www.asahi.com/business/update/1124/TKY201011240066.html

 2011年2月 A → A-に1段階引き下げ
 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20110203-OYT8T00265.htm

…「ざけんなよ!!!」って言いたくなるでしょうね。だって、“歳出削減&増税”を(周りから)言われるまま、素直に実行したら格下げ

 日本でもこの言葉(歳出削減&増税)を聞かない日はないんじゃないかと思いますが、こういった例があるのに、何ゆえに実行しようとするのかが私には理解できません。

情報はきちんとね。

昨日の“ケント&マイケルがお互いの真似をする”ってのを書いている時に思い出したんですけれど「100匹目の猿」現象ってありますよね。

 簡単に紹介すると、猿の一頭がある行動(イモを洗って食べる)を取るようになり、仲間がそれを真似し出し、同行動を取る猿の数が閾値(仮に100匹)を超えたときその行動が群れ全体に広がり、さらに場所を隔てた猿の群れでも突然この行動が見られるようになったという。このように「ある行動、考えなどが、ある一定数を超えると、これが接触のない同類の仲間にも伝播する」

という現象で、一時期日本でも広まったようですけれど、今は“嘘”だとされています

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E5%8C%B9%E7%9B%AE%E3%81%AE%E7%8C%BF%E7%8F%BE%E8%B1%A1

 この説を広めた人間が根拠とした研究資料(論文)に“そんなことは記載されていなかった”という、嘘のような本当の話

 http://blackshadow.seesaa.net/article/6432489.html

 論文はねぇ…確かに読むのが面倒だし、人から「書いてある」と言われれば「へぇ~」で終っちゃうんでしょうね。まぁ、この手の話くらいなら別にそれで良いんでしょうけれど、我々の暮らしに関することだとそれじゃあ済まないですから。

 我々が収集する際の情報源としては、やはり新聞・TVが占める役割はまだまだ大きいですから、是非とも日本のマスコミには頑張ってもらいたいんですけれど…。スポンサー等々のご意向に沿わないニュース・記事は載せにくいってのは当然あるんでしょうけれどね。

 例えば昨年度の7月頃、政府が「財政非常事態宣言」をするかもしれないというニュースが流れたんですけれど、私はこの話にはすごぶる懐疑的です。
 というのは、昔々の1982年、鈴木(善幸)首相がテレビで「財政非常事態宣言」をしているかすかな記憶があったから。「一国の総理がこんな風に記者会見をするんだから、本当に非常事態なんだ。日本はど~なるんだろう」などと思っておりましたが、そんなのはどこ吹く風。その後、日本はバブル景気を謳歌することとなったのはご承知のとおり。その当時の国債残高は高々96兆円と今の10分の1(もっとも、金利が高かった時代ゆえ利払いは8兆円程度あったようですから、今の利払い10兆円程度に比較すると大きいのは事実でしょうね)。
 さらにはその後の1995年11月。時の武村大蔵大臣がやはり「財政危機宣言」を。当時の国債残高は今の半分くらい。何だかなぁ~という気がします。30年近く続く非常事態って…。そりゃもはや常態でしょう。

 んで、日本(と財政)のトップが「日本は国債を発行しすぎているから、財政が危機的状況です」と言ったんだから、「んじゃあ、国債の格付下げるね」と格付機関が言ったって仕方が無い。でも、これまた多くの方が知らないか忘れちゃっているでしょうけれど、これにちゃ~んと反論した公的機関が存在します。

 http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/p140430cov.htm

ご存知、財務省。2002年(平成14年)当時の話ですけれどね。で、格付機関からの回答が気に食わなかったのか、さらに追加質問を。

 http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/p140530s.htm

おぉ~。何と言うロジカルかつ定量的な反論

 国債が無限に増えて行くのをフリーに良しとは言いませんが、“もうダメだ~”ばかりじゃなくて、国民向けにこういった情報もキチンとアナウンスしてこそマスコミの存在意義があると思うんですけれどね。

