スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貿易収支と国債原資

 財務省が29日に6月上旬分の貿易統計の速報値を発表しました。

これを伝える各社の記事。

(産経新聞)
○貿易赤字、長期化の懸念 増える原油・ガス輸入 減る国債購入原資
 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110630/fnc11063007310000-n1.htm

 “東日本大震災の影響で、貿易赤字が続いている。財務省が29日発
  表した6月上旬(1~10日)の貿易統計(速報)によると、輸出
  から輸入を差し引いた貿易赤字は1654億円だった(前年同期は
  509億円の黒字)。今後、「脱原発」が進み、代替燃料の輸入が
  増えれば、貿易赤字が長引く恐れもある。国内で使えるお金が流出
  することで、国債の国内消化が行き詰まり、日本経済に大きな打撃
  を与えかねない
。”

(毎日新聞)
○貿易統計:震災から復旧で赤字が縮小 6月上旬
 http://mainichi.jp/life/money/news/20110629k0000e020013000c.html

 “財務省が29日発表した6月上旬(1~10日)の貿易統計(速報、
  通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支額は1
  654億円の赤字となった。前年同期は509億円の黒字だった。
  5月上旬は、東日本大震災によるサプライチェーン(部品供給網)
  寸断を受けた輸出減の影響で、6463億円の貿易赤字だった。
  月上旬は震災からの復旧に伴い、赤字幅が縮小した
。”

(日本経済新聞)
○6月上旬の貿易赤字1654億円 輸出は持ち直しの兆し
http://www.nikkei.com/news/headline/archive/article/g=96958A9C93819481E0EBE2E2908DE0EBE2E4E0E2E3E39790E0E2E2E2

 “輸出は前年同期比1.3%減と4月上旬(19.4%減)や5月上旬(13.6
  %減)に比べて減少幅を縮め、徐々に持ち直しの兆しも
出ている。”

 “一方、原子力発電所事故の影響で火力発電へのシフトが進めば、L
  NGなどの燃料調達の拡大によって輸入の増加が続く可能性
がある。”

産経新聞は「貿易赤字が続くと、海外にお金が流れる=国債の購入原資が減るのでまずい」と言う点を強調しています。一方、毎日は「貿易赤字ではあったものの、赤字幅は縮小している」と、日経もほぼ毎日と同じ論調ですが、最後に「輸入の増加が続く可能性あり」と。

 さて、産経新聞の言う“国債の購入原資”ですが、こちらをご覧ください(季節調整済の方)。

○平成23年4月中 国際収支状況(速報)の概要
 http://www.mof.go.jp/international_policy/reference/balance_of_payments/preliminary/pg2304.htm

ご覧のとおり、日本の場合は所得収支が大きいので、少々の貿易赤字ぐらいでは経常収支が赤字になったりしません

  ※所得収支というのは、外国から得た利子・配当や賃金などと、外国へ支払った
   それらなどの差額。要は、せっせ、せっせと貿易で稼いだお金で海外に投資し
   続けた結果、海外への投資から入ってくる利子・配当が、貿易額を遥かに凌駕
   しちゃった、ということ。

確かに、貿易赤字が続くとその分は国外にお金が流出するのですが、全体では国内にお金が入ってきていること、しかもその国外流出分は減少傾向にあること、という点を無視して“国債消化できなくなる~”というのは、そりゃ可能性としてはあるにしても、かなり無理があり過ぎ

産経新聞の上記記事には、

 “購入原資が減れば、国債の消化も海外投資家に頼らざるをえない。海
  外投資家の購入比率が増えれば「財政悪化のリスクを意識して、国債
  が売られやすくなる」(南氏)。昨年、財政悪化懸念から海外投資家
  が国債を売り浴びせ、長期金利が跳ね上がったギリシャの二の舞いに
  なりかねない。”

ともあります。

 まぁ、これも良く言われることですが、海外の人間が日本国債を買うという場合、日本国債は100%円建てなので、その海外の人間は、まずは自分が持っている海外の資産と円を交換して、日本国債を購入するわけで、そうすると海外に利払いする一方で、海外からは日本にも利息が入ってくるので、気にする必要はないんじゃないかと

 そもそも日本は世界最大の対外純資産国ゆえ、上記のとおり所得収支は莫大な黒字ですから、普通に考えるとそう簡単には赤字国に転落しないはずなんですけれどね
 よしんば赤字になれば円が下がり、輸出競争力が回復して貿易黒字になっちゃうんですけれど。何しろ、貿易赤字の原因は、大震災の影響による(モノが作れないから)輸出の減少と燃料の増加であって、made in Japanのモノはもういらない!ってんで、そうなったわけではないですから。
スポンサーサイト

自由化

 日本人としては、その言動に感謝し、日本滞在を心ゆくまで堪能して欲しいと思う、レディー・ガガさん。あいにく訴えられてしまいました…。

○レディー・ガガさん:訴えられる 震災支援グッズ収益巡り
 http://mainichi.jp/select/world/news/20110628k0000e030009000c.html

 “米人気女性歌手レディー・ガガさんが東日本大震災の被災者支援の
  ためとして販売したリストバンドをめぐり、ガガさんや関係者が収
  益の一部を着服したとして、米国の弁護士グループが27日までに、
  損害賠償を求める訴えをミシガン州の連邦地裁に起こした。同グル
  ープが明らかにした。実際にバンドを購入した人が参加できる集団
  訴訟としたい考え。”

んで、ガガさん側は当然、反論

○ガガさん側、着服一切していない 代理人が反論
 http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011062901000268.html

 “代理人は「バンドを購入することで寄付してもらった5ドル(約4
  00円)全額が被災者のために使われる。ガガは自分のお金も使っ
  て支援を続けている」と主張した。”

う~ん…訴えたのは1-800-Law-Firmという弁護士団体らしいのですが、

○レディ・ガガを訴えた弁護士団体<1-800-Law-Firm>その実体は?
 http://music.goo.ne.jp/contents/news/NML33867/index.html

売名行為?という声もあるなかで、確かなことは推移を見守るしかないので、この件についてのコメントは差し控えさせていただきますが…気になるのは、“集団訴訟としたい”ってところ。我々日本人の感覚だと何かトラブルがあって、弁護士に相談して、んで訴訟という感じなんですけれどね。このあたりが訴訟社会のアメリカといったところですかね。

で、何で気になるかというと、最近、すっかり頭の中からすっぽりと抜けているんでしょうが、菅首相が“平成の開国!”と力説(した割にはIPPと言ってましたけれど)していたTPP。農業改革が前面に出ていますけれど、TPPで自由化されるのは何も“モノの行き来”だけではなく、こういった法律サービスも。ってことは、こういった、我々の感覚からすると“どうゆう訴え方?”と首を傾げたくなる訴訟もこれから起こりやすくなる、ということ。

それから、モノ・サービスだけではなく人も。例えばギリシャ。

○荒れるギリシャ:警察がアテネのデモ隊に催涙ガス-財政案の採決前日
 http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aUnUKcjSzQ4s

 “労働組合は歳出削減と資産売却を盛り込んだ財政5年計画に抗議する
  48時間ストを開始。この日は約1万2000人が議会へのデモ行進に参加
  したと警察は概算している。当局はアテネ中心の広場で警察を攻撃し
  たり飲食店の窓を割ったり車に火をつけたりと暴れる若者グループを
  排除するため催涙ガスを使用した。”

元々、なんでギリシャの財政が破綻したかと言うと、ものすご~く大雑把に言って、外国から借りたお金を国民にばら撒き続けたから。何しろ、公務員が国民の20%程度らしいのですが、その数を最近まで把握してなかったっていうんですから…。

○ギリシャ、公務員数知らなかった 初の調査へ
 http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010060801000248.html

 “国営企業従業員を含めた公務員数は全労働人口の20%以上に当たる
  約100万人に上り、年金と公務員給与・手当が政府支出の約40%
  を占めるとの報告もある。公務員の多くが不当な手当、早期退職・年
  金受給などの恩恵に浴し、ギリシャの財政悪化の一因になってきたと
  の指摘が強かった。”

んで、散々恩恵を被って来た人たちが、“借金返すためとは言え、今の生活水準落とすなんざまっぴらごめん!”とばかりにデモ…。我々の感覚では考えられん…。

さらにはお隣韓国。双竜自動車が経営悪化により、自主再建を断念し、ソウル中央地裁に法定管理を申請。民主労働党、進歩新党の支援を受けた労組側約500名は、政府に対して直接交渉と従業員の地位保全等を求め5月29日から平澤工場に立てこもったが、8月4日に機動隊が突入し強制排除された、という事件が2009年に起こりました。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8C%E7%AB%9C%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A

会社がつぶれたのに従業員の地位保全って…。

まぁ、TPPは別にこれらの国が入っているわけではありませんが、我々日本人では理解できない行動を取る人達も自由に行き来できるようになるってことで、良いか悪いかというのは別にして、こういったことを受け入れるってこともTPPなんですけれどね…。

きっと鳩山前首相も菅首相もこうゆうことは理解していないんでしょうな。

誰の意見?

