スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外に1.8個の日本

 今日はちょいと時間が無いので、軽~い記事のご紹介。

 ○日本問題専門家が語る、「誰も知らない1.8個分の日本」―中国紙
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110830-00000003-rcdc-cn

  “根本から言えば、日本経済には「失われた20年」は存在しない。1985年のプラザ
   合意後、円は2.4倍も切り上がり、大量の資金が株や不動産、土地取引に流れ込
   んだ。そして、政府の支持と指導の下、これらの資金は国内から海外へと移動し
   ていったのである。日本は1987年末、国内の株や不動産取引への融資を取りやめ
   たが、海外では無利息で融資を続けた
。”

  “その結果、この20年、日本の海外における経済力は国内の1.8倍にも膨れ上がっ
   た。海外資産は40倍、海外純資産は60倍も増加。
世界中のすべての市場、業界で
   日本マネーを見ることができる。こうした状況の下、日本国内の経済成長も緩慢
   ではあるが、20年間ほとんどマイナス成長が見られなかった。これだけですでに
   奇跡だといえる。”

  “この20年は日本にとって「失われた20年」ではなかったのだ。むしろ、「海外で
   高度成長を遂げた20年」といって良い。巷では良く、「日本は海外に『1.8個分
   の日本』を持っている」という例えが
用いられる。海外にそれだけの資産を持っ
   ているという意味だ。それに、日本は世界最大の債権国。世界の95パーセントの
   債権を日本が握っている
。”

  “今回、日本国債が格下げになったが、日本の経済成長に具体的な影響は現れてい
   ない。世界最大の債権国が国債を返済する能力がないなんて、全くのナンセンス
   である。”

それほど目新しい話では無いとは思いますけれど、“日本は海外に1.8個分の日本を持っている”ってのは聞いたことが無いですね。この表現は初めて知りました。

そりゃともかく、こうゆう(日本経済にとって)ポジティヴな考えの記事を日本の新聞ではあまり見かけないんですけれど、30年以上も“財政危機”とか“財政非常事態”と言い続けるのはそろそろやめて欲しいもんですね(^。^)y-.。o○
スポンサーサイト

野田新首相誕生記念 消費税率アップに反対

さて、昨日アップしたブログ上で“直前には増税に固執するのは不利と見て、柔軟な姿勢を見せていたようなので、国民の声を無視してまで突っ走ることは少ないかなぁ”などと書きましたけれど、

○復興政策「現場を見ろ」 増税路線に被災地出身議員が注文、小沢氏の影響も強く
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110829/stt11082920560035-n1.htm

 “黄川田氏は岩手県陸前高田市の自宅を津波に襲われ、妻や両親、長男、
  秘書らを同時に失っている。復興増税など、財政面での支援ばかりを
  強調する野田氏に「現場を見ろ」と注文を付けた格好だ。”

と、民主党内部でも野田代表の“増税重視”路線を危惧している議員もいますし、

○民主党代表選:新代表に野田氏 3次補正、自公に協力要請
http://mainichi.jp/select/seiji/minshudaihyousen/news/20110830ddm001010061000c.html

 “野田氏は山口氏にも3党合意堅持を伝え、「3次補正や個別の案件に
  ついて野党と丁寧な協議をしたい」と協力を求めた。”

早々に自公に協力を仰ぐのは良いのですが、“個別の案件”ってのは?

 まぁ、復興費用の財源としての消費税増税、または税と社会保障の一体改革における消費税増税だけではなく、種々の案件が自公の協力無くしては成立し得ないから、勘ぐりすぎかもしれませんけれど…。当方のブログを度々訪れていただいている方からすると“またか”でしょうが、消費税率アップに反対を表明します。

 以前も指摘しましたが、税収 = 儲け(すなわちGDP)×税率 です。だから、儲けを増やすか、税率を上げれば、計算上、税収は増えることになります。

 ただ、税率を上げると普通は個人消費を冷え込ませます

 まぁ、そりゃそうでしょう。今までと同じ消費行動をしていれば確実に手元に残るお金は減りますから、個々人からすれば、その分、消費を減らそうとするでしょう。

 個人が消費を減らすということは、企業の儲けが減ることを意味します。

 すると、上の式に当てはめて考えればわかりますが、税率が上がったとしても儲けが減れば、税収は落ち込む場合があります。

 世の中がバブル期のように“イケイケ!”の時代であれば、“税金高くなったなぁ~”と思いつつも、“ま、いっか。来年なれば給料上がるし”なんてなこともあるんでしょうけれど…今って、それとはかけ離れた時期ですよね。「失われた20年」と言われている日本に、「100年に一度」の金融危機が訪れ(2008年のリーマンショック)、そして今年、「1000年に一度の巨大地震&巨大津波」と、未だに収束しない原発問題…

 ここまでひどくは無かったですけれど、決して明るいとは、そして景気が良いとは言い切れない時期に、消費税率アップ(3→5%)をやってしまったのが、97年の故橋本政権。で、税収はどうなったかと言うと、

 消費税 … 4兆円増
 所得税 … 2兆円減
 法人税 … 3兆円減

と、税収全体では1兆円減っちゃいました。んで、当然GDPも減少

[世] 日本の名目GDPの推移(1980~2011年)

 出典:http://ecodb.net/country/JP/imf_gdp.html

つまり、財政再建のために消費税率をアップさせたら、財政も、政府債務残高対GDP比も悪化しちゃった、というわけです。ま、そりゃそ~だろ(-。-)y-゜゜゜。

 ということで、私は、現状の日本において、個人消費を冷え込ませることになる増税には反対します(それから、デフレを促進させてしまい、農業地帯である東北の復興の足かせになるTPPにも反対です)

まぁ、私が反対したところで影響力はたかが知れてますけれどね(-。-)y-゜゜゜。

民主党代表選3

 民主党の代表が野田氏に決まりました。

○民主新代表に野田氏、決選投票で海江田氏を破る
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110829-OYT1T00686.htm?from=main2

 “海江田、野田両氏による決選投票の結果、野田氏が215票を獲得し、
  177票の海江田氏を破った。
  野田氏は野田グループ、菅首相グループを中心に支持を集め、1回目の
  投票で102票を獲得し、2位につけた。~前原グループのほか、鹿野、
  馬淵両氏の支持議員からも広く票を取り込んだ。”

個人的には、TPPバリバリの推進派で、かつ午前中にもアップしたように、外国人献金問題で脇が甘い前原氏がなるよりは…と思っています。勘ぐりすぎかもしれませんけれど、党内と世論の支持があれほど違うということは、下手をすると世論の支持を背景に、党内で良く議論しないまま何かを決めちゃう、という可能性があるなぁと。

 まぁ、予想の域を出ませんけれどね。

 野田氏の場合、バリバリの増税派なのが気がかりですけれど、

○24年続けた駅前演説 野田新代表「財務省の組織内候補」と揶揄も
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110829/stt11082914570028-n1.htm

 “党内外から「財務省の組織内候補」と揶揄(やゆ)されながらも、財政規
  律重視の姿勢は堅持する。”

ただこの方、直前には増税に固執するのは不利と見て、柔軟な姿勢を見せていたようなので、国民の声を無視してまで突っ走ることは少ないかなぁと(もし、突っ走るようなら、黙って見過ごすような真似をするつもりはありません)。

 危惧すべきは、こちらの問題。

○2011.06.03 参議院 予算委員会 西田昌司 3/4
 http://www.youtube.com/watch?v=xLWgJzfSpes

蓮舫議員と並んで、脱税&刑事事件と関係のある企業からの献金(パーティー券の購入)ってのがあるんですよね…。

 まぁ、民主党に多くは期待していませんけど、頼むから、せめて復興だけでも急いで対応してくれ。間違っても、復興を二の次にして“このままでは日本は世界から取り残されるからTPPを!”とか、“子孫に負担を残さないためにも、税と社会保障の一体改革を~)とか、余計なことはすんじゃねぇ~ぞ。

民主党代表選2

 本日(29日)、昼過ぎには民主党の代表選が始まりますけれど、どうなることやら。

 23日に「民主党代表選」で各候補の主張の一覧をアップしましたが、本日、29日に読売新聞で同じような表がアップされていたので、笑ってしまいました(^。^)y-.。o○。

○小沢・鳩山氏の影響力拡大へ…海江田氏勝利なら
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110829-OYT1T00112.htm

ま、そりゃともかく、現時点で優勢が伝えられる海江田氏ですけれど、

 “海江田氏が新代表に就任した場合、新たな「主流派」となる小沢元代表や
  鳩山前首相の影響力が強まるのは必至で、菅政権の政策は大幅に修正され
  ることが予想される。”

市民運動家首相から、“人民解放軍の野戦軍司令官(胡錦濤主席との会談にて自称)&“ルーピー(もしくは宇宙人)”が後ろ盾の首相かぁ…。

 一方の菅首相陣営は自身の影響力低下を避けるためにも、当然、反小沢。

○海江田氏破り、小沢支配許すな…菅首相グループ
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110829-OYT1T00113.htm?from=main2

 “菅首相グループは28日夜、決選投票で海江田氏以外に投票する方針を決
  めた。”

まさかここへ来て“総裁総理分離(民主党代表と首相を別の人が努めること)”なんて話をぶち上げねぇだろうな?