ケント&マイケル ちょびっと文殊の知恵

 本日もケント&マイケルを病院に。

        22日   29日    6日     13日    19日
 ケント   800g   950g   1.0kg   1.1kg   1.3Kg
 マイケル 700g   750g   800g    900g   1.0Kg

おぉ~。とうとうマイケルもKgの単位になった~\(^o^)/。「んじゃあ、予定どおり来週2回目のワクチンを」とのことで、いたって順調。

 日々成長しているケント&マイケルですが、複数だと行動範囲・パターンが豊富になるようです。片方が始めたことは一方が必ず真似をするためです。なので、前回、ケントがスプーンをガジガジする写真をアップしましたが、翌日にはマイケルも…。

  じ~       うまいのかにゃ

 こうしてイタズラが日に日に増えて行くことに。

 まだ玄関・洗面所(+風呂場)と私の部屋には行かせないようにしているのですが、最近は行きたがるようになっており、特に朝の出勤前はそういった部屋から部屋への移動がどうしても多いので、隙を見せると“ダ~”っと猛ダッシュして入ろうとします。

       神妙

 写真は追いかけっこの末、やっととっ捕まえたケント&マイケル。

ホワイトバレンタイン

だぁ~かぁ~らぁあ、私は雪が嫌いなんです

 
 現在23時過ぎですが、ベランダから外を写してみました。

           雪

 東京23区内だというのに…。しっかりと雪モードになっている。
 
 そう言えば今日はバレンタインですが、私、実はアーモンドチョコレート以外のチョコレートは食べません
 だから、せっかくもらっても(そもそも貰うことも少なかったですけれど)チョコレートはいつも私以外の誰かが食べてしまって、でもお返しは私。ぜ~ん、ぜん良い思い出なぞございません。

 雪+チョコレートなんざ、私にとっては二重苦以外の何物でもなかったりします。世の中、「ホワイトバレンタイン♡」などと浮かれている人も多いんでしょうけれど、

  “電車、止まってるかな  ―y( ̄ー+ ̄)。oO○

 …あ、いや…他意は特に…それに電車止まると明日の出勤が困ります^_^;。
 
 ということで、少しでも多くの人が幸せを分かち合えますことを。

             ケントガジガジ

 写真は、私が飲んだ「ホットチョコレート」のスプーンをガジガジして幸せなケント。 

ケント&マイケル 3連休

 本日もケント&マイケルを病院に。

        22日   29日    6日     13日
 ケント   800g   950g   1Kg    1.1Kg
 マイケル 700g   750g   800g    900g

マイケルがまだ1kgに乗りませんが、体調は問題無し。良かった、良かった(^v^)。

 で、病院から帰って来るとご飯とトイレを済ませ、“ハンター”マイケルは戦闘態勢の一方、眠いケントはぼ~。

  マイケル戦闘態勢 ケントぼ~
 
 …で、結局、もつれ合っているうちにすぐにネムネム。

              結局眠る

 もっとも今日に限らず、兄弟猫なので非常に仲が良く、かつ、甘えん坊。この三連休は寒いこともあってか、しょっちゅう一緒に寝ていました

              くっついて

 んで、気付くとシンクロしてます。

 シンクロ1 シンクロ2 

英語教育と英会話教育

さて、先日アップした中で「中学英語を(ある程度)マスターするだけでも、日常会話は可能になる」と記載しました。

 これはある意味正しくもあり、間違ってもいます。正確に言うと「日常英会話に必要な知識は中学英語でもかなり賄える」です。

 話はガラッと変わりますが、皆さん、大部分の人が、高校や大学で授業は日本語でしたよね。「当たり前じゃん」と思う方も多いと思いますが、母国語で高等教育を受けられるってことは、世界的には欧米の先進諸国を除くと非常に稀な話。 

 http://www.komei-bunka.jp/column/col-10-11-01.html

 http://www.dotcolumn.net/blog/index.php?p=286

 ではなぜ日本においてこれが可能かというと、明治時代の諸先輩たちが頑張ってくれたおかげ

 http://www.norway.or.jp/study-and-work/study/students/

 つまり、明治時代から日本においては、英語力とはすなわち文献を読む力を意味していたということになります。このスタンスは明治の開国以来、100年以上に渡って変わりませんでした。だってね、東京大学の入学試験で、英語にリスニングが取り入れられたのは1986年のこと。逆に言うとそれまでは英会話力が求められていなかった