 意気揚々の菅首相ですが、相変わらず結果が伴って来ません。

 ○一体改革の閣議決定当面断念、民主内の反発受け
  http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110627-OYT1T01313.htm
 
  “政府は27日、消費税率の引き上げや子育て支援・低所得者対策の
   拡充などを柱とする「社会保障と税の一体改革案」について、月内
   を目指していた閣議決定を断念する方針を固めた。
   民主党の「社会保障と税の抜本改革調査会」の会長を務める同党の
   仙谷由人代表代行らが先送りを求めているほか、国民新党も増税に
   反対しているためだ。”

様々な意見もあるでしょうが、この改革案にせよ復興構想会議の提言にせよ、“増税ありき”で議論されているので、まとまるもんもまとまらない

 ○復興構想会議提言 増税ありきは筋が違う
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110626/plc11062603290001-n1.htm

  “政府の東日本大震災復興構想会議(議長・五百旗頭(いおきべ)真
   防衛大学校長)がまとめた提言に対する最大の疑問は、復興計画の
   中身が示されていないのに増税の必要性ばかり強調
していることだ”

な~んで、“増税ありき”になっているかというと、度々指摘しているとおり、財務省さまが増税をしたいから

 ○「腹話術のように人に言わせる」 一体改革迷走で片山総務相が財務省批判
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110628/stt11062810510003-n1.htm

  “片山氏は「財務省の官僚は自らの意見として増税を訴えればいいのに
   腹話術のように人に言わせるからこじれる。一体改革と(増税を打ち
   出した)復興構想会議には通底するものがある」
と批判”

そりゃあ自分では言えないでしょ。

増税について言うと、概ね“巨額の政府債務がある → よって、これ以上国債に頼るわけにはいかない → だから歳入を増やすために増税”というロジックですよね。が、このロジックには少なくとも二つの疑問があります。

 ☆歳入を増やすための解決策として増税がベストなのか
 ☆そもそも問題とするほど政府債務は巨額なのか


前者については、何度かアップしましたけれど、増税をして良い場合と悪い場合があります。増税は個人消費の落ち込みを招き、結果GDPは悪化する可能性が高い(1997年の消費税アップ時にそうなっています)から、今のようなデフレかつ不況期は取るべき策ではない

それから、後者についても、やはり以前ブログでアップしましたけれど、

 ○外国格付け会社宛意見書要旨
  http://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/p140430.htm

 ○ムーディーズ宛返信大要
  http://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/p140724m.htm

  “貴社は、日本の政府債務が「未踏の領域」に入ると主張しているが、
   巨額の国内貯蓄の存在という強みを過小評価しており、また、戦後
   初期の米国はGDP120%超の債務を抱えていたし、1950年
   代初期の英国は、同200%近くの債務を抱えていたという事実を
   無視している。
また、貴社の格付けは、日本政府の債務支払い能力
   に対する市場の信頼を反映した低い実質金利とどのようにして整合
   性をとっているのか説明がされていない。”

財務省さまは“政府債務対GDP比が200%程度でガタガタ騒ぐな”とおっしゃっていますね(^O^)

つまり、そもそも増税のためのロジックが破綻しているんですよね。まぁ、このロジックが破綻していようといまいと、片や海外に向けては“問題なし!”と発言している以上、国内に向け、自らの口で“問題あり!(だから増税)”とは言いにくいってことですね

まぁ、民主党・菅首相が腹話術のお人形なのは、なにもこの増税問題だけではなく、今回の内閣人事でも

 ○閣僚人事:首相・亀井氏VS民自公 退陣圧力に抵抗
  http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110628k0000m010128000c.html

  “民主党幹部は「発端は亀井氏が首相に『参院のねじれを解消するために
   自民党を引き込むポストが必要だ』と持ちかけたことにある
」と説明す
   る。”

“民主党” 改め、 “いっこく党” ですな(^。^)y-.。o○ …って、またダジャレですいませんm(_ _)m

人気

 今日もバタバタしているので、軽めのアップで失礼します^_^;

毎日新聞にしては(失礼)かなり良くまとまった菅首相批判が。

 ○市民ゲリラの本性見せた菅首相 一点突破主義の再生エネ法案
  http://mainichi.jp/life/money/kabu/eco/tohonseiso/news/20110624org00m020037000c.html

“立てば国難、座れば人災、歩く姿は風評被害”という揶揄がここまでしっくりする方も珍しい…。

おそらくものすごく気にしているんでしょうけれど、当然のことながら支持率は下落の一方

 ○「8月末までに菅退陣」6割超 内閣支持率23%
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110627/stt11062711540001-n1.htm

ただこの方の場合、支持率を持ち出して云々するのは支持率が好転した時だけでしょうね。もっとも、この傾向は菅首相個人に限ったことではなくて、党の傾向かもしれませんけれど。

 ○枝野長官「厳しい声を踏まえ適切に対応したい」 7割が菅首相の対応不適切と指摘
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110627/plc11062711500006-n1.htm

  “約7割が退陣時期を明確にしない首相の対応を不適切としていることに
   ついて「個別の世論調査の数字にはコメントしない」

と言っていますが、同じ産経新聞に、

 ○枝野長官、世論調査に反論も…過去にはたびたび引用
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110425/plc11042521510021-n1.htm

  “とはいえ、枝野氏自身も過去には「世論調査をみても、柳沢伯夫厚生労働相はお辞
   めになるべきだという声が多数を占めている」(平成19年3月の衆院本会議)、
   「世論調査をみても、国民が定額給付金に反対していることは明らか」(21年1
   月の衆院予算委員会)などと、度々世論調査を引用


突っ込みを入れられていますしね。

 まぁ、この期に及んでは菅首相が辞めない限り、何を言おうと不信感・批判は避けられないでしょうから、ど~せなら

“JIN-仁-の最終回といい勝負くらいの支持率ですから、捨てたもんじゃありません(^O^)”

位のことを言ったら…もっと叩かれるか


 ○JIN-仁-:最終回視聴率 関東地区で26.1%
  http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20110627k0000e040060000c.html

支援の形 さまざま

 前回に引き続き、今日も国外からのエールを二つほど。

○トルコ政府高官 日本の原発への信頼揺るがず 受注交渉再開を期待
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/110626/mds11062601260000-n1.htm

 “東京電力福島第1原発事故の影響で交渉を中断している日本企業に関し、
  トルコのエネルギー天然資源省高官(原子力担当)は産経新聞の取材に、
  日本の最新技術への信頼は揺らいでいないと強調、日本側との交渉再開に
  期待感を表明


ありがとうございますm(_ _)m

○親日国のエチオピア、「友好の証し」と義援金
 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110625-OYT1T00873.htm

 “東アフリカのエチオピア政府は、東日本大震災の義援金として、544
  万ブル(約2500万円)を在エチオピア日本大使館に寄付”
 “国民の1割が食料支援に頼る最貧国ながら、「約80年の外交関係があ
  る友好国のために」と、震災後に日本支援委員会を発足させ、現地企業
  などに寄付を呼びかけていた


無理せんでも気持ちだけで十分だよぉ~(>_<)

こういった海外からの信頼・友情に応えられるような復興を必ずや果たしましょうね。

一方、寄付と言ってもこんなのも

○参院議員、震災支援と資金集めたのに義援金1割
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100806-849918/news/20110623-OYT1T00145.htm

 “民主党参院議員の大島九州男氏(元福岡県直方市議)が19日に「東日
  本大震災復興・支援する集い」と銘打った政治資金パーティーを北九州
  市内で開き、被災者への義援金とともに自らの活動資金を集めていた
  とがわかった”

まぁね…全体の1割程度とは言え40万円は寄付しようとしているようですから、全く寄付をしないというよりは…とは思いますけれど…。

気を取り直して…小笠原に引き続いて平泉も文化遺産に!\(^o^)/

○平泉、世界文化遺産に決定 東北初、震災復興に励み 対象絞り、再挑戦実る
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/110626/trd11062600560000-n1.htm

文化遺産に登録されたからと言って、必ずしも爆発的に観光客が増えるというモノではないでしょうけれど、こういった全人類共通の“財産”を有することを誇りに、少しでも復興地の方々が頑張れれば良いなぁと

ある意味、全て“明るい”話題。

久しぶりの更新です…少しバタバタしているもので…

 などと言い訳している間に菅首相は居座りを完全に決め込んだようで。う~ん…いわゆる日本人が美徳とする“義”とか“情”は、この人にとっては“偽”とか“冗”なんでしょうな…

で、少し気になったのは以下の二人の動き

 ○楽天・三木谷社長が経団連を退会~Twitterで公表
  http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110624_455737.html

  “「なぜ、脱退しようと思われたのですか?」という質問に「電力業界を
   保護しようとする態度がゆるせない
。」とツイート。また、「なんで関
   経連のトップが関電なのか、このタイミングで?」と怒りを表している。”

 ○ソフトバンク株主総会、電気事業参入に向け定款変更を承認
  http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110624_455676.html

  “孫氏は、同社が掲げる“情報革命”にもエネルギーが必須として、電力
   は重要であり、既存の電力会社で解決できない課題があれば、一肌脱ぐ、
   という姿勢を説明して、定款の変更(定款に自然エネルギーなどの発電
   事業を追加)への理解を求めた


ご存知、菅首相は孫正義と会談して、

 ○菅首相・孫社長「蜜月」の行く末 「自然エネルギー改造内閣」の誕生?
  http://www.j-cast.com/2011/06/23099365.html

  “菅首相は、「自然エネルギー」をキーワードに孫正義・ソフトバンク社
   長と急速に蜜月ぶりを見せ始めている。自然エネルギーの全量買い取り
   を義務付ける法案は、菅首相が急きょ「最重要」案件として掲げ、菅首
   相が退陣しないことを正当化する「錦の御旗」として急浮上
した。菅首
   相の当面の「命綱」のひとつとも言えそうだ。”

まぁ、「自然エネルギーを延命に利用」と言われても仕方ないでしょうね。何しろ、こんなことをブログで言っていますから。

 ○トップ・セールス成就!「日本を挙げて」の舞台裏
  http://kanfullblog.kantei.go.jp/2011/01/20110119.html

  “「日本を挙げて」の第三、これは「トップ・セールス」です。菅総理の
   ベトナム訪問での決定。まさにトップ・セールスの成功そのものです。

   でも実は、ベトナム訪問にさかのぼること一か月足らず前、同じ10月
   の初めにも菅総理はズン首相にブリュッセルで日本の原発について働き
   かけているのです。”

と、原発の海外からの受注を自らの功績と自慢してたのはほんの数ヶ月前ですから。

菅首相については経団連が距離を置き始めましたが、言うまでもなく、現代産業の命運を握っているモノの一つが電力。菅首相&孫氏が三木谷氏と手を組むと、少し面倒なことになるかもしれませんね

と、あまりはっぴぃな話題が無い中で、今日はこのニュース。

 ○<世界遺産>小笠原諸島、自然遺産に登録決定 ユネスコ
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110624-00000136-mai-soci

  “パリで開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第35回世界
   遺産委員会は24日、小笠原諸島(東京都小笠原村)の世界自然遺産登
   録を決定した。日本の自然遺産は白神山地(青森、秋田県)、屋久島
   (鹿児島県)、知床(北海道)に続き4カ所目。”

私、母方のご先祖さまが小笠原出身ということもあって、このニュースはとても嬉しく思います(^。^)y-.。o○関係者の方々、ご苦労様でした。そして、これからも頑張ってください\(^o^)/。

…あ、ついでと言っては何ですが、レディー・ガガさん。日本人の一人として、貴女の行動に大変に感謝いたしますm(_ _)m

 ○レディー・ガガ、来日会見 「みんな、この美しい日本に来るべきよ」
  http://www.afpbb.com/article/entertainment/music/2808382/7415654