 それから今回の面白い現象は、代表選では海江田氏の下馬評が高いんですけれど、世論調査では前原氏ががトップ

○世論は…前原氏トップ48%、海江田氏12%
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110828-OYT1T00843.htm

 “読売新聞社は27~28日、民主党代表選に関する緊急全国世論調査(電
  話方式)を実施した。”

 “次の代表にふさわしい人は、前原誠司前外相が48%でトップとなり、海
  江田万里経済産業相12%、野田佳彦財務相9%、馬淵澄夫前国土交通相
  5%、鹿野道彦農相2%に大差をつけた。”

上記は読売新聞の調査ですが、25~26日にも朝日新聞が同様の調査をしており、結果はほぼ同じ。

○次期首相、適任者は「前原氏」40% 朝日新聞世論調査
 http://www.asahi.com/politics/update/0826/TKY201108260547.html

ただ、前原氏のアンケート結果で気になったのは、以下の点

 “前原氏が外相を辞任する原因となった在日外国人からの違法献金問題は、
  「大きな問題ではない」と答えた人が49%
で、「大きな問題だ」は39%。
  自民支持層でも「大きな問題ではない」の方が多い。 ”

う~ん…。この結果については、個人的にはびっくりですけれど…。

○前原前外相が党代表選出馬、在日同胞に連絡「迷惑かかるかも…」
 http://japanese.joins.com/article/177/143177.html?servcode=A00§code=A10

 “25日に中央日報特派員とのインタビューの途中、チャンさんは前原氏
  からかかってきた電話を受けた
。チャンさんは「大丈夫、大丈夫。出馬
  を決心したというからおめでたい。 世論の反応が良く私も気分が良い。
  首相になったら在日同胞問題もよろしく頼みたい」と話した。”

これは韓国の新聞の記事なんですけれど、このチャンさんと言う方は、前原氏が外相を辞任しなければならなくなった献金相手。こうゆうことが記事になっちゃうあたりの脇の甘さがねぇ…

災害から身を守る

 あまり明るい話題ではありませんが、米国で地震とハリケーンが発生しています。

○大型ハリケーン「アイリーン」米南部に上陸
 http://www.cnn.co.jp/usa/30003811.html

 “大型ハリケーン「アイリーン」が27日朝、南部ノースカロライナ州の
  海岸に上陸した。アイリーンの勢力は5段階で最も低い「カテゴリー1」
  になったものの、ニューヨーク、ワシントン、ボストンなどの主要都市
  を通過するとされ、これらの地域では厳戒態勢が続いている。”

 “ニューヨーク市では地下鉄やバスなどが一時的に全面運休。26日には
  ブルームバーグ市長が同市では初という強制避難命令
を出した。”

○地震:米東部でM5.8 原子炉2基停止、大揺れ93年ぶり
 http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110824dde041030016000c.html

 “米東部バージニア州で23日午後1時51分(日本時間24日午前2時
  51分)、マグニチュード(M)5・8の地震が発生し米東海岸の広い
  範囲で揺れを感じた。首都ワシントン市内などで建物の壁が壊れるなど
  の被害
が出た。”

 “米国には日本のような震度階級制度は存在しないが、ワシントン市内の
  揺れは日本の震度3~4程度
に感じられた。”

ニューヨークはハリケーンで史上初の避難命令…って、地下鉄・バスが一時的にせよ全面運休している中で、どうやって・どこに避難するんだ? ご存知の方がいたら教えてください。

それにワシントン…震度3~4程度でも建物の壁が壊れる…。 カリフォルニア州という大地震が発生する地域を抱えている米国ですら、“起こらない”と思っている地域は備えが出来ていないってことなんですね…。

 前にも記載しましたけれど世界的に災害が起きやすい状態のように思えます。科学的な根拠があるわけではなく、ニュースをウォッチしていると目にする頻度が増えたような気がする程度ですけれど…。まぁ、大震災後なので災害のニュースが目に付くだけなのかもしれません。

 ただ、確かに、東日本大震災以降、関東などではある種の地震は発生頻度が高まっているようです。

○首都圏直下、プレート境界型地震起きやすく
 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110827-OYT1T00875.htm?from=top

 “東日本大震災後に首都圏の地下のプレート(岩板)にかかる力が変化し、
  複数の震源域が連動して巨大化する場合もある「プレート境界型」の地
  震が起きやすくなっていることが、東京大地震研究所の分析でわかった。”

 “震災当日から今月20日の間に起きたM3以上の境界型地震は、東京湾
  北部の地下60~70キロの場所で約4倍(暫定値)に、茨城県南部の
  地下40~55キロで約20倍(同)に増えた
が、プレート内部の地震
  はさほど増えておらず、起きる地震のタイプが明らかに変わった。”

それより、この記事で気になったのは、“起きる地震のタイプが明らかに変わった”との記載。自然は何かをきっかけにガラっと変わってしまうものなんでしょう。十分な注意が必要ですね

 地震もそうですけれど、個人的には季節柄、“風・水”関係の災害が気になります

○「竜巻」で電柱など倒壊 福岡市で被害相次ぐ
 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210822000.html

○東京各地でゲリラ豪雨 東京・練馬区のマンションでエレベーターホールが浸水
 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00206260.html


もうすぐ9月1日、防災の日です。雷・局地的大雨・竜巻等についての注意を呼び掛ける気象庁のH.P.があります。

○天気の急変から身を守るために
 http://www.jma.go.jp/jma/kishou/info/tenki_chuui.html

この中に、

 “どのような場所でどのような事故や災害が発生するのか、被害をイメージでき
  ることが重要です。


とあります。また、雷・局地的大雨・竜巻は、地震とは違ってある程度事前に予想が可能なものです。発生が予想される場合は、できるだけその場所に行くのを避ける、どうしても行かなければならない場合は、どう避難するのかをイメージしておく。こういったことで、被害を軽減することができると思います。

同H.P.には“天気の急変から身を守る情報”が時間とともに記載されているので、ご家族で確認されておくのも宜しいかと思います。

国債格下げ、株安…でも円高

 Vickyさんから、

 格下げになっても円高って意味がよくわからないんですが???
 日本企業には投資しないけど、日本国民はしっかりしてるから国自体として
 通貨を信用してるってことですかね???

とのコメントを
いただいております。

 えぇ~っと、整理すると、

 ☆日本国債が格下げされるということは、国債の元利金の支払いに支障を
  きたす可能性が以前より高くなったと、格付機関は考えている
 ☆国債の元利金の支払いに支障をきたすということは、日本経済の状態が
  悪いということ
 ☆したがって、確かに株価は下がっているけれど、なぜ円は買われるのか

という趣旨だと思います。
 
国債が格下げされると普通は金利があがります。すると政府がお金を借りにくくなり、結果として財政の健全化に寄与することになります。また、政府がお金を借りにくくなると、例えば公共投資を削減するとか、景気浮揚策の手を打てなくなるとか、とにもかくにも生産活動、つまりは経済にとってはマイナス。したがって、その国の通貨は自国通貨安となります

 しかしながら、格付機関を悩ます例外が存在します。そう、我が日本国です。日本は過去10年で2度、国債の格付けが引き下げとなりました。しかしながら、依然としてきわめて低い金利で資金を調達しています。

 これは、国債と一口に言ってもそれを購入している相手が国内か海外か、自国通貨建てなのか外国通貨建てなのか、等々の違いを考慮せずに評価していることに起因しています。
 分りやすいほうで言えば、外国通貨建ての場合、国債で元金・利息を返済する際には、当然外国通貨で返済しなければなりませんから、自国通貨を外国通貨に交換する必要があるんですけれど、もし、すさまじい自国通貨安の場合は交換できない可能性だって出てきます。でも、自国通貨建ての場合、はっきり言っちゃうと、輪転機を動かしちゃえば無限に紙幣を印刷できます。だから支払い不能という状態は起こりえません。
  
 こういった違いを無視して、単純に政府債務残高対GDP比をベースに評価するので、国債の格付がおかしなことになっています。実際、財政破綻した07年末のアイスランドの政府負債GDP比は53.8%。つまり、国の借金が多いか少ないは財政破綻とは関係がないことになります。

 にも関わらず、現行の国債格付は、上記のような国債の(購入者・どの通貨建てかといった)違いを無視して、単純に政府債務残高対GDP比をベースに評価するので、明らかな矛盾(日本の国債の金利が世界最低水準等)が発生することになります。つまり、国債の格付け結果はほとんど信頼に値しないと私は思っています。