 知識面から言うと、Vickyさんがコメントしてくれているとおり、実は中学レベルの英語でも日常会話に必要なレベルにある程度達しています。にもかかわらず、何ゆえに英語がしゃべれない日本人が多いのか? 理由は色々でしょうけど、一つは会話の訓練をしていないから。日本の英語教育はかなり高い水準だと思いますが、英会話教育はしていませんでしたから

 先に書いたとおり、日本は日本語で高等教育を受けることができます。これって、世界的にみるとやはりすごいことで、そりゃあ日本の産業は優秀なわけですよね。だって、かなり高度な内容を口伝え・記憶だけではなく、マニュアル化することができるんですから。でも、一方で、多くの日本人が“英会話”をしなきゃ行けない状況が存在しない。

 だから逆に言うと、“日常英会話くらい”と思うなら、英語を話す・聞く訓練は必要。で、“聞き流す”ってのは、個人的にはどうかなぁと思っています。な~んにも頭使わなくたってできますから。だから“話す”方を意識して訓練することをお薦めします。こちらは、最初は頭で考えなきゃ言葉は出てこない。でも、そのうち簡単なフレーズなら頭でいちいち考えなくても口から出てくるようになります。そうなると、もう少し別な表現や長いフレーズを考えながら…以下繰り返し。で、大抵の場合ですが、自分の口からスラスラ出てくるフレーズは、聞き取れるようになっているはずです。前回、「短いフレーズで良いから、文章をパッと見て 英 ⇔ 日 がすぐに出るようにする」としたのは、このための基礎訓練ともなります。

 訓練する場所ですが、適当なところがなければやはり英会話学校。最近は外国人がスタンバイしている英会話カフェ見たいなところもありますし、こうゆう所を利用するのも手でしょうね。
 余談ですが、留学前にとある英会話学校に通っていた時、「来月はどうする?」と聞かれ、「日本を出る直前まで通うつもりだ」と答えたところ、「来るな」と。“?”と思っていると、「ウチは高い。45分で7000円位だろ。それなら六本木のキャバクラの方が安いし、もっと実践的な英会話が身につく。」。その時は実践しませんでしたが、結局後々これに近い方法を実践し、図らずも“正しい”ことを証明してしまいました
 因みに、なんで六本木のキャバクラに行かなかったかと言うと、それまで自腹だった英会話学校代ですが、直前分くらいは会社が出してくれることになったので、その際、「領収証落ちます?」と人事に聞いたところ、あっさり「無理」。そりゃそうでしょうね。

インフレ

 昨晩は会社関係の飲みでした。楽しかったけれど、疲れた…。

 それに朝起きたら“雪”! 積もってはいないし、天気予報で知ってはいたけれど、私、寒いのが嫌いなんです!。
 でも、今後積もる可能性があるかもしれないから食料(人+猫)の買い出しに行かねばならないし…ということで、朝はファミレスでモーニングを食べました。
 ファミレスのモーニングを食べるのも久々ですが、これまた新聞紙を久々に(ニュースはネットでチェックしているので購読していません^_^;)。

 一面はエジプトの情勢について。チュニジアに続き、エジプトでも長期にわたる独裁政権が倒れるのか?といった感じですが、それより気になっているが、世界的なインフレ。面倒なので、簡単に検索しただけですが、

  エジプト・チュニジアのインフレ推移:http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E7%8E%87&aq=f&aqi=&aql=&oq=