  “「義援金を集めることも大事だけれど、日本がすでに安全だということ、
   この美しい国の扉は世界中の観光客に対して大きく開かれているんだっ
   てことを、世界に思い出させることも大事。東京滞在中は自分の立場を
   利用して、この素晴らしい街を楽しみながら、かわいいリトル・モンス
   ターたちにキスして回りたいわ」”

最後のところは遠慮させていただきますが、お気持ち、嬉しく思います

耳触りの良い言葉

 今日は、ちょいと軽めの話題で。

 日本のスパコンが7年ぶりに世界一の座に返り咲きました\(^o^)/。

…まぁ、で、気の毒っちゃあ気の毒ですが、例の「2位じゃだめなんですか」の方

 ○蓮舫氏「オンリーワン目指す努力を」と注文
  http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110620-OYT1T01055.htm?from=main1

  “蓮舫行政刷新相は報道陣に対し、「極めて明るいニュース。関係
   者のご努力に心から敬意を表したい」と述べつつも、自らの発言
   については「メディアが勝手に短い部分を流した」と反論。「ナンバー
   ワンになることだけを目的とするのではなく、
国民の皆様
   の税金を活用させていただいているので、オンリーワンを目指す
   努力を期待したい
」と注文をつけた。”

あのね…。ナンバーワンもオンリーワンも大変なことなの。結果、ナンバーワンになったりオンリーワンになったりしたら、それはそれで称賛すべきことだけれど、仮になれなかったからと言って、なれなかった人を全否定する必要はない、ということなんだけれどね。価値観は人それぞれだから。

どうも、この党は中身よりも、表面的な言葉で自らの主張を押し切ろうとする傾向があるように…。“コンクリートから人へ”とか、“平成の開国”とか…。

しまいには、中国からこんな指摘も。

○日本の民主党が失敗した原因を探る=中国人有識者
  http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0618&f=politics_0618_009.shtml

  “今再び選挙が行われれば、おそらく自民党が再び長期にわたって
   政権を握ることになるだろう。有権者の記憶がなくならない限り、
   民主党が与党になることは二度とないだろう。民主党は完璧に失
   敗した。”

  “民主党の失敗は日本の民主政治にとって悪いことではない。今回
   の失敗で、いかに政党を判断するか、耳障りのいい言葉に踊らさ
   れて投票してはならない
こと、そして国の未来を展望し、実現可
   能な方法を提案できる政党がいかに大切かを日本人は学ぶことが
   できた。”

ははは…^_^; あたっているとは思うんですけれどね…。選挙そのものを独裁政権たる党が管理している(=当選者が初めから決まっている)国にとやかく言われたくは…まぁ、現状がこれじゃあ、仕方無いか(-。-)y-゜゜゜。

谷中 魚善

 私と妻は共に6月生まれ。なので、今日はお互いの誕生日のお祝いに食事に行くことに♪

 私が気に入っている中で、まだ紹介していないお店が何店かあるのですが、今日は、そのうちの一つ、「谷中 魚善(うおぜん)」さんに決めました。

 元々こちらは魚屋さん。そのうち、この辺りは寺社が多いことから仕出し弁当を始めたという知る人ぞ知る老舗です。

      魚善

静かな住宅街の一角にたたずむその店舗は、知らなければ見過ごしてしまうかもしれません。個室(と言っても、土日はすごく混んでいるので、相部屋になっちゃいましたけれど…)にとおされて、まずはお酒を注文。

      富士錦

頼んだのはこちら「富士錦」。アルコール度数が少々高め(19~20度)なので、口の中にほんのりとぶどう(マスカット)の味が残ります。   

んで、最初に出てきたのが、こちら。

  季節の豆腐 いか

左は「季節の豆腐」。ジャガイモの豆腐の上に、帆立・ウニが乗っています。ジャガイモの豆腐は非常に弾力というか粘り気があると言うか。薄味の出汁が良く絡みます。基本、こちらのお店は薄味が多いのですが、この出汁はそのまま飲めちゃいます
右側は、「イカの煮付け」と「イカのお寿司」。両方とも同じイカです。弾力があるイカなので、個人的にはお寿司には向いていないかなぁと思いましたが、イカの煮付けは絶品ですね。聞かずに食べると、「アワビか?」という弾力と味

さて、その次に出てきたのは、

  大トロ 茶碗蒸し

大トロ(左)と茶碗蒸し(右)。大トロは、どう表現したら…。見た目は大トロなんですが、こう…“ぐにゃ~”ととろけません。それでいて、しっかりと“トロ”の甘みがつまっているというか。口の中にしつこさが残らない大トロです。茶碗蒸しは、シメジ、エビ、銀杏、鳥肉が入ったオーソドックスな一品…の上に餡かけが乗っています。先程書いたとおり、こちらのお店は薄味なのですが、この餡かけには美味さがギュッと詰まった感じです。

 この段階でまだお酒が半分程度残っていたので、取り敢えず、天婦羅だけ先に持ってきていただきました。

        天ぷら

こちらをつまみに、店の女将さん(御歳、98歳)と会話を楽しみました\(^o^)/。

で、最後はご飯とデザート。

  ご飯 デザート

ご飯はお代わり自由です。コースが違うとこのご飯が炊き込みご飯だったり、それはそれでまた立派な料理になってしまうので、女性だとお腹に入らないかもしれません。
デザートは自家製バニラアイスに、アンズとキュウイが添えられ、柑橘系のソースがかかっています。どちらかと言えば酸っぱめなので、口の中がすっきりします。

 などとクドクド解説するまでもなく、こちらのお店はお薦めです。機会があれば、是非一度お試しください。 

増税について 続き

 さてさて、先程の続きを…。

 りくなもさんのコメントに“テレビで見ましたが10%の税金の増税を15%までしないと駄目~”というのがありました。

 ここでいう15%はおそらく消費税のことでしょうが、このテレビを見ていないので、何を根拠に15%と言っているのかは不明です。推測すると、多分、これですかね

 ○IMF、日本に消費税を段階的に15%へ引き上げるよう要請
  http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-21748320110616

  “国際通貨基金(IMF)は16日、日本に対し、増大する公的債務の
   削減に向け、消費税を現行の5%から15%へと段階的に引き上げる
   よう要請した”

この記事は16日のものですが、実は“IMFが消費税を上げろと言っている”という記事は前からしつこく出て来ています

 ○(4月12日)日本は明確な財政健全化計画を IMF提言、消費増税も
  http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011041201000759.html

 “具体的には「現在極めて税率が低い」消費税の増税が、財源確保や幅
  広い負担につなげる上で有効だと提言。社会保障制度改革などを盛り
  込んだ新たな財政運営戦略の策定を求めた。”

 ○(6月11日)日本は来年度、消費税7~8%に…IMFが提言
  http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110611-OYT1T00707.htm

 “IMFが8日発表した声明では、現在5%の消費税率を2012年度
  から7~8%に引き上げる案を示した。国際機関が日本の税制に対し、
  増税時期と内容まで詳しく特定して提言するのは異例だ。”

そもそもIMFってのは、第二次世界大戦後、戦場となったヨーロッパでは経済が破綻状態 = ヨーロッパ各国の通貨の信用無し、よって各国間の貿易もできない状態。そこで、国際通貨体制の秩序回復を図るため、IMFの創設者たちは、為替レートの安定を確保するため国際通貨システムを監視し、貿易の障害となるような為替規制を撤廃するよう加盟国を促す役割をこの機関に担わせたってのが始まりです。

  http://www.imf.org/External/japanese/pubs/ft/whatj.pdf

簡単に言っちゃうと、IMFってのは、国際貿易や国際的なお金の貸し借りで、支払が滞らないように目を光らせている組織

ってことは、世界最大の対外純資産保有国、かつ、世界第2位の外貨準備高を持つ日本は、他国にあ~だこ~だ言うことは許されても、監視される筋合いはま~ったくない国ということになります。それでもあ~だこ~だ言うなら、麻生政権時代に貸した1000億ドルを返してから言え

 つまり、普通なら上記の一連の報道は“あり得ない”報道。でも、そのあり得ないことが起きているのは何かがおかしいということ
 ここで、一番上の記事に戻りますが、原文(→こちら)を見ると、注目すべきは2点。一つ目は、P2のDISCLAIMER(免責条項)。

 “This Staff Discussion Note represents the views of the authors and 
  does not necessarily represent IMF views or IMF policy.”

訳すと、「このスタッフ討議ノートは、筆者らの見解を示すものであって、必ずしもIMFの見解とかIMFの政策を表すもんじゃありません」ってことで、どうしたらこれがIMFからの要請になるのか…。一番上の記事が間違っているってことですね

んで、二つ目は、まさにその見解を持っているこの記事の筆者

  “Keen, Michael ; Pradhan, Mahmood ; Kang, Kenneth ; de Mooij, Ruud ”

ここで、プラダンというのは対日代表団長で、カンというのは日本担当課長ですが、実は震災直後にこんなことを発言しています。

○<IMF>大胆な財政出動要請 震災復興で日本に 2011年03月25日
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000085-mai-bus_all
 → リンク切れなので、以下に全文を記載。

 “【ワシントン斉藤信宏】国際通貨基金(IMF)のプラダン対日代表
  団長とカン日本担当課長は24日、記者団の取材に応じ、東日本大震
  災後の急激な円高・ドル安に対抗するため、先進7カ国(G7)が為
  替市場に協調介入したことについて「適切な行動だった」と評価した。
  また、震災復興のため「大胆な財政出動で、経済を下支えする」こと
  を日本政府に求めた。
  IMFはこれまで、財政再建を急ぐよう日本政府に繰り返し求めてき
  たが、プラダン氏らは「成長率が下がれば財政はさらに悪化する」と
  して、震災からの復興を最優先課題にすべきだと訴えた。


おかしいですよね? こちらのコメントを前提に考えると、震災復興が果たされていないのに消費税を上げろと要求するわけが無い。

 そこで、こちらWikipediaのIMFの問題点をご覧ください。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%80%9A%E8%B2%A8%E5%9F%BA%E9%87%91

 “日本の場合、大口出資国で有る等の立場から財務官僚が多く出向して
  おり、融資が行われていないにもかかわらず「消費税を上げるべきだ」
  等のIMFの討議内容の報道がなされる。これは、IMFの正式発表ではな
  く、財務官僚が出向者を使いさも、まるで、IMFが全体がその様に述べ
  ているかのように見せ、自分たちの都合の良いようにマスコミを通じ
  国内世論を操作する道具にしている。


ってことなんですね。

 つまり、プラダン氏とカン課長は東日本大震災の直後だったし、インタビューという形式だったので、素直に本音でしゃべっちゃったんですけれど、普段は、大スポンサーたる日本から来ている財務省官僚の言うことを聞かないわけにもいかず(だって、別に他国についてとやかく言っているわけではななく、自国のことを言うだけですからね)、それが“IMFが要請”とか“IMFが提言”と記事になり、またそれをマスコミが引用しているというところでしょうかね。

 なお、上記の点を推測するについては、こんな記事を参考にしました。

 http://www.vanyamaoka.com/senryaku/index1213.html

これだけだと推測とはいえ、ネタとしてアップするにはどうかなぁとも思っていたのですが、IMFの発言記事を追っていくと、どうもその可能性(日本人がIMFを利用して書いている)が高そうかなと。

それに、実は、同じようなことがOECDでも行われております。

 ○OECD、震災で0・8%成長 消費税率「20%必要」
  http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011042101000615.html

  “巨額の復興費用で一段と悪化する財政を再建するには、消費税率は将
   来的に20%まで引き上げが必要になる可能性を指摘した。”

こちらは、“瞬殺”しました。なにしろ、原文(→こちら)を見ると、

 “The OECD Secretariat's report was prepared by Randall S. Jones,
  Satoshi Urasawa and Byungseo Yoo under the supervision of
  Vincent Koen. Research assistance was provided by Lutecia Daniel.”