 次に、「日本企業の株は買われないのに、なぜ円は買われるのか」ということです。
 
 これまた度々指摘しているとおり、通貨の究極的な価値は、その通貨で欲しいモノが欲しい時に買えるかどうかだと思います。これを裏付けるのが供給能力。日本の供給能力は現在有り余っています。以前の内閣府の試算では余剰の供給能力が40兆円ほど。よって、円を持っていれば欲しいものがキチンと手に入る可能性が高いことになります。

 ある企業の株を買う場合、為替が動けば企業ごとに有利不利がありますし、また、世界的に経済の先行きが不透明な時期でもあり、どの企業も心配のタネが尽きないわけです。

 まぁ、今のような先行きが不透明な(と多くの人が思っている)時期は、財産を増やすというより、財産を守る時期ですから、紙くずになる危険もある株よりも、円が選好されているんだと思います。

パラレルワールド

 Moody'sが日本国債を格下げしました。

○日本国債:格付け1段階引き下げ…米ムーディーズ
 http://mainichi.jp/life/money/news/20110824k0000e020001000c.html
 
 “米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは24日、日本国債
  の格付けを21段階中3番目の「Aa2」(ダブルエー・ツー)から「Aa
  3」(ダブルエー・スリー)に1段階引き下げたと発表した。理由について
  「過去5年間、首相が頻繁に交代し、一貫した政策を実行する妨げになって
  いる」と指摘。さらに東日本大震災後の日本経済について「成長見通しの弱
  さが、赤字削減目標の達成などを一層困難にしている」と説明した。”

 “大震災の影響について「個人消費は一層弱められ、デフレ圧力が強まった」
  と分析。「電力供給能力の低下も、経済成長の逆風になる」と指摘し、震災
  や原発事故が日本経済の下押し要因になっているとした。”

上記の文章から明らかなように「過去5年間首相が頻繁に交代し、一貫した政策を実行できていないから」と、思いっきり政治にダメ出しをされています。まぁ、格下げの直接的理由は「政府債務が多いから」と「財政赤字だから」と言っているようですけれどね

 んじゃあ、どういった政策が望ましいのか、ということですけれど、

  ・赤字削減目標の達成が困難なのは、(経済)成長見通しが弱いから

であり、震災の結果、

  ・個人消費が一層弱くなり、デフレ圧力が強まった
  ・電力供給能力の低下も経済成長の逆風

という状態であると指摘しています。要は、Moody'sは

  ☆日本の問題解決には、経済成長が前提
  ☆デフレを解決しなければいけないが、そのためには消費(需要)を
   伸ばす必要がる
 
と言っている
わけです。

 さて、これに対してバリバリの“増税”派、与謝野経済相はと言うと、

○物価上昇による財政改善は「俗論」=与謝野経財相
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110823-00000185-reu-bus_all

 “与謝野馨経済財政担当相も、経済成長や物価上昇で財政が健全化するという
  のは「俗論」だと断じ、「霊感商法のようなものはだめ」と強く非難した。”

と、Moody'sの主張は“俗論”で、“霊感商法”だと言ってますね。さらに、

 “月内に行われる民主党代表選へ出馬意欲を示している複数の候補者が、復興
  増税に慎重姿勢を示していることに対しても「市場や海外の人が日本政府の
  所作を見ていることを重要視すべき」


ふ~ん。んじゃあ、逆にこちらからも海外を見てみましょうか

まずはイタリア。こちらは、財政赤字削減のために、与謝野経済相が主張している「歳出削減と増税」を実施予定ですが、

○イタリアの債務は膨らむ可能性、緊縮財政が裏目にも-クレジット市場
 http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=awnQQ80dQZ_k

 “相次いで打ち出された緊縮策の目的は財政赤字削減だが、世界的に景気回復
  が揺らぐ中での歳出削減と増税はイタリア経済に打撃を与えるリスク
がある。”

との指摘が出てきています。

 次に英国。こちらは既に緊縮財政&増税を実施しています。

○英財務相、企業支援型の予算案発表-法人税2%下げ 2011年3月24日
 http://jp.wsj.com/World/Europe/node_208321

 “オズボーン財務相の発表した予算案いかんにかかわらず、英国民と英国経済
  にとって負担は今後増大する見通し。同相が昨年の緊急予算で発表した増税
  と政府支出削減は新年度の始まる4月に実施される。英国の経済回復はぜい
  弱と見られており、国内総生産(GDP)伸び率は昨年第4四半期に0.6%減
  と予想以上のマイナス率となった。
  野党労働党のエド・ミリバンド党首は、成長率の下方修正について、これは
  政府が赤字削減を「あまりに大幅に、あまりに急速に」実施していることを
  受けたもので、「たまたま起こったことではなく、(政府が)選択して起こ
  ったことだ」
と批判した。 ”

○財政赤字削減策は経済安定に不可欠 2011年6月6日
 http://www.news-digest.co.uk/news/content/view/8030/3/

 “オズボーン財務相は6日、BBC放送のインタビューで、政府の財政赤字削減策
  は経済安定に必要不可欠との見解を改めて示した。50人以上のエコノミスト
  らが5日付の「オブザーバー」紙で同相に対し、厳格な財政再建策の方向転
  換を求めた
ことを踏まえたもの。 ”

 “英経済は回復力に乏しく、2011年第1四半期(1~3月)の実質GDP(国内総生
  産、改定値)は季節調整済みで前期比0.5%増。10年第4四半期(10~12月)は
  同0.5%減のため、昨年10月からほとんど成長していないことになる。”

与謝野経済相が主張していることを英国は既にやっていますけれど、経済成長の足かせになっていると50人以上のエコノミストから反対され、野党からも批判されています(野党の批判はまぁ当たり前でしょうけれど)。そりゃあ、政府債務対GDP比の改善にしろ、財政再建にしろ、経済成長抜きに達成することは至難の業ですからね。

 それから、ポルトガル&ギリシャに関してはこちらの記事を。

○ポルトガル、緊縮策でギリシャ型リセッション入りも-クレジット市場
 http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920015&sid=aMV9wRaiENyE

 “ポルトガルは、欧州連合(EU)による救済条件として求められている緊縮
  財政措置の実施前にもかかわらず、リセッション(景気後退)に陥った可能
  性がある。緊縮財政措置が実施されれば、同国の債務抑制に必要な経済成長
  はさらに抑えられ、ギリシャと同じ轍を踏むことになりそうだ”

 “ギリシャでは、財政赤字削減策の実施に伴い、危機が一段と深刻化している。
  13日に発表される同国の1-3月期GDPは、前期比で6四半期連続のマイ
  ナスとなったもようだ。”

ほらほら、与謝野君。「非常に良い首相だ」と貴方が持ち上げた菅首相は「このままではギリシャのようになる=ギリシャの真似しちゃダメ」と言っていましたよね。ギリシャの政策を真似しちゃだめでしょ

 それでも、さすがは与謝野経済相。懲りずにまだ語っています。

○経財相、物価「お金が無いからデフレになっているのではない」
 http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381949EE0E7E2EA8A8DE0E7E2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 “デフレの原因として、海外からの安価な製品輸入に加えて「(国内は)需要
  が満たされている状況なので、生産と需要の間にはギャップが出てくる」と
  説明した。”

当たり前じゃん。需要<供給の状態だからデフレになるんだから。で、デフレを退治しようと言う時に、増税して需要をさらに引き下げてど~する

○経財相「財政再建をやるのは30年ぐらいかかるのではないか」
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381949EE0E7E2EA948DE0E7E2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 “財政赤字の削減に向けて「経済成長ができたら税収がいっぱい入ってくるの
  は、おとぎ話」
と指摘。”

と言っていますけれど…。おとぎ話と言っているのは、

  “経済成長ができたら”

の部分なのか、それとも

  “(経済成長ができたら)税収がいっぱい入ってくる”

の部分なのか? 後者だとすると、この人は普通の人なら誰でもわかる、税収=もうけ×税率という仕組を理解していないことになるし、前者だとすると、“日本経済は絶対に成長しない!”と信じている、つまりは、新成長分野への支援はやらないし、雇用対策もやらないし、と、国民の要求を全く無視している政治家ということになります。

 …与謝野経済相の言う“市場や海外の人”と言うのは、地球上の話ぢゃないんでしょうね。きっと(^。^)y-.。o○

 ま、もっとも先の記事にもあるように、財政問題が解決するのが30年後ってことは…与謝野経済相は103歳。そりゃあ、言ったもん勝ちですな。

復興需要

 asayanさんから、

 震災で需要がどっと増えると思ったのですが、輸入でまかなったのでしょうか?
 株価が上がりません。復興が加速すれば需要が増えるでしょうか。

とのコメントを
いただいております(いつもありがとうございます(^O^))。

 これについては、経済産業省が8月1日に公表した「東日本大震災後の産業実態緊急調査2」に、震災から3ヶ月後の被災拠点の生産水準、部品・部材の調達状況、自粛の影響などについて、産業界の実態がまとめられています。