  直近のエジプトのインフレ:http://www.jetro.go.jp/world/africa/eg/basic_03/

  ドイツ:http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=aKfrur84vTdA

  ユーロ圏:http://newsweekjapan.jp/headlines/business/2011/01/41732.php

  フィリッピン:http://nna.jp/free/news/20110207php002A.html

  ロシア:http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0207&f=stockname_0207_037.shtml

  ブラジル:http://www.kokusai-am.co.jp/report/global3/2011/110114.pdf

 今回のインフレで問題になっているのは、異常気象による食量不足が主な原因だからでしょう。それに、アメリカのQE2(量的緩和)によって(投資マネーが増大し、この結果商品先物取引なんかにも資金が流れるので)その価格上昇に拍車をかけている、っていう側面もあるんでしょうが、基本は食量不足。

 今は世界的な不景気なので各国とも「自国通貨安で輸出を伸ばしたい~」なんて思惑があったりしますが、新興国なんかで自国通貨安ともなれば輸入品が高くなって、インフレに拍車がかかって、そりゃあ暴動が起きたって不思議じゃない

 ということで、今、エジプト情報に敏感なのが中国のようです。

 http://mainichi.jp/select/world/news/20110201k0000m030021000c.html

 まぁ、中国としてはべらぼうに高くなった不動産価格を始めとする物価を抑制するためには人民元高、金利高に誘導したいところですが、そうなると輸出産業は壊滅的。中国共産党としては難しいかじ取りを迫られているでしょう。

 「日本では~(意味不明のロジック)だから、ハイパーインフレが起きる!」という言葉を聞いたことがある方も多いとは思うのですが、こうゆう事象を見ると、やはり「供給能力が需給に追いつかない」場合、インフレが発生する。ということは、いざという時にインフレが起きないように、供給能力は高めておくにこしたことは無い。

 んで、翻って我が国、日本。思いっきりデフレ。世界中では食量が不足し、暴動すら発生しているのに、実に平和な日常

 もちろん、円高だから、ってのもありますが、デフレなのは当然需給ギャップが生じているから。内閣府の試算ではGDPの8%前後、つまり、40兆円程度供給能力が需要をオーバーしているとされています。
 もっとも、日本の場合、農業生産力はそれほど高くないため、当然、多くの食料品を輸入はしていますが、今回は世界的な危機感とは程遠い感じですよね。私自身も不思議だったんですけれど、一つはこれですかね。

 http://news.livedoor.com/article/detail/5330127/

 要するに、日本は農業生産力は落ちるものの、農業製品の供給能力はそんなに低くない、ってことなんでしょうね。あ、ちなみに韓国の新聞は、“思い込み”だけで記事を書いていたり、内容が間違っていたりすることはしょっちゅうですが、ただ、我々日本人ですら知らない日本のことを記事にしてくれたりすることもあって、重宝することもあります。

 ただねぇ。経済的には適度なインフレの方が望ましいでしょう。とにかく早く財政出動して景気の回復に繋げて欲しい。あわよくば家賃も値上げできるかもしれないし…まぁ、少なくとも値下げしないですむでしょうからね。

受験英語の学習法 入門編 後半

 昨日、外出前にアップした「受験英語の学習法 入門編」の続きを。

 昨日は「中学英語の英単語と熟語を暗記してね」というところまででした。んで、次はもちろん文法。

 最近の教科書は見たことが無いのですけれど、大体、単元ごとに取り上げる文法のテーマがあって、単元の終わりや場合によっては教科書の巻末にそれをまとめたページがあると思います。

 やるのはそこだけ。
 
 教科書の本文を見る必要無し。読みたい人だけ読んでください。

 具体的に何をやるかというと、例えば過去形であれば「過去のことを言いたかったら動詞を過去形に変えりゃあ良いんだ」と「動詞には規則動詞と不規則動詞がある」という点を理解することと、例として出ている文章を英語⇔日本語で置き換えられるように覚えることの二つ。つまり、
 
 ○何をどうすれば(例えば、動詞を変化させる、とか別の単語をくっつけるとか)、
  どういう意味になるのかを理解する。
 ○できるだけ短い例文をパッとみるだけで 英 ⇔ 日 がわかるよう覚える