って、思いっきり日本人の名前が書かれていましたからね。

増税について

 昨日のアップ記事に対して、りくなもさんからは、

 “もっと違う方法は無いんでしようかね? 例えば議員数を減らすとか…
  テレビで見ましたが10%の税金の増税を15%までしないと駄目だろうって
  言ってましたが…”

とか、盟友のVickyさんからは、

 “まぁ、限られた税収の中で過去の負の遺産まで清算しようとしたら
  生半可な手法じゃあ短期的にやり遂げるのは不可能
ってのはわかるんで
  すがね。。。”

とのコメントをいただいております。いつもありがとうございます~\(^o^)/。
いずれも、“そもそも公的債務(=負の遺産)が莫大でしかも復興費がかかるので、増税ってのは理解はできるけど…”ということだと思います

 でも、りくなもさんがご指摘のとおり、う方法はないわけではないでしょう。例えば、こんな記事が

 ○超党派議連、日銀に復興国債の全額買入求める
  http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-21739220110616

  “超党派による「増税によらない復興財源を求める会」は16日、国会内
   で会合を開き、東日本大震災の復興に向けた財源について、増税ではな
   く、日銀よる復興国債の全額買い切りオペで調達することを求める声明
   文を決議した。
   同声明文には民主党や自民党などを中心とした国会議員211人が署名

   今後、各党政調会への申し入れや、政局動向を見極めた上で、新政権を
   含めた政府への提言などを計画している。”

211名もいるなんて…きゃ~素敵(^O^)。この、国債の日銀買い取りについては、私も再三主張しています。
 
 まず、国債の発行についてですが、政府債務が対GDPの200%を持って“未曾有の数値”と大騒ぎする方がたくさんいますけれど、それこそ歴史的にみれば、ナポレオン戦争直後の英国は300%近い数字でしたし、日本も第二次大戦直後には170%程度だったこともあり、政府債務対GDP比200%がそれほど突飛なモノとは思えません

 また、政府・マスコミが発表しているこの数値は政府“債務”であって、政府“純債務”ではありません。つまり、その保有している資産を無視した数値です。これをカウントすると、だいたい130~40%程度だったはずです(今面倒なので数値を拾いに行ってませんが…)。あ、ちなみに、他の国の場合だと、政府債務も政府純債務も変わりません。日本政府ほど、金融資産を保有している国があまりないからです。

 よって「これ以上、国債を増加させることは難しく」とは何を根拠に主張しているのか、そもそもその根拠が不明です。

 また、発行した国債を日銀が直接買い取ることについては、記事では「財政支援とみなされれば、日本の財政に対する信認が低下し、国債の円滑な発行に支障が生じかねない」とされていますが、日銀白川総裁は、

 ○日銀の復興債券引き受けに強く反対、市場の信頼感損なう恐れ=白川総裁
  http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT889377620110414

  “この非常に安定的な国債市場を損なう理由はどこにもない。日銀が(復興
   債券を)直接引き受ければ、円に対する信頼感も弱める恐れがある”

と、国債の増発そのものに反対しているのではないことがおわかりでしょう。彼が心配しているのは、日銀がそれを直接買い取ることで、その理由は“円に対する信頼感も弱める恐れがある”から
円に対する信頼感が弱まると、まぁ、通常は円安になるんでしょうけれど…。良いじゃん。一方で円高円高と騒いでいるんだから、多少円安になったって。

 気になるのは、りくなもさんのコメント内の“テレビで、10%から15%に”というところ。これについては、余力があれば後でアップします。

そんなこと言ってないも~ん

巧妙と言うかなんというか…

○東日本大震災:復興債、所得・法人増税で財源捻出 消費税は対象外
 http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110616ddm001040056000c.html

 “政府・民主党は15日、東日本大震災の復興財源として発行する復興債の
  償還に充てるため、所得税と法人税を一定期間引き上げる方針を固めた。
  所得税・法人税を1割程度引き上げることで年間1兆数千億~2兆円程度
  を確保し、10年かけて償還する案を軸に調整する見通し。”

復興債を財源に充てるものの結局は増税すると…。にしてもこの見出しがねぇ

「逆累進課税(稼ぎの少ない人ほど、収入に占める税の割合が高くなる)の消費税増税はないし…」

って、そう簡単に(増税派が)あきらめるはずもなく、記事の続きは

 “消費税は社会保障財源として段階的に10%へ引き上げる案が検討されて
  いることに加え、民主党内に反対論が根強いことから、復興増税の対象か
  らは外す方向”

つまり、ど~なるかというと、

 所得税 1割増税
 法人税 1割増税
 消費税 10割増税(倍増!)

という、大増税!!!
 

皮算用では、

 “仙谷由人官房副長官は所得税・法人税を1割増しにする定率増税を提唱して
  おり、所得税だけで約1・3兆円の増収になる。
  政府は法人税の実効税率を5%引き下げる方針だったが、すでに見送りが確
  定。法人税減税とセットで予定されていた課税範囲の拡大を実施すれば約0
  ・8兆円、課税範囲を拡大せず1割の定率増税を実施してもほぼ同額の増収
  が見込まれる。
  政府高官は15日「復興債の償還期間を10年とすると、年間1兆数千億円。
  所得税と法人税で十分対応できる」と語った。”

歴史を勉強していないようですな…。97年に消費税率をアップ(3→5%)した際には、

 消費税 +4兆円
 所得税 -2兆円
 法人税 -3兆円

と、確かに消費税による税収は増えたものの、これら3つを合わせると税収がダウン


 上記の一体改革案の中での消費税増税については、気になる点がもう一つ。

 ○消費増税:「経済好転が前提」…一体改革の最終案議論
  http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110617k0000e010060000c.html

  “政府側は社会保障の維持・強化のため「15年度までに段階的に消費税率
   を10%に引き上げる」との方針を堅持する一方、消費税増税を含む税制
   の抜本改革は「経済状況の好転が前提」で実施するとの弾力条項を追加

   た修正案を提示した。”

経済状況の好転ねぇ…。これまた以前も指摘したことがありますが、“景気の過熱期”とか“(好景気の結果)インフレがひどい”時に増税するのは反対しません。でも、“好転”ってなんだよ。前よりもよくなりゃ好転なんだから、すんげぇひどい状態から、ほんのちょびっとだけ良くなった状態だって好転と言えるじゃん。

こうゆう、重要な事象の定義を明確にせずにしのごうとするのは、この政権の癖なんでしょうね。実際、こんなこと言っているし。

  “与謝野馨経済財政担当相は会合後の会見で消費税増税で弾力条項が追加さ
   れるなど一体改革案が修正されたことについて「影響はない」と述べた。”

実施する・しないは、増税派にとっちゃあ雲泥の差があるわけで、それを「影響ない」と述べたということは、弾力条項が追加されようがされまいが増税しちゃうよ~ってことなんでしょうね

ケント&マイケル 俺らには関係ないし…

 …反省だけならサルでもできる…。昨日も午前様の私^_^;。

 さて、気を取り直して…と言いたいところですが、相変わらず居座る菅首相。企業人としては良くいますけれど、自身に対する評価が周りと自分でここまで違う人は政治家では記憶にないですね。野田君は予想どおり叩かれていますけれど…。さすがに私も呆れています(-。-)y-゜゜゜。

 ってことで、こうゆう時はケント&マイケルの記事をアップしよっと(^O^)。

 さすがに、でかくなってきて、かつ、気温も上がって来たので多少距離を置くようになってきたとは言え、基本、仲良しのケント&マイケル。すぐにチャイチャイ始めます。

   やる? うしっ!

 んで、ヤンチャ度は マイケル > ケント ですから、

            スーパーマイケル

こんなことはマイケルが始めますけれど…結局はケントも。

            ありゃ


 んで、お決まりのシンクロ

   シンクロケント シンクロマイケル

 …こう見ると、…こいつらでぶってないか? もうちょいしたら、病院で血液検査してもらうか…。

神保町 Taka

 先週末は飲みが続いてしまい、土日は体を休めておりました^_^;。ブログも更新をサボってしまったので、「今週は短いのでも良いからアップしなきゃ~」と思ってはいたのですが…昨日、何回か取り上げております、神保町のTakaさんで妻とお食事をしておりました…^_^;。

 定番のメニューもあるのですが、大抵我々は本日のお薦めの中からチョイス

         メニュー

前菜は各580円なのですが、6時~9時までの間だとすべて(だったかな?)のドリンクに+300円となりますので、これまた大抵、琥珀エビスの生とこれらの中から適当にチョイス。昨日は、「真いわしのコスカベッシュ」と「牛肉と新玉葱のトマト煮」

   真いわしのコスカベッシュ 牛肉+新玉ねぎ

「真いわしのコスカベッシュ」にも新玉葱がたっぷり入っており、ニンジンともども甘さが良く感じられます。実は私、例えば“酢豚”のような甘酸っぱい料理は苦手としているのですが(それぞれが強烈に自己主張しているようで…)、こちらは甘さと酸っぱさが調和されていて、しつこさがありません。オリーブオイルのせいかな?
「牛肉と新玉葱のトマト煮」。こちらは見た目と違って、かなりあっさり味。牛肉も柔らかいので、少しずつというよりは豪快にガツーんと食べると美味しいですね。 柔らかなパンにたっぷり乗せて食べても美味しいんじゃないかと思います。