 大雑把に言うと、

 ○数ヶ月前までは、部品・部材不足から生産水準が落ち込んでいた。
 ○現時点で生産水準がかなり回復しているが、需要が追いついていない
  (需要が無いわけではない)。
 ○小売、サービス業については、自粛による影響で売り上げが伸びていない

ということですが、一言で言うと、震災復興対策が遅いということでしょう

 被災地ではビル・家屋が随分やられたわけで、本来的にはその需要があるはずです。でも、

○太平洋セメント(5233)は後場に上げ幅拡大 「建設資材に復興需要、セメント卸価格2年ぶり上昇」報道を好材料視
http://mainichi.jp/life/money/kabu/nsj/news/20110811266895.html

 “国内の建設資材市場に東日本大震災の復興・復旧需要が及び始めた
  報じられたことが手掛かり材料に。後場に入ってから上げ幅を広げて
  いる。”

これ、8月11日の記事なんですが、要は政府の復興対策が遅いので復興需要がまだ顕在化していないってことなんです。例えば、ビルを建てるにあたってはH形鋼なんかが必要になるんですけれど、その価格推移をご覧ください。

     H形鉄鋼

     けんせつPlaza建設資材データベース 市況・価格推移より

震災後上昇し5月から下落傾向にあることが分ると思います。これは、震災需要を当て込んでメーカーが在庫を増やしたんですけれど、なかなか復興需要がなく、市場に放出したため値下がりしたと言われているようです。

 先の調査でも“今後需要が見込める”と判断している企業が多いことからも、今年の後半から需要による景気回復が見られる可能性がありますが、これ、裏を返せば復興対策が遅いってことですよね。

 株価はいろいろな要素があるので、どう動くか予想は難しい(ってか、それができるならそれで食ってます(-。-)y-゜゜゜)のですが、理論的には将来収益の現在価値合計とも言われていますから、そうなると、先行きの日本経済に対してのマイナス材料、例えば消費税の増税や公共投資の削減なんてなことが実現しそうになれば、株価にとってはマイナス材料となるでしょうね。

民主党代表選

 民主党代表選への動きが慌しくなってきました。これまで何度も指摘しましたけれど、現在の日本の優先順位は、復興震災 > 景気回復 > 財政再建 だと思っています。また、財政再建は景気回復による税収増で果たすことを基本とすべき、という立場です。

 この中で、復興震災は菅政権による停滞のために遅れがちですから、“財源が~”などとほざく政治家にはリーダーを務めてほしいとは思いません。そんな議論をしている暇があったら、さっさと震災復興債を発行して、復興対策に時間を使うべきでしょう。これまた前も指摘しましたが、今回の震災が1000年に1度(http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110822k0000m040050000c.html)なら、復興債を1000年掛けて償却すれば済む話。100年に一度だとしても100年掛けて償却すれば良い。

 また、しつこいですけれど、今の日本はデフレ、つまりは供給>>>需要状態。結果として円高。よって、需要を冷え込ませることになる増税、それから供給を拡大してしまうことになるTPPには反対です。

 ということで、ここまでで名前が挙がっている候補者たちが震災復興(の財源)と社会保障と税の一体改革、それからTPPにどのような姿勢なのかまとめました。

 候補者一覧

 そうすると、消去法的には鹿野さんになってしまうけれど…と、実は昨日記載しようと思っていたら、前原前外相が出馬を表明

○<民主代表選>前原前外相が正式出馬表明 「先頭に立つ」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110823-00000055-mai-pol

 “前原誠司前外相は23日夕、自身のグループの会合で、民主党代表選に出馬
  する考えを正式に表明した。”

う~ん… 外国人献金問題で外相を辞任し、また、ここへ来て菅首相も外国人献金、政治団体献金問題が取り沙汰されているタイミングでの出馬は見送ると思っていましたけれど…。この方、先ほどの項目で言うと、

 ・震災復興財源 … 震災復興増税は(来年度実施は)慎重対応
 ・税と社会保障の一体改革 … 消費税増税
 ・TPP … バリバリの推進派。

なんですよね。で、しかもTPPについては“農業を犠牲にしてでも”というスタンス

○日本経済新聞社‐CSIS共催シンポジウムにおける前原外務大臣講演
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/exdfam/20101019.S1J.html

 “今,テーマになっているTPP(環太平洋連携協定)も,私は入るべきだと
  思っており ~日本のGDPにおける第一次産業の割合はどのぐらいだと思
  われますか。おっしゃるとおり,1.5%です。~1.5%を守るために,98.5
  %という大部分のものが犠牲になっているのではないかと思います
。”

う~ん…。11月のAPECはオバマ大統領の出身地ハワイで開かれることもあって、オバマ大統領としてはそれまでに、日本の(TPPへの)参加の意向を取り付ければ良い手土産になりますし、そういう意味でも菅首相が8月末で辞任は正解なんですけれど(じゃないと、その場の雰囲気で“参加します!!”とか平気で言いそうなんで)、新首相就任早々の“日米首脳会談の実現と引き換えに”なんてなことがなきゃ良いんですけれど…

○新首相と米大統領会談、9月の国連総会時か
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110819-OYT1T00810.htm

 “新首相とオバマ大統領との初の首脳会談は、9月21日から始まる米ニュ
  ーヨークでの国連総会の機会になるとの見方が強まっている。
  ただ、日本の首相が国際会議以外の機会にワシントンを訪問したのは、自
  民党・麻生政権時代の2009年2月が最後で、民主党政権になってから
  は実現していない。このため、日米両政府は国連総会の時以外に、新首相
  が公式に米国を訪問する時期について調整を進める。”

報道のされ方

 前回アップしたフジテレビへの抗議デモですが、現時点でそれについて報道しているのはJ-Castのみのようですね。

○韓流偏重「なぜ抗議されなきゃ?」 フジ、文書受取り拒否の高姿勢
 http://www.j-cast.com/2011/08/21104905.html

 “フジテレビの「韓流偏重」に抗議するデモは、日の丸やプラカードを
  掲げた参加者で埋め尽くされた。~人数は、主催団体代表に聞いたと
  ころ約6000人。”

 “主催者側は、デモに先立ってフジテレビに「偏向報道」に関する抗議
  文を提出しようとしたという。ところがフジに接触したところ、「抗
  議されるいわれはない」と文書の受け取りを拒否された”

6,000人とはまた随分と集まりましたねぇ…(+o+)。 ちなみに、デモ関係で見付けた記事は朝日新聞の以下の記事。

○ベトナムの反中デモ、禁止無視し集会
 http://www.asahi.com/international/update/0821/TKY201108210191.html

 “ベトナムの首都ハノイで21日午前、南シナ海の領有権で対立する
  中国に抗議するデモが再び開かれた。政府は18日に集会禁止を通
  達していたが、これを無視する形で30人余りがデモを開始。その
  直後に警察当局が参加者を拘束し、集会を強制的に解散させた。 ”

う~ん…。どちらが重要かってのは結構判断が難しいですけれど…。6,000人対30人ねぇ…。

 それから、昨日“円高・円安のメリ・デメは裏腹”なので一面的な報道は問題がある旨の記載をしましたが、ちょっと前の記事に(8月3日)こんなのがありました。

○訂正:日本の「稼ぐ力」を映す円高、介入よりも恩恵生かす政策求める声も
 http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-22517720110803?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0

 “円高が進行し、通貨当局による為替介入が予想される中、介入頼み
  の政策対応を疑問視
する声が出始めている”
 “政府はむしろ、場当たり的な介入対応ではなく、日本の「稼ぐ力」
  を示す経常黒字を背景に、円高メリットを生かす政策展開が必要

  の見方が出ている。”

具体的には、

 “「この円高は電力コストを抑制し、ひいては電力料金の値上げを抑
  制するうえで大きな援軍だ」”
 “ライオン株式会社の取締役・笠松孝安氏は3日、円高は原材料購入
  でのプラスの影響の方が大きいと述べた。”

といった円高のメリットにも目を向けて対応を考えましょうね、ということです。

 また、円高の要因は、何度も指摘しているように海外の供給能力の低下に起因する以上、対処療法の為替介入をしてもあまり意味は無く、これまた指摘しましたけれど、

 “「ドルやドル建て資産の急落という事態を想定すれば、債務超過に
  陥るリスクがある。そうなった場合は将来的に国民の負担になる

  ろう」”

というデメリットがある点も報道されています。
 
 で、こうゆう報道をするのは…残念ながら日本のマスコミでは無いんですよね(-。-)y-゜゜゜

フジテレビへの抗議活動

 明日(というかもう本日)、21日(日)にまたお台場でフジテレビへの抗議デモが行われるようです。

○フジテレビ抗議デモ inお台場
 http://fijidemo87.wiki.fc2.com/

まだフジテレビへの(韓流偏向に対する)抗議活動は終わっていないんですよね。

私自身は別に韓国のコンテンツが面白いとは思わないし、また、日本に良く来ている芸能人が韓国に戻ると日本に対してどういう発言をしているのかを知っているので、はっきり言うと全く興味が無く、結果、そういうチャネルは見ないんですけれど、気になったのは、お笑い芸人の何人かが「嫌ならフジテレビを見なきゃ良い」という発言をしている点