をすれば良いです。どちらかというと、重きは前者においてください。

 教科書の本文を丸暗記して、という勉強も無くはないですし、それはそれで全部が無駄にはならないでしょう。でも、時間がかかるし、やっぱり苦痛です。それに、上述しましたが、あとあとたくさん英語に触れることになります。触れたきゃその時に触れりゃあ良いでしょう。

 ここまでのレベル(に限ったことではないのですけれど)での留意事項

 “できない”ってのには2種類あって、「記憶違い」と「知らない(覚えていない)」ということ。人によってどちらがやっかいなのかは異なると思いますが、結果は一緒。

 問題として出されたらアウト

 これをできるだけ少なくしてゆくのが勉強上効率が良いわけですが、そのためのテクニックとしては、例えば、

 ○introduce(紹介する)を見て日本語を考えた時に、“招待する(invite)”と間違った時は、
  例えばintroduceの欄にはinvite、逆にinviteの欄にはintroduceをメモる
 ○何か分からないことがあったら、何が分からないのかメモした付箋を貼っておく(何でこ
  の位置に形容詞が存在するの?とか)

なんてなものがあります。「あれ、これ何だっけ?どっかでも間違ったような気がするんだけれど…」なんてな時、該当箇所を探す手間が省けます

 ここまでなら、そんなに時間はかからず到達すると思います。でも馬鹿にするなかれ、このレベルを理解・暗記しているのなら、その後の大学受験レベルの英語の“学習”は、たいして苦痛ではなくなるレベルに到達しているはずです。
 しかも、すらすら英文が口に出せる、逆にパッと見てすぐに日本語が浮かぶレベルまでいっているのなら、発音はともかく、大半の日常英会話には何とか対応できるはずです。

ケント&マイケル ちっとはおとなしく

 さてさて、1週間ぶりにケント&マイケルを病院に。

        22日   29日    6日
 ケント   800g   950g   1Kg
 マイケル 700g   750g   800g

と順調に体重も増えております(^v^)。相変わらず、一回りでかいケントは随分猫らしくなってまいりました。一方のマイケルはまだあどけない感じ

 凛々しくなってきたケント 赤ちゃんのようなマイケル

本当はもう少し写真をアップしたいのですが、何分こやつら、起きている時はじっとしていないのでなかなか写真が撮れません(T0T)
“チャ~ンス!”と思っても、おもちゃと勘違いしてカメラをチョイチョイされたり、
  
           移すなケント

「何だ~」とばかりに寄ってきてしまったり…

           何かくれるのマイケル

なので起きているところをそろって写すのは難しいのですが、そんな中、なんとか次の行動に移る直前のロッキングチェアの上のケント&マイケルを撮影

           ロッキングチェア

もちろん、この後は駆けずりまわっておりました…

祝!新入居者なので「まの」さんに。

 只今戻って参りました~。実は年末に退去する方がいたのですが、年明け早々に新入居者が決まっておりました。んで、今日が入居日(^-^)。 おめでたいので(口実に?)、“まの”さんに行ってきた次第です^_^;。

 まずはおとおし&お酒。

          おとおし&笹の川

 あん肝と「笹の川」の御燗。笹の川は初めて飲みましたが、酸味も妙な甘ったるさもなく、すっきりした飲み心地。こいつは美味い(^v^)。

 で、本日の料理。定番の車海老と真鯛のお刺身、それから立春ってわけじゃありませんが、ふきのとうの天ぷら

 えびとたい ふきのとう

 刺身はいつもどおり。弾力&甘みが違いますねぇ~。この甘みが残るところにふきのとうの苦み。いんやぁ~旨い!!。で、〆は海鮮チゲ鍋(+稲庭うどん)