 その次に頼んだのは、「沖縄産アグー豚のグリル 季節野菜と供に」

     沖縄産アグー豚

ちゃんと塩味で整えられていますからそのままでも大丈夫ですが、お好みでレモン、バルサミコ酢、塩(写真では光っちゃって見えませんが、手前の白い奴がそうです)で。ちなみにこちらの塩はアンデスの岩塩。通常、岩塩は普通の塩に比べると苦みが無いですけれど、こちらももちろん苦味はありません。しかも、ほんのわずかですが甘みもあります(塩だのに…)。個人的にはレモンをかけて食べるのが一番おいしく感じました。 
 最近は出回りすぎたせいなのか、どうも以前ほどイベリコ豚を美味しく感じられなくなっていたのですが、久々に口の中に広がる肉汁がしつこくない、上品な感じの豚肉でした。お薦めです

 と、ここで店長が「美味しい赤(ワイン)があるんですけれど…」と言って勧めてくれたのがこちら。

     Tormaresca

イタリアワインの「TORMARESCA」。私はそれほどワインが得意では無いのですが、深い香りとタンニンがバリバリの本格的な赤ワインでしたので、アグー豚にはぴったりでした。

 たっぷりと店長と会話を楽しんだ後、最後に頼んだのがこちら。

     帆立と春キャベツのパスタ

「帆立と春キャベツのパスタ」。塩味とクリーム味から選択できるのですが、赤ワインを飲んでいた妻の要望で、チーズをたっぷりかけても大丈夫なようにクリーム味を。完全にツマミ状態^_^;

飲むことは飲むんですけれど、それほどワインが得意ではない私は、この時、ハーパーのジンジャー割やらシャンディガフやらをゴクゴクと…。こちらのお店では、ウィルキンソンのジンジャーが使われていますので、後味すっきり\(^o^)/。 シャンディガフも当然、エビス+ウィルキンソンのジンジャーという、私にとっては最強の組み合わせ。 

ということで、昨日、アップできずに本日のアップとなった次第…^_^;。

次の一手 VS 次の行って

またまた、更新をサボってしまった…訪問してきてくださった方々、すいませんm(_ _)m

 この期に及んで まだ×3 粘る菅首相

 ○菅首相が7月中旬の2次補正を表明 党側は「月内退陣」を模索 綱引きが激化
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110613/plc11061322550012-n1.htm

ご本人は任期満了までと考えていたフシがありありですが、その後1月、そして8月と…ダメなもんはダメ!

これだけの災害。はっきり言って、どれくらい復興費用が掛かるかなんて正確には誰にもわかりゃあせんのだから、どう復興させるのかの大まかなデザインの提示とざっくりと40兆円くらいの財源確保が何よりも必要でしょう。 しかるに、未だに

 ○首相が2次補正予算編成を指示、建国・赤国増発せず対応=財務相
  http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-21684820110614

  “規模については「これからの話」と述べるにとどめたが、国債を発行しないで
   対応できる規模が想定されており小規模となる見通し。”

という状態。“消費税増税ありき”で話をスタートしているからこんなことになる。ど~せここまで追い詰められているんだから、“復興ありき”で考え…られたら菅首相じゃないか。

 ま、そりゃともかく、言ってみれば共同戦犯の仙石・枝野両氏は早々に“早期退陣派”に衣替え。

 ○仙谷官房副長官:首相の退陣時期表明、両院総会は「一つの節目」
  http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920019&sid=advjsyP6oDpw

 ○枝野官房長官:首相退陣「早期」示唆 自民・石原氏、新体制と「大連立も」
  http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110604dde001010012000c.html

今や、表面的にでも味方は岡田幹事長のみか。

 ○民主・岡田氏が仙谷氏に苦言「首相がいつ辞めるとか、議論すべきでない」
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110613/plc11061322150011-n1.htm

…いかん…また、つまらんダジャレが浮かんでしまった…

    “幹事長、考えた退陣偽装” → “『菅、自重』、菅が得た退陣偽装”

……つまらなさ過ぎる…^_^;。

 気を取り直して…。ポスト菅の野田財務相は、予想どおり(→「週末の気になった記事 その1」)叩かれ始めちゃいました

 ○脱税の疑いある企業、野田財務相らに政治献金
  http://www.asahi.com/politics/update/0611/TKY201106110141.html

  “脱税の疑いがあるとして税務当局の強制調査(査察)を受けた東京都内のソ
   フトウエア会社側が、野田佳彦財務相ら与野党の複数の国会議員側に政治献
   金していたことがわかった。”

もうこなってくると、“誰でも良いから早く決めろ~”という空気になっちゃうんですよね。…もしかしたら、人材不足を認識している民主党の戦略か?

週末の気になった記事 その2

 以前、アップした中国共産党による値上げ禁止圧力とそれに反抗して発電所を止める電力会社ですが(こちら→「朕が法律なり その2」さすがの中国共産党も譲歩せざるを得なかったようです。

○「民」が「官」に勝つとき
  http://sankei.jp.msn.com/world/news/110609/chn11060910560001-n1.htm

  “国家発展改革委員会は同日、湖南や重慶など15の省・直轄市で工業用の
   電力料金を引き上げることを表明した。電力会社の造反に屈服した形の意
   思決定である。”

  “製品の値上げを政府によって一旦止められ、おまけに罰金まで科せられた
   英蘭系日用品大手のユニリーバはとうとう、「わが道を行く」と腹を決め
   て果敢なる値上げに踏み切った。一部製品の値上げ幅が10%以上となる
   本格的な値上げだが、今度、当局は一転して、「値上げは企業の権利」と
   言ってそれを認めた。”

徐々に中国共産党も追い詰められ始めたかなぁ~という感じですね。たびたび指摘しているとおり、インフレ・バブルは経済格差の大きい中国人民のうち、低所得者層にとってみると不満のタネになります。

○中国のインフレ率
  http://ecodb.net/country/CN/imf_inflation.html

 ○中国のCPI操作疑惑
  http://www.gci-klug.jp/ogasawara/2011/02/16/011957.php

上述の下の方の記事は、簡単に言っちゃうと“中国共産党はCPI(消費者物価指数)の数字をごまかして、物価上昇率を実際より低く発表しているんぢゃね~の?”ということです。こんなことしたって、実際に生活している人民にとってはな~んもかわらないんですけれど、逆に言うと、こんなことまでしなきゃならんほど、物価上昇がひどい、ということでもあります。
  
んで、インフレ対策としては自国通貨の切り上げ(輸入品が安く買えるようになるから)

 ○人民元切り上げ 米財務長官「中国当局も必要性認識」
  http://www.asahi.com/world/china/news/TKY201105040243.html

とか、金利の引き上げ(金利を引き上げると、お金を借りて消費しようとするよりも、貯金して金利を稼ごうとするので、市場に出回るお金の量が減る=モノを買おうとする人が減る=値段が上がらなくなるので)

 ○中国、追加利上げを示唆 インフレ対策で
  http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011031101000853.html

なんてな手があるわけですが、これは裏を返すと、“(通貨高で)輸出品は高くなり、(買う人が減るから)国内景気が悪くなる”ということでもあります。
中国の場合、輸出依存度が高いですから、輸出品が高くなって売れなくなると経済全体に与える影響は大きいわけです。

 ○中国の輸出依存度
  http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku2009/2009honbun/html/i1230000.html

インフレを抑えても、景気が悪くなるのは…中国の場合はマジでマズいんです。というのは、

 ○[FT]中国で住宅バブルははじけるか
http://www.nikkei.com/biz/world/article/g=96958A9C9381959FE2E4E2E0828DE2E4E2E4E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E3E7E2E0E0E2E3E2E6E1E0E2

  “共産党の見方では、社会不安と、政治的な代表権を求める声を抑え込んで
   おくためには、中国経済は年間7~8%以上成長しなければならない


要は、“とりあえずお金が入ってくるから我慢”しているだけで、お金が入ってこなかったら、人民の不満が爆発してしまう、ってことなんですね。

んで、中国共産党は歴史を良く勉強してますから、

 ○中国、セキュリティ製品の輸入に認証義務付け---ソースコードの開示も要求か
  http://www.nikkeibp.co.jp/news/china08q3/585650/

 ○韓国のバイク技術が中国に流出、日本人も関与
  http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/06/07/0200000000AJP20110607002900882.HTML

なんてなことを必死にやっています。

中国経済の今は、イメージ的に言うとちょっと前の韓国(をものすごく大規模にした感じ)。日本も1970年代頃までに通った道。

それで、韓国は公に認めたがらないですけれど、三星電子を始め、グローバルに活躍する企業が複数ある韓国経済には、致命的欠点が一つあります。それは、世界最高レベルの技術がほとんどなく、多くの製品の核心部分の技術は外国に頼らざるを得ないという点です。
ものすごくわかりやすく言っちゃうと、品質が優れているといわれている“made in Korea”は、実は単なるプラモデルにしか過ぎず、優れている点は、一定以上の品質の商品を大量に作れるということと、そのデザイン性。もちろん、一定以上の品質で大量生産するにもそれなりの技術は必要で、当然、韓国はそのレベルは有しているということです。

でも、このようなビジネスモデルは脆弱。だって、

 ○核心技術を有する部品が入ってこなくなったら製品が作れない(って、これは大震災後に
  米韓の自動車工場が減産せざるを得なかったことでおわかりかと)
 ○特許料をふっかけられても我慢するしかない(代替商品がないから)
 ○自国通貨高になると輸出が減ってしまう(その品質でこの金額なら買うけれど、これ以
  上の金額なら、もっと品質の良い製品を買う)

から(例を出すまでもなく、アジア通貨危機の際は日本がかなり助けましたし、数年前も日本にとっては何のメリットもない通貨スワップ契約を締結・延長なんてなことをやってますね)。

よって、韓国は貿易黒字を出せば出すほど、対日赤字が膨らんでしまい、口悪く言うと“鵜飼の鵜”

 ○売れるほど増える対日赤字 脱日本模索する韓国
  http://sankei.jp.msn.com/world/news/110127/kor11012721320067-n1.htm
  http://sankei.jp.msn.com/world/news/110127/kor11012721320067-n2.htm