個人的にはそれは当てはまらない意見だろうと思います

○テレビ局、格安で電波を使用し荒稼ぎ だが国民は損している
 http://www.news-postseven.com/archives/20110209_12236.html

 “全国128局のテレビ局の事業収入が2兆9676億円にのぼるのに対し、
  電波利用料はわずか42億4641万円(数字はすべて2008年)。テレ
  ビ局がいかに格安で電波を使用し、それで荒稼ぎしているかがわ
  かろう。また、携帯電話会社(5社)が支払う利用料が約545億円
  であることを考えても、テレビ局の優遇ぶりは際立っている。”

 “テレビ局は地デジ移行にあたっても、無料で電波帯を割り当てら
  れた。その電波帯の価値を海外の事例をもとにGDP比で試算する
  と、総額2兆4000億円に相当するという”

上記の記事中にあるように、電波利用料においてテレビ局はかなり優遇されております。ちなみに、この収入は税金では無いので、財務省ではなく総務省に入ります。また、この電波利用料は基地局の維持・設置等に使われていますが、収入のごく一部であり、その他の大部分の支出は不透明になっています。

さらに、“無料で電波帯を割り当て~”ってところは、要は地デジへの移行の際に利用免許を競売で割り当てれば、2兆4千億円の収入があったのに、それをやらずに既存のテレビ局に割り当てたってことです。ちなみに、OECD加盟国の3分の2以上は競売(電波オークション)を利用しています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B3%A2%E5%88%A9%E7%94%A8%E6%96%99

これで損をしたのは…もちろん国民。だって、国庫収入がその分減ったってことですからね。人口が1億2千万人だとすると一人あたり2万円!要は、これだけの優遇措置を受けている以上、“嫌なら見なきゃ良い”なんて番組を作ることが許されて良いの?と思うんですよね。

まぁ、そうは言っても今のマスコミは、“稼ぐ”ことがメインのようですから、お金を出してくれるならばそれがどういう人からのものであろうと、そしてその結果、作成して流す番組が国民にとってどういう影響を及ぼすのか、なんてなことは考えていないんでしょうけれど。

 多少、マシだなぁと思ったのは以下の記事。

○円高に産業界、空洞化懸念相次ぐ 政府に対応求める声もhttp://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819696E0E2E2E2EA8DE0E2E2EAE0E2E3E39C9C97E2E2E2

 “自動車や電子部品と並び輸出比率の高い建機。日立建機の木川理二郎
  社長は「この水準は企業が単独で対応できる限度を超えている。対策
  を大胆に早く打たないと大変なことになる」と話す。”

 “円高はエネルギーや資源輸入などには有利に働く。ただ、消費者心理
  を冷やす懸念もある。”

前も指摘しましたけれど、円高・円安のメリデメは裏腹。だから円高でも安く輸入できるというメリットがあるわけですよね。問題は、円高になりゃあなったで“産業界が悲鳴!!”って、輸出産業のみの悲鳴をあたかも全体のように報道したり、円安になりゃあなったで、“資源、食料品といったコストが高騰!”と報道するなど、どういう状態になっても、マイナス面を強調して報道する姿勢。そんなに日本に不幸になって欲しいのか?と思ってしまいます
そういう観点からすると、上記の記事は“輸出比率の高い”とか、文末にちゃんとメリット面とデメリット面を記載していますから、まだ公平。でも、見出しはいただけないですけれどね。

 最初のフジテレビへの抗議デモに話を戻しますけれど、こういったことを日本のマスコミはどう報道するんでしょうね。

熊野筆

 なでしこJapanの皆さん、国民栄誉賞おめでとうございます\(^o^)/

 記念品は熊野の化粧筆! 

○なでしこ、「熊野筆」でより美しく?
 http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/representative/news/20110818-OYT1T00630.htm

 “なでしこジャパンに贈られた国民栄誉賞の記念品は、広島県熊野町の伝統工芸品
  「熊野筆」の化粧筆だった。”

…ということで、なでしこJapanの人気に便乗しようとしていたフシのある菅首相ではありませんが、本日は熊野筆の(ものすごく)簡単なご紹介を^_^;。

 ウチの妻は竹宝堂さんのモノを使用していますが、見た目で違いがわかるくらい化粧のノリが違います。触ってみると、ものすごく柔らかくて気持ちいいですよ(^。^)y-.。o○。1本、1本手作りなので安くは無いですが、値段だけの価値はあると思いますので、女性への贈り物としては喜ばれる一つでしょう。

 竹宝堂さんのH.P.はこちら。

 http://www.chikuhodo.com/index.html

 んで、竹宝堂さんとカネボウさんがコラボした化粧筆も販売されています。

 ○カネボウ鉄舟コレクション
  http://www.tesshyu.com/

数年前は、竹宝堂さんの化粧筆は直販しかないので割り引かれて販売されることが無かったのですが、カネボウさんの鉄舟コレクションは、割引価格で販売している化粧品店をたま~に見かけました。今は状況が変わっているかもしれませんけれど、ご自身で購入されるならまずはこちらから、というのも良いかもしれませんね。

ユーロ

 昨日はIMFのネタでしたけれど、現在の円高の要因の一つであるユーロの財政危機について。

○独仏首脳会談:「ユーロ経済政府」提唱 各国に財政均衡法も 共同債は見送り
 http://mainichi.jp/select/world/news/20110817dde007030006000c.html

 “欧州債務危機に対し信用不安を緩和させる狙いがあったが、「ユーロ共同債」
  導入など具体策は見送られ、市場の不安沈静化につながるかは見通せない。”

 “AFP通信によると、市場には否定的な反応が多く、「提案は抽象的すぎて、
  実効が期待できない」「ユーロ債の発行を期待していた」などの批判も出てい
  る。”

何度か指摘はしておりますが、ユーロは構造的な問題を抱えています。何かと言うと、ユーロ圏に参加する各国は、為替政策及び金融政策を欧州中央銀行(ECB)に委ねているので、独自に為替調整ができない、という点。

 一般的に、輸出競争力が低い=経常収支が赤字 → 通貨安 → 輸出競争力回復 → 経常収支均衡
となりますが、ユーロ圏参加国では各国の状況に応じた為替の調整が進みません。統一通貨ユーロですからね。
 このため、ユーロ導入以降ユーロ圏諸国においては輸出競争力の高いドイツなどの国々では、黒字の経常収支に見合った通貨高にならないから経常黒字が拡大する一方、競争力に劣る南欧諸国などにおいては経常赤字が拡大し続けることになります。

        ユーロ

   ※通商白書2011年版 第1章世界経済の現状と課題 第2節世界経済の抱えるリスク
    2欧州財政危機の拡大 第1-2-2-8図 ユーロ圏各国の経常収支の推移 より

 それから問題点はもう一つ。“自国通貨建”の債務じゃないので、また、貨幣鋳造権もありませんから、インフレを起こして債務対GDP比率を落とす、なんてな真似もできません

 ユーロが発足した頃は、正直言ってこのような現象が発生することは想像していませんでしたけどね。

 ま、ともかく現在、一般的に考えられる解決策としては二つ。ユーロを止めるか、もっと緊密になるか。緊密になるというのは、ユーロ連邦とかユーロ合衆国とか、要は一つの国になってしまうこと。で、今回の記事にあるユーロ共同債は、ユーロ連邦・ユーロ合衆国への第一歩と考えられます。

 なぜかというと、ユーロ共同債が実現した場合、そのユーロ共同債は当然利払いや元本の返済があるわけですけれど、これは予め決められた割合で各国が拠出し合うことになるでしょう。で、ここがポイントなんですけれど、それぞれの国の国債の利払いや元本の返済よりもユーロ共同債への支払いが優先すると考えられます。つまり、ユーロの財政の方が国の財政よりも優先するということになってしまうからです。

 これについては、ドイツ・ドイツ国民の反対が大きいわけですけれど、そりゃまぁドイツにしてみれば、今までよりも高い金利で借金しなきゃならない可能性の方が高くなりますからね。

 スティグリッツ教授も、解決策としては「ユーロ共同債の発行」もしくは「ユーロの解体」のようですが、後者の場合は、ギリシャやポルトガル等のユーロ離脱ではなく、ドイツの離脱としていますね。

○ユーロ圏、共同債なしの生き残り「困難」=スティグリッツ氏
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22725020110816

 “米コロンビア大学教授でノーベル経済学賞受賞者のジョゼフ・スティグリッツ
  氏は16日、英BBCテレビのニュース番組に出演し、ユーロ圏共同債券の導
  入なしにユーロ圏が生き残ることは「非常に困難」との考えを示した。”
 