         海鮮チゲ鍋

 蟹・海老・貝・牡蠣・しいたけ・しめじ・ねぎ・白菜が入っていますが、こんだけ入っていれば説明不要でしょう。めちゃくちゃ旨い\(^o^)/。 

 会社の後輩を連れて行ったりもしていますが、先日は会うなり「まのさんに連れて行ってください!」…はいはい(-_-;)。

受験英語の学習法 入門編

 今日はこれから外出をするのですが、ちょいと時間があるので久々の語学ネタ

 今日はちょうど今、シーズンだし、受験英語の学習方法について。あ、ちなみ「英語が得意だ!」と言う人は想定していないですから。念のため。

 ものすごくつまらないことを言いますが、それなりの大学受験をしようとするなら、少なくとも中学英語は理解しておく必要があります。教科書が手元にまだあればそれで良いので、その教科書の内容を理解・暗記することからスタートしましょう。

 英単語・熟語は全部覚えてください。「えぇ~!暗記は嫌だよ~」という人に追い打ちをかけるようですが、その英単語・熟語を見て日本が浮かぶ、というだけではなく、しっかりと日本語から英語が出てくるまで(もちろんスペルも)。

 “文章(言い回し)の中で覚える方が忘れない”から、“単語集みたいなものは使わず、英語をたくさん読んで覚えるように”という勉強方法もあります。確かに、理解を伴った記憶や関連付けが強化された記憶の方が残りやすいですしね(あ、一応、これでも大学で心理学を専攻していましたから)。
 でも、私はこの方法は逆に記憶力 and/or 理解力が高い人向きの勉強方法だと思っています
 
 ってのは、“英語を読む”というのは、英文法・構文解釈や長文読解の時にどうせやらなきゃならないんですけれど、その際に、もしあまり英単語・熟語力が無いとすると、一々「あれ?この単語の意味は?」って辞書を引いて、またその次の単語を引いて…とやることになるんですよね。一回で(英単語・熟語を)覚えられれば良いんですけれど、何度も(英文法や構文の)参考書を読んで内容を理解しようとする度にこの作業をしなきゃいけないとなると、はっきり言って苦痛です。ま、もっとも、“オイラは暗記みたいな地道な作業こそ苦痛だものね~”という人もいるでしょうからどちらが良いとは言えませんが。

 でも、騙されたと思って中学英語の教科書の英単語・熟語を覚える作業をしてみてください。学校で習っていた当時よりもはるかに楽に覚えることができると思います。
 ってのは、さすがに“全く記憶にございません”というモノばかりじゃなくて、知ってるモノ、“あ、あったなぁ~そう言えば”というモノが少しはあるはずですから。今、中学生だと言う人(はそもそもこのブログは見てないでしょうけれど)、1年間の終わりにやってみましょう。(後半に続く)

クシュの寝姿

 突然ですが、昨日の昼過ぎからお腹が痛いです。でも、昨日は約束があったし「アルコールで消毒すれば治るかも」ということで飲みに行ってしまいました。結果、本日も体調不良(今は随分良くなりました)。んで、妻も昨晩から風邪でダウン…。ということで、皆さん、体調にはご注意を

 “ブログをアップしている場合じゃないだろッ”と突っ込みが入りそうですが、先日、妹の犬、クシュ(♂、ミニチュアシュナイザー、10歳、寡黙)の「小さい頃」として写真をアップ(こちら→「ケント&マイケル ワクチン注射」)しましたが、妹から「あの写真は去年撮影のモノで、今でもあの寝姿」とのメールが来たので、訂正させていただきます。んで、そのメールに添付されてきた写真はこちら。

                   クシュ布団

 毛むくじゃら&ハワイだのに、寒いらしい。
プロフィール

Author:tatsusae
会社に長時間いると飽きてしまうという、組織人としては致命的欠点を持つ、仮面サラリーマンです

保有資格
AFP、宅建、初級シスアド、簿記3級、証券外務員2種等々

特技
統計(日本計算機統計学会員なもので)
英会話(最近使ってないから怪しいけど…。一応米国のMBAホルダーだったりします)
初級の中国語会話(なぜかできたりします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。