そのため、何かと言っちゃあ“日本は技術供与すべき”と言ってくるわけです

 ○【時論】部品・素材、大企業が主導すべき(1)
  http://japanese.joins.com/article/171/110171.html?servcode=100§code=120
  http://japanese.joins.com/article/172/110172.html?sectcode=&servcode=100§code=120
  
  “40年間にわたり韓国が一度も黒字を出していないうえ、さらに赤字が
   増えている状況で、両国間の友好増進というのは空念仏にしかならない
   からだ。貿易不均衡の是正は、部品・素材産業に対する日本の積極的な
   支援から始まらなければならない。韓国に投資する際はできるだけ合弁
   方式を選択し、技術移転も積極的に行うことを望む。日本政府もこれを
   後押しする必要がある。ブーメラン効果を云々して消極的になることは
   ないと考える。”

一方の日本は、以前も書きましたが、資本材、しかも代替商品がない材の輸出が中心ですから、円高になったって国としては困るわけではなく(自動車・家電を輸出している企業は困りますけれど、占める割合は多寡が知れています)、むしろ世界からいろいろなものを安く購入できるから良かったりもします

中国も豊かになると、いつまでも人件費を安く抑えることができませんから、そうなると、今世界から進出している企業がさらに安い人件費を求めて別の国に移動してしまうことになる。で、そうなってしまう前に、日本等の先進国のように、核心技術を有したいわけで、でも、短期間でそうなれるかどうかはわからないからでしょうから(韓国は朝鮮戦争後、日米の援助を受けながらもまだその位置にたどり付けていない)、強引な手法に訴えるわけですね。

これまた前に書きましたが、バブルが弾けたとしても、当面、中国は成長し続けるでしょう。何しろ、市場がでかい。一時的な経済の混乱はあるにせよ、人民元を切り上げることで富裕層がさらに拡大する余地は多分に残っていると思います。
成長がいつまでも続くとは思いませんが、それまでは中国共産党がかなり強引なことをしかけてくる(外交的にも武力的にも)可能性はかなりあるんだろうなぁと思っています

週末の気になった記事 その1

たはははっ…今週は飲みが続いてしまって…^_^; アップしようとしていた記事を2本ほど。まずはその1。

さてさて、菅首相がいつ辞めるのか、そして次の総理は誰になるのかまだまだ混沌としているようですが、こんな記事が。

○首相後継、野田財務相が軸 民主代表選に擁立へ
  http://www.asahi.com/politics/update/0608/TKY201106080683.html

  “民主党の岡田克也幹事長や仙谷由人代表代行、枝野幸男官房長官ら
   菅政権の中枢幹部は菅直人首相の後継について、野田佳彦財務相
   (54)を軸に調整に入った。後継首相を事実上決める党代表選に
   擁立する方針だ。第2次補正予算案や特例公債法案の成立のため、
   野田財務相なら野党の理解を得やすいと判断。野田氏は前向きとみ
   られ、有力候補に浮上した。”

こういった動きには、

 ○亀井代表 大連立実現は不可能
  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110608/t10013403631000.html

  “亀井代表は「民主党は目くらましで自民党を引きつけ、いろんな法
   案への譲歩を引っ張り出そうとしているだけで、本気ではない。民
   主党も自民党も、『大連立』を進めようとしている人は、当面の党
   利党略だけで、震災対応などへの根っこの情熱がないからできない」
   と述べ、”

  “亀井氏は「周りで『いつ辞める』と言う民主党執行部は、政党人と
   しての自覚が足りない」と述べ、退陣時期を巡る民主党執行部の発
   言を批判”

 ○西岡議長 閣僚などの発言資格ない
  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110606/t10013345441000.html

  “閣僚や民主党執行部が菅総理大臣の退陣時期などに言及しているこ
   とについて、「菅総理大臣と共同正犯の人たちが、発言する資格は
   ない」と批判”

  “民主党の鳩山前総理大臣が菅総理大臣のことを「約束が守れないな
   らペテン師だ」と批判したことについて、「国際的なことを考えて
   も、ペテン師呼ばわりするのは良くない」と指摘”

といった批判もありますけれど、それよりも大丈夫かな…野田財務相で

 6月3日の参議院予算委員会集中委員会で西田議員に“献金問題”で菅首相、蓮舫大臣と並んで糾弾されてましたけれど…。

  ○参議院 予算委員会 西田昌司議員の質問
   http://www.youtube.com/watch?v=xLWgJzfSpes&feature=related

 総理になったは良いけれど、この点を追求されて引責辞任…はないかもしれないけれど、どちらにしても国民に“シラケ”ムードが漂うでしょうね。そういった可能性のある人物を持ってこなきゃならないほど人材不足ということか?

 で、一方の菅首相も、さすがに潔くあきらめ…たら、菅直人じゃないですね^_^;

 ○菅首相:早期退陣に否定的 「震災対応めど」改めて強調
  http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110609k0000e010064000c.html

  “菅直人首相は9日午前の衆院東日本大震災復興特別委員会で、~
   早期退陣に改めて否定的な考えを示した。”

 ○菅首相、当選1回の議員集め「延命」模索
  http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110609-OYT1T00211.htm

  “「首相が皆さんの話を聞きたいと言っているので今夜、集まってほ
   しい」 電話の主は首相秘書官。東日本大震災の復興財源を巡り、
   率直に意見交換したい――との趣旨だった。電話を受けた議員は、
   首相の「延命」に懸ける強い執念をかぎ取った。”

ついでに菅夫人はと言うと…

 ○ザ・特集:「家庭内野党」伸子夫人に聞く 菅さんが総理になって--
  http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110609ddm013010005000c.html
  “震災の復旧・復興はほかの人でもできるけど、“政治とカネ”の封
   じ込めだけは菅さんじゃなきゃできないって、誰かが言ってた。”

言っとらん、言っとらん (-д- ≡ -д-)

整いました!(違うか^_^;)。

“清掃で枝の缶を片づける…政争で枝野、菅を片づける”などと下らないダジャレを考えている場合では無かった^_^;。

 ここのところドタバタ劇についてアップしてましたが、何人かの方から“結局、また総理が変わるのか”、“毎年変わるのか”と言う嘆きのコメントをいただいております。

 個人的には“どのような政権も長期に及ぶと腐敗する”と思っているので、それよりは…というのはありますが、さすがに日本の場合は世界に対する影響力が(日本人が思っている以上に)大きいですから、毎年コロコロは避けて欲しいなぁ~とは思っています。
 
 んで、以下のような記事を見付けました。

 ○暫定政府なのに安定 ベルギー連立交渉1年
  http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011060502000036.html

  “ベルギーに正式な政府のない異常事態が一年に達した。昨年六月の
   総選挙直後から難航していた北部オランダ語圏と南部フランス語圏
   の政党同士の連立交渉が今も続いている。”

「へっ?」と言った感じですが、意外や意外、

  “できるのは政治判断が必要ない「通常業務」だけのはずだったが、
   二〇一一年予算案を編成、五月に国会を通過させた。高速道路の一
   部有料化、救急通報番号の統一なども実現した。
   リビア空爆への出撃もルテルム前首相が議会に提案し、国会でほぼ
   全会一致で承認された。地元紙ソワールのベロニク・ランカン記者
   は「暫定政権なのにまるで安定政権のようだ」と苦笑いする。”

大健闘~。でも、当然、“「こんな状態を続けてよいわけがない」とピレ教授。「暫定政府は短期的な政策ならこなせるが、この国の五年後、十年後を見据えた年金制度改革やがん対策などは打ち出せない」”という指摘も。ま、そりゃそ~でしょうね。

 そうゆう中で、私自身が一番気になったのは、

  “中途半端な政情に国民はいらだち、無関心も広がっている。”

  “デモ集会をしていた。集会の名前は「ピクニックじゃないよ」。
   参加者に緊張感が見えないため、あえて強調しないと誤解されて
   しまうのだ。”

という点。

 自分達の国は自分達でその方向を決めて行くのが民主主義。誰かに与えられるものでは決してないはず。でも、政治家があまりにおマヌケなことばかりやっていれば、国民の間に無関心が広がっていっても仕方がない
「無関心な自分が悪い」と思う人もいるかもしれません。特に日本人の場合は^_^;。でも、悪いのは無関心な我々ではありません。だって、誰かに言われたからと言って、嫌いなモノを好きになれないように、関心の無いことに「関心を持て」と言われたってねぇ

 だから、悪いのは「この国を何とかしたい!」と立候補し、国民から主権をたくされた政治家達。国民が政治に関心を持つような説明・主張をキチンとすべき。そのためには、例えば難しい話を面白く話せる技術をちゃんと身につけるべきだと思います。

 そしてマスコミも悪い。政府・官僚が発表することを鵜呑みにして記事にするのではなく、自分でキチンと勉強して、自分の感覚でおかしいと思ったことは“おかしい”と主張して記事にしましょう。じゃないと、我々国民は正確な判断がくだせませんから。

 じゃあそのために、一般人である我々が何をすべきか。

 簡単です(^O^)。政治家の話がつまらなかったら「つまらない」。わからなかったら「わからない」と、自分以外の誰かに伝えれば良いと思います。劇的に変わるとは思えませんけれど、少なくとも、そういった声が全く無ければ、つまらない、わかりにくい話ばかりになっちゃいますもんね。 

内閣不信任決議案の評価

 不信任決議案の否決の前に、こんな記事がありました。

 ○国会会期、民主が大幅延長を検討(1日)
  http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E1E3E2E6858DE1E3E2E7E0E2E3E38297EAE2E2E2;at=ALL

  “震災や原子力発電所の事故対応が続く非常事態では国会を閉じず、法案処理
   に即応できる態勢を整えておく――。大幅延長論の建前はこうだが、菅直人
   首相ら執行部はこれまで会期延長に否定的だった。6月22日に予定通り閉会
   し、不信任案可決などの不測の事態が起きるのを防ぎたいというのが本音だ
   った
からだ。
   自民、公明両党が1日にも不信任案を提出する方向にかじを切ったことで、
   民主党執行部は逆に会期延長に踏み込むことになった。大幅延長は震災復興
   のための大規模な2次補正も想起させる。”

つまり、民主党にとっては「震災復興のための諸対応よりも、内閣不信任決議案を出されない方が大切」ということです。“ふざけんなぁ~”という怒りは置いといて、要は“国会延長するからさぁ。不信任決議案出さないでよぉ」と言うことだったわけですが、実際には不信任決議案が出されちゃいました。