 “問題を抱えたユーロ圏諸国による融資の返済が滞れば、ドイツも「重大な影響」
  を免れ得ないと警告。「実際のところ、ギリシャ、ポルトガルあるいはアイル
  ランドがユーロ圏を離脱した場合の債務再編の影響が非常に大きいため、ユー
  ロ圏のためにはドイツが離脱した方が望ましい」と述べた。” 

それに比べて、貨幣鋳造権のある自国通貨建で国債が発行でき、かつほとんどが国内消化できちまう日本は、打つ手が残っているんですけれどねぇ。

IMFのご意見

次期総理として個人的に大反対の一人ですけれど、野田財務相がこんなことを言っていましたね。

 ○大連立で救国内閣を、3次補正で円高対策も=野田財務相
  http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPJAPAN-22696420110813

  “10年台半ばまでに段階的に消費税を10%へ引き上げるとした政府
   ・与党案について「政府・与党の方針なので、それに基づいて野党と
   向かい合って実現する。ここから後退しては絶対いけない」と述べ、
   実現に向けた決意をあらためて示した。同時に国際社会が日本に対し
   て「財政規律を守る国かどうか注目している。
そこはよくお腹に抑え
   て対応しないと大変なことになる」として、一体改革を通じて財政健
   全化を進める必要性を強調


まぁ、必ずしも矛盾はしないとも言えるんですけれど、日本に対して“すぐに消費税をあげろぉ~”とアドバイスした(とマスコミに報じられた)“IMF”の、ラガルド専務理事はこんな発言をしています。

 ○性急な財政再建「景気回復損なう」 IMF専務理事
  http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE3E4E2E3868DE3E4E2EAE0E2E3E39790E0E2E2E2;at=DGXZZO0195570008122009000000

  “「信頼性の高い財政再建策が必要なことは明らかだが、(財政に)急
   ブレーキを掛けると景気回復を損ない、雇用見通しを悪化
させる」と
   警告”
  “「財政再建に対する中期的な視点と、経済成長や雇用を下支えする短
   期的な視点の両方が必要だ」と訴えた。”
  “社会保障制度や税制の改革は短期の需要に必ずしも結び付かないとし、
   雇用創出策やインフラ整備、住宅市場対策の効果を強調”

はい。私も同意見です。景気回復 → 財政再建という優先順位が正しいと思います。日本の場合は、さらに、震災復興というのが景気回復の前、もしくは同時に必要ですけれど。んで、そのためには政府の積極的な財政出動が必要。

 ということで、このラガルド専務理事の発言は、最近の日本政府の対応・施策方針をかなりの面で否定しているんですけれど、各社の記事を見る限り、その点について言及しているモノは無いようですね。…マスコミ、実はこのあたりよくわかっていないんぢゃねぇか

 まぁ、そりゃともかく、最近ご無沙汰しているので、最後はケント&マイケルの写真を。

  ケント寝起き マイケル寝起き

 共に、気持ちよく寝ているところを起こされたため、いささか冷ややかな目で私を見ております^_^;。

だるまや餅菓子店

本日は北区十条にある甘味処「だるまや餅菓子店」さんに行ってきました。

    だるまや

 こちら、都内では珍しい天然氷によるかき氷が食べられるお店

 私が注文したのは「特選宇治金時ミルク」。

         特製宇治金時ミルク

一言で言うと「非常に柔らかい氷」です(^。^)y-.。o○ 通常のかき氷と違って、尖っていないというか、氷の粒が全くありません。例えると…雪を食べているような感覚に近いですかね。だからでしょうか、口溶けもよく、急いで食べても頭がキーンとならないようです。

 「特選宇治金時ミルク」以外にも、「宇治金時ミルク」というのがあるのですが、違いは掛かっている抹茶が“特選”かどうかの違いらしいです。こちらのお店ではお茶にも凝っているようで、この抹茶はかなり苦みと香りがあるものなので、お茶の苦みが苦手な方は“特選”が付かない方が良いかもしれません。

 今日は2時頃に着いて1時間位待つことになりましたが、昨日は2時間待ちの行列だったそうです^_^;。お店の人によると、「年中出しており、10月位なら空いている」とのこと。ま、そりゃそ~でしょ
 
 だるまや餅菓子店
 〒114-0031
 住所 北区十条仲原1-3-6
 電話 03-3908-6644

上手すぎ

東スポ 8月12日(金)より。

ポスト菅は馬淵前国交相、鹿野農相、野田財務相、小沢一郎元代表——
 「馬・鹿・野・郎」

 http://www.tokyo-sports.co.jp/touspo.php?tid=544

   馬鹿野郎

小沢一郎には若干無理があるものの、笑っちゃいました(^。^)y-.。o○。

お金の貸し借り

 世の中はお盆休みですけれど、この方の往生際の悪さには休みが無いようで(-。-)y-゜゜゜。 

○「存在しないカネどこから」菅首相団体、規正法抵触か 市民の党問題 現金足りず寄付不能
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110811/crm11081121370030-n1.htm

 “菅直人首相の資金管理団体「草志会」が、日本人拉致事件容疑者の
  長男(28)が所属する政治団体「市民の党」(酒井剛代表)から
  派生した政治団体に巨額献金していた問題で、草志会が平成19年、
  派生団体に5000万円を寄付した際、帳簿上、一時的に現金が足
  りず、寄付が不可能な状態に陥っていたことが11日、分かった。
  自民党の西田昌司参院議員が予算委員会で指摘した。”

 “予算委で、西田氏は「残高がマイナスになることはありえず、収支
  報告書の記載はでたらめだ」と政治資金規正法の虚偽記載にあたる
  可能性を指摘。菅首相は「立て替えということもあり、必要であれ
  ば調べて報告する」などと答弁した。”

え~っと…。元々どんぶり勘定で資金を管理していたという可能性もあるとは思いますけれど(それはそれでかなり恥ずかしい話)、菅首相が言うように立て替えたものであったとしても、個人が立て替えたとしたら、個人が一団体に献金できる年間上限額150万円を超えてしまうことになり、それはそれで政治資金規正法違反にあたる可能性が。“必要であれば調べて報告する”なんて悠長な発言をする事態ではないと思んですけれどね。

まぁ、何しろ「こっそり」返却したとされる、自身への外国人献金に関する領収証も一向に開示しない菅首相ですから、もし、本当に誰かから立て替えてもらったにしても詳細は説明しないんじゃないかな。

○外国人献金、検察が捜査と法務省局長=菅首相は返却領収書を開示せず―参院予算委
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110811-00000111-jij-pol

 “首相は「3月14日に弁護士が当事者に会って現金で返却した」と改め
  て説明。西田氏は「同10日に返却したとの情報がある」として返却の
  領収書を直ちに開示するよう求めたが、首相は「総務省に一定の手続
  きの下で提出する。それを待っていただければ公開される」と応じな
  かった。

ってか、そもそも立て替えてもらわなきゃならないほど“おカネ”に逼迫している人が献金していること自体がものすごくおかしな話だと思うんですけれど。 

増税と言ったら増税なの!

 恒例、3ヶ月に一度の“国の借金報道”が昨日(10日)ありました。

○国の借金943兆円超 6月末、3カ月で19兆円増 国民1人あたり738万円
 http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E3E2E2E3818DE3E2E2EAE0E2E3E39797E0E2E2E2

 “7月時点の推計人口で計算すると、国民1人あたりの借金は約738万円。
  政府は今後、東日本大震災の復興に向けて国債の一種である復興債を10
  兆円以上発行する予定で、借金は当面膨らみ続ける見通しだ。”

ご丁寧にこんなことも。

 “日銀統計によると、家計の金融資産から負債を差し引いた純資産残高は
  1110兆円程度。国の借金は増え続けており、数年以内に家計資産を上回
  る可能性がある。”

だ~か~らぁあ、そもそも943兆円は国の借金ではなくて政府部門の借金ってのももちろん、なんで、家計部門は資産から負債を引いた純資産で語るのに、政府部門の資産は無視する?んでもって、企業部門の資産はどこへ行ったんだ?

 さらには、朝日新聞。
○国の借金、過去最高943兆円 6月末時点
 http://www.asahi.com/politics/update/0810/TKY201108100596.html

 “このうち基本的に国民の税金で返さなければならない国の長期債務残高
  は3月末より1.5%増え672兆1千億円に達した。”

と、ご丁寧に「国民の税金で返さなければならない」と念の入れよう

 どうしても、政府・財務省は増税したいようですけれど、以下の記事がいい例ですかね。

○復興財源の新税導入断念へ…携帯・パチンコ課税
 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110811-OYT1T00194.htm?from=main3

 “政府は10日、東日本大震災の復興策の財源として検討してきた「携帯
  電話」課税や「パチンコ」課税などの新たな課税制度の創設を見送る方
  針を固めた。
  新税導入には、細かな仕組み作りや納税者への説明が必要で、復興財源
  を賄うには時間が足りないと判断した。”

“時間が足りない”って…。んなぁあこたぁあ、端から分ってたことだろ!