 そうすると、今度は民主党にとっては国会を延長することが大切になってきます。国会を一旦閉会して、後、再開すると再び内閣不信任決議案が提出できちゃいますから。

 そういった中で、先週末、復興基本法案が今国会で成立する見通しとなりました。

 ○復興基本法案成立へ、自公の主張ほぼ「丸のみ」
  http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110603-OYT1T01177.htm

  “東日本大震災からの復興に向けた基本理念などを盛り込んだ復興基本法案は
   3日、今国会で成立する見通しとなった。民主党が自民、公明両党の主張を
   ほぼ「丸のみ」する形で、政府案を修正する方向となったためだ。”

これまた、“遅ぇ~よ!!”というのは置いといて、なんかおかしいと思いませんか?
 だって、やり方はともかくとして野党の最大の武器である内閣不信任決議案が否決(2日)されたわけですから、今国会会期中、民主党は菅首相の退陣時期さえ党内で調整ができれば、自分の党の案を押しとおせば良いのですから。

 それを敢えてやらなかった
わけですが、普通に考えれば

 ○自公をさらに懐柔したい理由がある
 ○上手く延命を図ったつもりが、周りの(自分たちに対する)風当たりが思った
  より強いので、これ以上復興基本法の成立が遅れるのは望ましくないと判断し
  た

あたりでしょうかね。一つ目はもうしばらく状況を見ないとわかりませんけれど…。

 さて、そこで上記の自公の案を見てみると、

  “3党の修正協議では、政府案を修正し、〈1〉復興を担う新官庁「復興庁」
   創設の本則明記〈2〉「復興債」発行〈3〉被災地域の「復興特区」指定
   ――を盛り込むことで既に合意している。”

となっていますが、1週間前に、自公が拒否した政府与党の修正案はこちらに記載があるとおり、

 ○東日本大震災:復興庁に実施権限 民主が基本法修正案
  http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110531ddm002040097000c.html

  “自民党案が復興財源として明記している歳出削減と復興再生債の発行は修正
   案に明記せず、民主党は歳出削減と国債発行を進める方針を、自民党側に口
   頭で伝えた。”

と、要は“口約束”ではなく財源として復興債を“明記”したことに違いがあります。

 そういった点を考えると、不発に終わったとは言え、内閣不信任決議案を提出したということは、

 ☆国会が延長され、復興に向けた作業が(閉会された場合に比べれば)進む
 ☆一時的かもしれないにせよ、なし崩し的な消費税増税が阻止された

という効果があったと評価しても良いのかもしれません。

久々のサイクリング~♪

 ここのところ、東京は週末が雨続きだったりしたこともあって、サイクリングをしておりませんでしたが、本日は曇り空だったので、久々にサイクリングに行って参りました(^v^)

 目的地は前回(こちら→「サイクリング、サイクリング やっほ~♪ 5回目(だったかな?」)と一緒の葛西臨海公園

 実は、前回は妻が用事があったので、私一人で下見に行ってきた次第(^^ゞ。んで、その時は荒川の東側をひたすら南下したのですが、今回は一旦荒川の西側にわたって、荒川サイクリングロードを南下し、再び荒川を渡るルートを試してみました。

 結論から言うと、今日の方が楽チン。交差点も車もありませんから、すいすい~♪と。んで、まずは四ツ木橋を荒川西側にわたってすぐ辺りのところで休憩を。

          四木橋たもと

休憩と言うか、お腹がすいたのでその辺りのコンビニでおにぎりを買って食べたんですけれどね(^v^)。

 さてさて、途中で荒川ロックゲート(旧中川と荒川の高低差があるので、それを調整するゲート)を通過し、

   荒川ロックゲート  ロックゲート説明2

目的地の葛西臨海公園に2時間程度で到着~\(^o^)/

         葛西臨海公園

残念だったのは、ご覧のとおりの曇り空ゆえ、ちょっと景色も寂しげ…。 何てなことは気にせずに、取り敢えず乾パ~イ\(^o^)/。

         乾杯

…でも、やっぱり肌寒かったのでそそくさと帰って来ちゃいました…。次回は晴れている時を目指して頑張ります(^^ゞ。

ケント&マイケル 成長途上

 特に何かあったわけではありませんが、久々にケント&マイケルの写真を。

 最近は、妻が洗面台にいると洗濯機の上で終わるのを待っています。

           洗濯機の上で

徐々に音に慣れたせいか、水やドライヤーを怖がらない(嫌がらない)ようなので、シャワー(と言っても今はまだお尻だけ)する時に手間が掛かりません(^O^)。

我家に来たばかりの頃は、こんな感じでしたけれど、

           えぃ!                  なんでちゅ?
    えぃ    なんでちゅか

 体もでかくなり、態度も随分大人っぽくなりました。

           がお~                   あん?
  がぉ~  あん?

もっとも、まだ6ヶ月半くらいなので、遊び(悪戯)好きは変わりません。特にマイケルはしょっちゅうケントにちょっかいを出します。写真は、私の部屋の窓枠に乗って外を見るケントと、わかりづらいですが、そのしっぽをチャイチャイしようと狙うマイケルです。

              と・届かない

おそらくケントは届かないのが分かっているので、わざと大きくしっぽを振っていたようです。もちろん、マイケルも分かってはいたようですが、それでも全く届かなかったので…

            つまらん…
        つまらん

んで、一方のケントはというと…

               へっへっへ~
              してやったり

大人と子供が交錯した年齢のようですが、別々の部屋にいると、必ずどちらかが鳴いて片方を探し始め、呼ばれた方はダッシュして駆け付けるのは相変わらずです(^v^)

騒動劇への感想

 昨日のアップにいくつかコメントが寄せられていますが(皆さん、ありがとうございますm(_ _)m)、大家のTakeさんさんからの、

 >政治家のみなさん、誰の事を考えて国会運営しているのかな!
 >ため息が出ます。 (-"-)

なんてのは、多くの国民(特に被災地の皆さん)が感じられていることでしょうね
(いつもコメントありがとうございます\(^o^)/)。

 んで、この記事を読んでびっくりしたんですけれど、

 ○政治混乱で省内作業が停止、復旧事業に遅れも
  http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110603-OYT1T00635.htm?from=main1

  “文部科学省幹部は、「次の補正予算を急がねばならない時期なのに、
   政治の騒動でこの2~3週間作業がストップだ」と打ち明けた。”

  “この幹部は「阪神大震災の時は、約2か月で打てる手は全て打った
   のだが」と話した。”

…って、2~3週間も作業がストップ?本当にどこ見て仕事してたんだか…。
仮に野党が自分の不信任決議を出しそうでも、被災地の方を第一に仕事していれば、そんなもの封じ込められるだろうと思うんですがね(甘いかな。私は)。

 それからasayanさんからは、

 >私が菅夫人なら「みっともないから辞めなさい」と言いますよ。

とのコメントを
(これまたいつもコメントありがとうございます\(^o^)/)。

…確かに。普通ならそう言うかもしれないんですけれど…。

 菅首相、3日午後、参院予算委員会集中審議で「(マスコミ)各社が早期退陣と書いた。退陣表明でいいのですね」との質問に対し、

 「メディアがどう表現するかまで、私(菅首相)がどうこうすることではない」

 ○メディアの表現、関知しない…退陣示唆で菅首相
  http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110603-OYT1T00644.htm?from=main2

何てな回答をしているんですけれど、以前、菅夫人はこんなことを

 ○菅首相夫人、マスコミに注文
  http://www.jiji.com/jc/zc?k=201102/2011020500312
 
  “日本国債の格下げをめぐる首相の「疎い」発言に関し、「『疎い』
   (という表現)は何なのという感じで引っ掛かるが、格下げで日本
   が一体どういう状況になっているのかが大事。そのことにはマスメ
   ディアが触れない」と述べ、報道に注文を付けた。”

先の菅首相の真意は、“私”がどうこうすることではなく、“夫人”がどうこうすることだったようですが、そりゃともかく、“ダンナが悪いんじゃなくて周りが悪い”とお考えになる方のようですから、抑止力は…期待できないかもしれません(-。-)y-゜゜゜。

強制排除

期待危惧していたルーピーぶりの発揮は無さそうですね…

 実は、“菅首相の辞任の意向”のニュースを聞いた時、“わざとゆっくりやれば期限をそれだけ伸ばせるし、そもそも「目処」が期限なら、解釈によっていくらでも伸ばせるじゃん。誰が書いたシナリオかわからんな。”と思っていたので、詳細に触れるのは止めようと思っていたのですが、

 ○究極の延命策 “死んだふり続投”
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110603/stt11060301540001-n1.htm

 ○(1)「不信任案提出は私の不十分さも原因」(2日午後10時2分)
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110602/plc11060223130035-n1.htm
 ○(5完)反省点、具体的に言わず「個々に挙げる性格のものではない」(2日午後10時2分)
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110602/plc11060223520040-n1.htm

といった鳩菅会談の経緯や菅首相の会見等から判断すると、菅首相はその座を降りる気はなく、小鳩コンビは嵌められた感じですかね

しかしまぁ、昨日のアップ記事じゃないですけれど「私の不十分さも原因」と言いながら、具体的な点を質問されると、

 “まあ、不十分な点というのは、あの、こう、ある意味で全体を通して、
  もちろん100点満点であるとは私自身も思っておりませんので、そう
  いう点で不十分な点があったと申し上げたんで。何か個々にこれとこれ
  とかですね、そういう風に申し上げる、そういう性格のもんではないと
  思います”

と回答したところを見ると、菅首相は言葉とは裏腹に“自分は悪くない”と思っているんでしょうねぇ(しかもなんちゅ~笑顔だ)。

 これほど支持率が低下しても、自身の評価が高く&面の皮が厚い人が総理大臣の場合、これを強制的に排除する方法は現行の日本の法律では、衆議院における内閣不信任決議以外存在しないようです。また、(これに限ったことではないのですが)一事不再議の原則により、1回の国会では1度しか提出できません。

 ただ、直接的ではないもののいくつか手があるようで、その一つが菅首相そのものに対する参議院での問責決議です。
 首相と閣僚は日本国憲法第63条で国会出席権と発言権が明記されているため、参議院は首相や閣僚抜きに審議を行う議事は憲法上できず、現在、自民党が第一党である参議院の場合、一切の審議を止める形で首相に辞任圧力を加えることが可能。もっともこの場合、国民の支持が無いと逆に「野党は何やっている!!」ということになっちゃいますけれど。

 それから、可能性としては民主党における両院議員総会での代表解任決議案の提出。こちらは民主党の自浄能力を計るバロメーターでもあります。

  ○鳩山氏「ペテン師」、枝野氏「専権事項」 退陣時期で混乱
  http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E2E1E2E2958DE2E1E2E4E0E2E3E39F9FE2E2E2E2

 可能性は低いでしょうけれど、もう一つ。菅首相が国会議員ではなくなる場合

   ※内閣総理大臣就任後に国会議員でなくなった場合の内閣総理大臣の地位に
    ついて法律では明記されていないが、内閣の見解として、内閣総理大臣が
    国会議員でなくなった場合は「内閣総理大臣の失格」として「内閣総理大
    臣が欠けたとき」に該当し、内閣総辞職しなければならないとしている。

多くの方がお忘れかもしれませんが、まさにあの大震災のその日、

 ○菅首相に違法献金の疑い 在日韓国人から 首相側未回答
  http://www.asahi.com/national/update/0311/TKY201103100625.html
  http://www.asahi.com/national/update/0311/TKY201103100625_01.html

といった疑惑が
持ち上がりました。震災のドサクサに紛れて無かったことにしてますけれどね。

 ○菅首相、在日韓国人からの献金104万円を返還 報告書訂正へ
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110408/stt11040820110002-n1.htm
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110408/stt11040820110002-n2.htm

  “政治資金規正法22条は、外国勢力の政治への影響を排除するため、
   「何人も外国人、外国法人から、政治活動に関する寄付を受けてはな
   らない」と規定している。違反すれば、3年以下の禁固か50万円以
   下の罰金。罪が確定すれば、公民権停止の対象ともなる。
   外国人からの献金問題では、3月に前原誠司前外相が京都市内の在日
   韓国人女性からの献金を認め、外相を辞任した。”

ま、もっともこの件を今さら蒸し返すのは難しいでしょうけれど…。

 今のところ思いつくのは上記程度ですが、これがフィクションの世界ならNBCラジオの「夕べの祈り」とCBSラジオの「宗教の時間に「賛美歌13番」をリクエストする…、いや待てよ、震災がらみだけに、ニューヨーク・タイムズ紙に「13年式G型トラクター買いたし」の広告を載せる、なんてな展開になるのかな(-。-)y-゜゜゜。

悪いのは…

 昨日~本日にかけて大騒ぎしていた内閣不信任案は否決多数という結果で終わりましたが、これについてはいろいろな方が取り上げるでしょうから、以下の記事をアップするに留めます。

 ○有権者「卑怯」「被災地バカに」「単なる延命」
  http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110602/stt11060214090017-n1.htm

とは言え、一つだけ付け足すと“首相を辞めた人が影響力を行使しすぎてはいけない”と言っていた割には何かと口を出したがる鳩山前首相が、妙に自信を回復して、ルーピーぶりを発揮するんじゃないかと期待危惧しております。

 ということで、本日の話題に。

 先日、中国のインフレ問題について軽く触れましたけれど(こちら→「朕が法律なり その2」)、これに関連する記事が日経に載っていました。

 ○中国も最悪の電力不足に  統制経済の弱み露呈
  http://www.nikkei.com/biz/world/article/g=96958A9C93819499E1E3E2E29C8DE1E3E2E7E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;dg=1;p=9694E3E7E2E0E0E2E3E2E6E1E0E0
http://www.nikkei.com/biz/world/article/g=96958A9C93819499E1E3E2E29C8DE1E3E2E7E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;dg=1;df=2;p=9694E3E7E2E0E0E2E3E2E6E1E0E0

 “中国の大手送電会社、中国国家電網公司は5月23日、今夏の電力不足が
  2004年を上回り、史上最悪になるとの見通しを明らかにした。不足の規
  模はアルゼンチン丸々一国分の発電量をも上回る。”

アルゼンチン丸々一国分って…。理由は、

 “ミスマッチは過去半世紀にわたって続いてきた。この間、石炭価格は2倍以上に
  なったが、中国内の電気料金の上昇幅は3分の1に
とどまった。この結果、電力
  会社の経営はひどく圧迫されてきた。”

ため、

 “電力会社は発電すればするほど損失が出るため、損失を最小限に抑えようと
  努力してきた。事業の拡大計画は進めず、最大容量まで発電しない。
  なかにはまったく発電所を稼動させていない企業もある。切迫した電力需要
  があるにも関わらず、多くの――実際には異常な数の――発電所がメンテナ
  ンスのために停止
している。”

というもの。

経済や経営の基本を無視して行動しちゃいかんとは言いません。原理原則がいつも正しいとは限りませんから。でも、じゃあなぜ無視するのか(して良いのか)の合理的な根拠無しに実施すれば、どこかにしわ寄せが来ると言う見本。

そりゃともかく、内容的には被ってしまうこの記事をわざわざ取り上げたのは、さらりと書かれている以下の一文ゆえです

 “さらに電力不足は、中国の高級官僚は傑出したマネジメント能力に
  よって経済問題を解決することができるという、今や信仰に近くな
  った通念
を揺るがす。電力不足はほぼ完全に中国政府の経済計画の
  まずさに起因するためだ。”

日本経済は過去20年程度停滞しており、また、2008年のリーマンショック後は世界的な停滞があったにも係わらず、世界の工場として中国経済だけは成長を続けてきています。この結果、

 “人権がどうこう、グローバル化がどうこうとか西側諸国の連中は我々
  のやり方にギャーギャー言うけれど、良い世の中になっていないじゃ
  ないか。一方で、我々は10数億の人間を抱え、経済的に成長を続け
  ている。我々のやり方のほうが良いんだ”

といったような勘違いをしている人間が中国共産党の幹部に多くなって来ているんでしょうね。やっぱり。

別に中国共産党幹部が傑出した経済政策・運営を行っているわけではなく、単に、安い労働力で(一定水準以上の品質の)商品・製品を(人数が多いから)大量に作ることができるので、輸出で大金を稼ぐことができるってことなんですが、これは何も目新しくもなんともなく、古くはわが日本も、それから遅れて韓国も経験した国家モデルなんですよね。

もちろん、通貨高になると輸出がしづらくなります。日本の場合、1985年のプラザ合意で1$=235円程度だったものが、1年後には150円になる急激な円高に見舞われ、その後も基本的には円高傾向。これに対して、日本は現地生産化やさらなる経営の合理化で乗り切ってきたわけですけれど、中国は何をしたかというと、頑として人民元の通貨切り上げを拒んできていた。この結果、輸出はしやすいけれど、輸入品は高くなって、インフレに見舞われることに。今回はその弊害が出てきたわけですね。

冷静に考えれば自分たち(共産党幹部)が傑出して優秀なわけでも何でも無いことに気付くんでしょうけれど、やっかいなのは、この手合いは、結果が悪ければ、それは自分以外の誰かがおかしなことをしたからだと考えがちなんですよね~。

まぁ何も中国を見るまでもなく、日本にもいますけれどね。

…などと書いていたら、呆れかえる記事が。


○電力安定供給 国の責任で
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110531/t10013227901000.html

“中部電力管内の5つの県の知事らが総理大臣官邸で枝野官房長官と面会し、夏場に
 電力不足が懸念されることから、電力の安定供給に国として責任を持って対応するこ
 となどを要望”

したことに対して、岡田幹事長。

“岡田氏は「浜岡原発の停止は中部電力が決めたことであり、中部電力がリストラなど
 で対応すべきだ」と述べました”


狙ってやってるとしか思えん…

一緒にはして欲しくない…かも。

 昨日は急遽飲みに誘われ、3人で焼酎のボトルを2本開けてしまい、更新できませんでした…^_^;。

 ということで、昨日アップしようとしていたネタは…またまた久しぶりにギリシャ。何でこの国を取り上げるかと言うと…この国は、私の感覚では“え?”というようなことがたびたび起こるので…(^O^)

 ということで、昨日の新聞には以下のような記事が。

 ○EUが対ギリシャ追加支援検討、IMFによる融資確保に向け
  http://www.asahi.com/business/news/reuters/RTR201105310009.html

  “欧州連合(EU)は、国際通貨基金(IMF)による対ギリシャ融資を
   確保するために、同国に対する追加支援策を検討している。EU高官が
   30日、明らかにした。”

…はっきり言って、登場人物(組織)が多いので分かりづらいですね…。さっと読んで理解できる方…めっちゃ尊敬します!

 比較的これ↓が詳しかったりします(でも長いので、お暇な方だけど~ぞ)。

 ○ギリシャ融資に暗雲、ユーロG議長発言でEUとIMFの対立露呈
  http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-21387820110527?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0
  http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-21387820110527?pageNumber=2&virtualBrandChannel=0
  http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-21387820110527?pageNumber=3&virtualBrandChannel=0

つまり、

 ☆IMF … ギリシャが必要とする資金の確保をEUが保証しないと、ギリシャに
        融資しないよ~。

 ☆EU … IMFは、「自分(IMF)が融資しない場合は、EUが肩代わりする」
       と考えているようだけれど、無理だからな!

と、お互いが牽制しているなかで、当のギリシャは、

 ☆ギリシャ … 融資してくれなきゃ借りた金は返せないもんね。

と、開き直りの状況
。なので、

 “EUは、ギリシャ側に主要目標達成に向け政治的な結束を求めており、パパン
  ドレウ首相は、EUから突き付けられた条件である超党派の合意をめざし、2
  7日に追加財政緊縮に反対している野党各派と再協議に臨む。”

EUから「支援して欲しかったら野党からの協力も受けて、ちゃんと緊縮財政しろよ~」と要請を受けるものの、

 ○ギリシャの追加緊縮策、合意に向けた協議には減税が前提条件=野党党首
  http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT891077720110530

  “ギリシャの保守系野党・新民主主義党のサマラス党首は30日、政府が提示
   している追加の財政緊縮策での合意に向けた政府との協議には減税が前提条
   件となる、との認識を示した。”

「支援して欲しいけど~♪。生活苦しくなるのは嫌だっぜぇぃ~♪」といったノリ…。

 「このままでは日本もギリシャのように…」という枕詞を使う人達って、こうゆうの知ってんのかなぁ~と時たま思ったりします。
プロフィール

tatsusae

Author:tatsusae
会社に長時間いると飽きてしまうという、組織人としては致命的欠点を持つ、仮面サラリーマンです

保有資格
AFP、宅建、初級シスアド、簿記3級、証券外務員2種等々

特技
統計(日本計算機統計学会員なもので)
英会話(最近使ってないから怪しいけど…。一応米国のMBAホルダーだったりします)
初級の中国語会話(なぜかできたりします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。