 つまりは、政府・財務省は震災復興を増税のきっかけにしたかった、ってこと。まず、復興ありきなら、さっさと国債を日銀引き受けで発行すりゃ済む話。実際、円売り介入では、速攻で4.5兆円の国債(政府短期証券)を日銀が引き受けてるくらいなんだから。
 東日本大震災が「1000年に一度(http://www.j-cast.com/tv/2011/05/19095940.html)」って言うなら、1000年掛けて償却すれば良いだけの話。

支援

 潘基文国連事務総長が来日していましたが、こんな要請を。

○国連、日本にPKO派遣熱望 南スーダンの道路整備など
 http://www.asahi.com/international/update/0809/TKY201108090591.html

 “先月独立した南スーダンで道路建設などを担う国連平和維持活動
  (PKO)に日本が参加するよう、国連が熱望している。ハイチ
  の道路整備などで実績を残す日本の技術力を高く評価してのこと
  だ。ただ、日本側は、自衛隊の派遣には慎重な姿勢だ。 ”

う~ん… 確かにねぇ、今回の震災でも、上記のような他国への支援が日本に対する好意となっている場合もある、ということがはっきりと分りましたからね。

○小さな国々から恩返しの「ありがとう」
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/110809/mds11080908030003-n1.htm

引用すると長くなるので省略しますが、トンガ、マリ、エチオピア、モルディブの人たち…ありがとう。貴国の将来を担う留学生を日本が国費で受け入れるということがあれば、私は大賛成いたします

ということで、非常に大切な活動なんですけれど、一方で自衛隊の皆さん方は大変に疲れているでしょうからね…。正直、「簡単に言うなよ…」と思っちゃいます。まぁ、実際の派遣は先の話らしいですけれど。

そりゃともかく、本来他人を助けることと打算は切り離すべきなんでしょうけれど、支援しても“無かったふり”をされたり、“日本は支援が一番遅かった。そんなことだから他国から信頼を得られない”などと言われたりするような国には、今後支援をしないようにしてもらいたい、ってのが本音。

暑苦しい日々

 暑苦しい日々が続いていますけれど、それに拍車を掛けているのが菅首相でしょうかね。

○なお地位に恋々「やるべきことはやりぬく」首相 週刊朝日インタビュー 好意的メディアに応じる?
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110808/plc11080816400012-n1.htm

 “「理由はともかく菅直人を降ろしたい。残念ながらそういう力学がかなり
  感じられる」と述べ、与野党そろい踏みの「菅降ろし」に対する強い不快
  感を示した。”

「理由はともかく」って…この場合は理由は大事だと思うぞ。しかも「残念ながら」って、自分に非は無いとでも思っているのかね??

○内閣不支持72%、「月内退陣求める」68%
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080116-907457/news/20110807-OYT1T00569.htm

 “読売新聞社が5~7日に実施した全国世論調査(電話方式)で、菅内閣の
  支持率は発足以来最低の18%(前回7月調査24%)に下落”
 
 “菅首相に「すぐに退陣してほしい」と思う人は32%で、「今の国会が終
  わる8月末まで」の36%を合わせると、月内退陣を求める人は68%に
  上っている。”

という声をちゃんと受け止めるように。しかも、

○日米首脳会談見送りの公算 米、日程調整を“拒否”
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110808/plc11080809280003-n1.htm

 “米政府が、9月前半に予定されていた日米首脳会談の日程調整を事実上拒
  否していることが7日、分かった。複数の日本政府高官が明らかにした。
  菅直人首相の退陣時期が不透明な上、仮にオバマ大統領が菅首相と会談し
  ても議題や成果が乏しいためだ。”

と、しっかりと外交面でも足を引っ張っている事実を無視するなよ。何より嫌なのは、菅首相の場合“TPPにすぐ参加しますから、会談してください!!!”と、延命のために独断で国益を売り飛ばすようなことをしそうな点

 菅首相も菅首相ですが、取り巻きも取り巻きで、

○ガガ様、菅にカンカン!「福島ライブ」実現しないワケ
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110727-00000001-ykf-ent

 “ガガは離日する直前の6月30日、菅首相から感謝のバラとメッセージを受
  け取ると、その気持ちに答えるように、“フクシマコンサート”の開催を約
  束。官邸からの返事を心待ちしてしているという。
  だが、あれからもうすぐ1カ月。官邸からの返事はなく、しびれを切らして
  いる。その内情を政府に近い関係者が明かした。
  「ありがたい話なのに、決断ができない。菅首相はいつ退陣するかわからな
  いため、責任が取れない。話は枝野官房長官のところで止まっているようだ。
  新政権下で、人気取りのためにガガのコンサートを行いたい思惑があるので
  は、と勘ぐってしまう」”

せっかくの好意を…

 こういった政権・与党を誕生させてしまった、誕生を防げなかったのは我々国民で、この国の現状は、誰のせいでもなく最終的には我々国民の責任。だからと言ってうつむく必要は無くて、要はこれから皆が“はっぴぃ”になるために行動すれば良いことだと思っています。

例えば? 「おかしい・変だ・良く分らん」と思ったことは自分以外の誰かに伝えるとか、景気を良くするために必要以上の自粛はしないとか。簡単にやれることって結構ありますよ。(^。^)y-.。o○

お台場でデモ

 この手のニュースはあまり流れないんですけれど…

○お台場騒然、「韓流やめろ」コール フジ批判デモに子供含め500人
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110807-00000004-jct-soci

 “2011年8月7日の昼すぎ。日曜日とあって子ども連れやカップルで
  にぎわう東京・お台場のフジテレビ周辺に突然、プラカードや日
  の丸を掲げた集団が現われ、騒然となった。彼らは、2ちゃんねる
  やツイッターなどの呼びかけを通じて集まった人々で、フジテレ
  ビの韓流偏重に抗議するのが目的だ。”

日本のマスコミが中国・韓国関連は偏向報道しているとは良く言われていることで、最近では

○NHKスペシャル シリーズ 「JAPANデビュー」問題
 http://ja.wikipedia.org/wiki/NHK%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB_%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA_%E3%80%8CJAPAN%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%8D

あたりが有名ですかね。

 まぁ、韓国のことについては今さら言うまでも無いことで、

○「K-POP人気操作、木村太郎氏の発言不適切」 フジテレビ、「韓国から指摘」と番組で謝罪
 http://www.j-cast.com/2011/03/07089839.html

 “フジテレビの情報番組「Mr.サンデー」は2011年3月6日の放送で、
  2月6日放送回にコメンテーターとして出演していたキャスター・
  木村太郎2 件氏のK-POP人気に関するコメントが誤解を招いたと
  して謝罪した。”

 “「韓国政府の中にブランド委員会があり、K-POPをブランド化し
  ようと力を入れている」
 「何をやっているかというと、広告会社に言って、Youtubeなどに
  載っている動画の再生回数を増やしている。そういうことを、国
  を挙げてやっている」”

なんてな事件がありましたし。

んで、“なんで偏向報道する必要が?”と思われる方もいるでしょうが、例えば

○外国人保有制限銘柄は13銘柄 フジと日テレ、株主名簿不記載で免許取消し回避
 外資規制、配当付与で意見の違い
 http://www.nsjournal.jp/column/detail.php?id=265210&dt=2011-07-29

 “外国人保有制限銘柄であるフジ・メディア・ホールディングス(4676)
  と日本テレビ放送網(9404)が、外資規制比率(テレビ局は20%)を
  超えていることが株式市場の内外で話題となっている。”

と、フジテレビ(と日テレ)の株主はその2割程度が外国人なんです(もっとも、国籍までは調べていませんけれど)。んで、株主名簿への記載を拒否した外国人の割合を入れると、放送免許が取り消される2割を超えてしまう…。

○外国人等の議決権比率に関する公告実施のお知らせ
 http://www.c-direct.ne.jp/public/japanese/uj/pdf/10114676/20091021178336.pdf

まぁ20%を多いと見るかどうかってのはありますけれど、株主としては影響力が大きい数字ですよ。私、株主対応の仕事をしていたこともありますが、10%を超えれば扱いがそりゃ違います。ましてや20%程度ともなれば、役員を送り込まれることも良くあること。

それからこんなことも。

○韓日の架け橋役30年、電通の成田豊最高顧問
 http://japanese.joins.com/article/072/113072.html?sectcode=A10&servcode=A00

 “日本最大の広告代理店、電通の成田豊最高顧問(79)が韓国政
  府から修交勲章光化章を贈られた。30年にわたる韓日文化交流
  事業を積極的に後援した功労だ。”

まぁ、正直真相はわかりません。でも、日本のマスコミの力不足ってのは常々思っていることなので、偏向報道の可能性も考えて、可能な限り複数社+外国系の新聞等で同じニュースをチェックするようにしています。

円売り介入 その2

 円売り介入によって一時的に円安に振れたものの、すでに円高傾向に戻っています。

○介入も効果なし 東京円反発、78円50銭台に
 http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110805/eca1108051333011-n1.htm

 “5日の東京外国為替市場の円相場は、欧米経済の減速懸念を背景に円が買
  われ、1ドル=78円50銭台まで円高ドル安が進んだ。政府、日銀は前
  日、円売り介入に踏み切ったばかりだが、再び円高圧力が高まっている
。”

一部の投資家の投機的な仕掛けが原因である一時的な円高であれば、円売り介入も効果はありますよ。そりゃあ弱っているとはいえ、一部の個人投資家(達)が経済大国日本の資金量にかなうはず無いですから。

でも、別に今回の円高はそういう動きではないので、前回も指摘したとおり、円売り介入は対処療法にしか過ぎないことになり、したがってその効果は一時的なものにしかならないんですよね。

○政府・日銀、円売り介入 効果持続に疑問符
 http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110805/mca1108050837004-n1.htm

 “昨年9月の単独介入で円は82円台から85円台に下落し、今年3月の協
  調介入でも79円台から82円台へと円安に振れた。だが、その後はジリ
  ジリと円高が進んだ。
  足元の円高は米国の財政再建策が不十分なことに起因するドル売りが背景
  だ。米連邦債務の上限引き上げが決着しても依然、米国債は格下げリスク
  が残る。5日発表の7月の雇用統計など米国の経済指標の悪化をきっかけ
  に、投資家が円買いドル売りの動きをさらに強める懸念も拭えない
。”

 なんてなことは政府も財務省も日銀も最初からわかっているはずなんですが、そうゆう無駄なことに使ったお金は、というと、

○4日の円売り介入規模、過去最大の4.5兆円=市場推計
 http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-22566320110805

 “政府・日銀が4日に実施した為替介入について、金額が4兆5000億円
  規模だった可能性のあることが、日銀が営業日ごとに公表している「当座
  預金増減と金融調節」からの推計で分かった。1日の円売り介入額として
  は、2010年9月15日の2兆1249億円を抜き、過去最大となる。”

4.5兆円!! これだけの金額の効果がたった1日!!! 

ちなみに、菅首相が退陣条件として掲げ、先月25日にもめにもめた挙句ようやく成立した2次補正予算の額は、

○<2次補正予算>参院本会議で可決、成立
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110725-00000049-mai-pol

 “枝野幸男官房長官は25日の記者会見で、2次補正の成立について「県や
  市町村にも活用いただき、迅速に復旧が進んでいくように、さらに努力し
  ていきたい」と表明した。政府は被災地復興に向け、3次補正予算案の検
  討を本格化する。
 2次補正の総額は1兆9988億円。~財源は全額を10年度決算剰余金
  でまかなうため、国債の新規発行はしない。”

2兆円弱…。
これまた前回も指摘しましたけれど、円売り介入の4.5兆円は政府短期証券と言う国債を発行して、それで得たお金を為替リスクを日本が持つ形で米国債購入に充てているんですよね(で、米国政府はそのお金を市中にばら撒く)。
整理すると、

 ○震災復興のためには、もめにもめて、国債を発行せず、
  2兆円(2次補正)
 ○効果の無い円高対策のためには、即日、国債を発行し、
  4.5兆円(+含み損の可能性あり)


これだけおマヌケなことをやっても、世界中が円を信用しているってんだから、不思議な国でしょ。日本って(-。-)y-゜゜゜

円売り介入

 予想どおり、米国の債務上限が引き上げられましたが(別に今回が初めてってわけじゃなくて、過去にも何回も引き上げられていますしね)、一時的に円安にぶれたものの、やはり円高傾向が続いております。んで、とうとう円売り介入に。

○政府・日銀、円売りの市場介入…円高食い止め
 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110804-OYT1T00313.htm?from=main1

 “政府・日本銀行は4日、最近の急激な円高の進行に歯止めをかけるため、
  円売り介入と金融緩和を組み合わせた緊急の円高対策に踏み切った。”

さて、この円売り介入ですが、具体的にどうやるかというと、例えばこの記事なんかにさらりとこう書かれています

○ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇 2011.7.24 03:53 (1/3ページ)
  http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110724/fnc11072403530000-n1.htm

 “日本政府が外為特別会計で積み上げた外貨準備である。資産の大半が
  米ドル建てで規模は110兆円。主に円売り・ドル買いという為替介
  入を目的としてして円を調達して短期の米国債を購入する。”

ちょいと補足すると、

 ①政府が、償還期限3カ月の政府短期証券を発行し、民間や日銀がこれを
  購入して“円”を調達。
 ②“円”を“ドル”に両替。
 ③調達したドルで、米国債を購入。

ということです。要は、日本国政府が日本国民から借金して米国債を買うということ

この円売り介入、過去にも度々行われておりますが、

http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20110803-OYT9I00327.htm

03年5月~04年3月に掛けては、その額、なんと約33兆円!

んで、この政府短期証券は国債の一種なんですけれど…、財政法で日銀による直接引き受けが許されています。20兆円程度の震災復興費用について、国債を日銀が引き受けることについてはさんざん問題にしているんですけれどね。曰く、通貨の信任が毀損される(これは日銀白川総裁がおっしゃっていますね)とか、エコノミストの中にはハイパーインフレになるとか…。

○インタビュー:復興債の日銀引き受け、インフレ招く可能性=福田・東大教授
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22228020110715?rpc=122&pageNumber=2&virtualBrandChannel=0

 “中央銀の国債引き受けも行われハイパーインフレになった経緯がある”

ふ~ん…。円売り介入は最終的に円がドルとなって米国に向かっていますけれど、結局はお金の出し手が誰だったかというだけで、市中にお金がばら撒かれることに代わりは無く、でも、別に米国で驚くほどのインフレが発生しているとは聞いたことがないんですけれど(-。-)y-゜゜゜

はっきり言って、円売り介入したって対処療法にしか過ぎません
前も書きましたけれど、通貨の価値は、結局はそれを裏付ける供給能力があるのかどうか、つまりは、その通貨を持っていると欲しいモノが欲しい時に買えるかどうかにかかっています。であれば、為替介入をして一時的にドル高に誘導したところで、米国の供給能力が改善(景気が回復するってのでも良いですけれど)しない限り、結局はドル安(円高)になってしまうだけです。

そうすると、実はもう一点問題があります。

例えば先の例で1ドル110円だっとして33兆円ってことは、約3千億ドルの米国債を購入したことになります。んで、実態としては円安にならずに円高になったわけですけれど、例えば1ドル80円で計算すると、24兆円。9兆円も損しちゃってることになります。つまり、日本国民にとってプラスにならないどころか、ものすごい金額の損失を発生させる可能性が高いのが、円売り介入ってことなんですよね。

円売り介入、つまりは日本国民のお金で米国債を購入する余裕があるくらいなら、震災復興費として、日本国債を日銀が引き受ける方が今の日本経済にとってはよ~っぽどマシ。それに確か「そんなことしたら、通貨の信任が毀損する(=円安になる)」って言ってましたよね?円安にもなるし、一石二鳥じゃん(^。^)y-.。o○。

ケント&マイケル 再びダっレ~。

 いまだバタバタしておりますが、ボチボチと皆さまのブログ訪問は隙を見て再開させていただきたいと思っております^_^;。

 ここ1週間ほどでも、予想どおり、米国債務の上限が引き上げられたりとか、中国は鉄道事故を無かったことにしようとしていたり、政府と並んでなぜか特定の国に肩入れするマスコミ(テレビ)を批判する芸能人が現れたりと、色々ございましたが、じっくりとデータ収集する時間がとれませんでした(T0T)

 なもので、本格的な再開は今しばらくお待ちいただければ、と思いますが、代わりに本日はケント&マイケルの写真を。

            のびぃ&へそ天



マイケルは“へそ天”で、ケントは後ろ脚をのっびぃ~としてダレています。ダレるのは良いのですが、私の部屋の出入り口なので、巨大ニャンコブラザーズがダレていると、かなり邪魔です^_^;

  …ってか、こんな写真を載っけることでブログのネタ集めの“手抜き”をしてニャいか?
  ケント顔アップ  マイケル顔アップ

い・いえ…。決してそのようなことは…^_^;。
プロフィール

tatsusae

Author:tatsusae
会社に長時間いると飽きてしまうという、組織人としては致命的欠点を持つ、仮面サラリーマンです

保有資格
AFP、宅建、初級シスアド、簿記3級、証券外務員2種等々

特技
統計(日本計算機統計学会員なもので)
英会話(最近使ってないから怪しいけど…。一応米国のMBAホルダーだったりします)
初級の中国語会話(なぜかできたりします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。