スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の第2弾 橋下発言

 橋下市長の発言についての評価はいろいろあるでしょうが、個人的には以下の新聞記事と同じです。

〇おおむね正しいが配慮足らず 橋下発言「4つのポイント」
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130515/waf13051523390036-n1.htm

ことの真偽はともかく、この問題は慎重に対応しないといけない、という例を提示してくれたのが、今回の“元慰安婦”の「市長に会わせろ」事件

〇橋下氏との面会を中止 元慰安婦「会いたくない」
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2400S_U3A520C1CC0000/?dg=1

 “支援団体が24日に公表した元慰安婦の声明では、橋下氏の謝罪方針を「謝罪パフ
ォーマンスだ。2度も踏みにじられる必要はない」と批判し、「市長に会う価値
も理由もない。面談を拒否する」と強調した。”

自分で「会いたい」と言っておきながら、いざとなったら「謝罪パフォーマンス」だから会わないってことですが…

 実はこの「金福童」という女性、昨年も来日して同じようなことをしています。 

〇(日刊テラフォー 2012年9月27日 10時00分) 【慰安婦】橋下市長、元慰安婦とお会いしたい 金さん「謝罪ならともかく、話だけなら面会の必要はない」
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20120927/Terrafor_news_mkUj1yFquw.html

 “橋下市長は8月に「慰安婦が軍に暴行、脅迫を受けて連れてこられた証拠は
  ない」と述べ、さらに証拠があるなら韓国の皆さんに出てもらいたい、と
  していた。
  これに対し大阪市内の市民団体が24日に発言の撤回と謝罪を求める抗議文
  を市に提出。
  元慰安婦の金さんも来日し、橋下市長へ面会を求めた。しかしその日、橋
  下市長が休日で会えなかったのだと言う。
  ただ、金さんは「謝罪したいというならともかく、話を聞こうというだけ
  なら面会する必要はない」と話していると言う。”

この時も、「会いたい」と言っておきながら、いざとなったら「話を聞こうというだけなら面会する必要はない」と。

 「『私の言っていることが証拠だ』では証拠にならない」と、当たり前すぎることを指摘する人間とは会いたくない、と敵前逃亡していると見ることもできますが、これ、韓国ではどのように報じられているかというと、

〇元慰安婦女性ら橋下氏との面談取り消し
 http://japanese.joins.com/article/social_article.php?total_id=171983&pgi=2&refer=japanese.joins.com%2Farticle%2Fj_article.php%3Faid 

 “彼女らは「日本巡回集会をしながら入手した情報によれば、今回の面談は、
  橋下市長が膝まで折るという謝罪の台本をあらかじめ仕込んでおいてメデ
  ィアプレー用に準備したもの」と説明した。

  彼女らはまた、橋下氏が自身の慰安婦妄言に対して批判が出たからとすぐ
  に自己救済策として講じた台本に過ぎないとし、心から反省するならば政
  治家としての責任をとって政界から引退することを願うと伝えた。”

「膝を折っての謝罪=土下座して謝罪するパフォーマンスをするつもりだったようだから、それじゃ意味が無いから会わずに帰った」ということで、これだけを真に受けると、「反論することができないから、せめてパフォーマンスをして人気を稼ごうとしていた」=「橋下は自身の発言が妄言だったと認めた」=「従軍慰安婦は日本軍が強制的に行ったもの」ということの宣伝にすり替わってしまっています

 …ところで、この高齢の女性が去年、今回と来日されて一番得をしたのは誰なんでしょう。

 いや、なに、単なる独り言ですが、それはともかく、今回の来日を支援している団体も、何十年も前の従軍慰安婦だけじゃなくて、橋下市長のいうとおり、下記のようなリアルタイムの事件も国際問題として取り扱ったらいかが?

〇監禁…類似性行為を強要…悪夢の85日間
 http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013052412178

 “タイ人のA氏(26、女)は仕事を求め、先月、バンコクでマッサージ店
  を経営している韓国人のイ某氏(45)と会った。イ氏は、「韓国に渡っ
  て、マッサージ師として働けば、大金を手にできる。飛行機代も働いて返
  せばいい」とそそのかした。”

 “5店に雇われたタイ人女性14人は、立つことすらできない天井の低い部
  屋で、24時間待機しながら、順番に客の相手をさせられた。店ごとに、
  昼夜を問わず、室長らが女性らを24時間監視した。決まった休憩時間や
  休みもなく、働かされた。客のいない時間の合間を縫って休まなければな
  らなかった。”

韓国絡みでよくある事件ですけれど、「日本軍による従軍慰安婦」でよく聞く話ですから。是非、国際的に解決しましょう。今回来日された、もう一人の女性の希望でもありますしね。

〇元従軍慰安婦 「私のような人が生まれない平和な世界を」 広島市で講演
 http://www.home-tv.co.jp/news/local.php?news_id=2013-05-192
スポンサーサイト

国益優先

 毎日新聞がアホな社説を。

○社説:日銀緩和と新興国 世界の安定あってこそ
 http://mainichi.jp/opinion/news/20130523k0000m070120000c.html

 “日銀の大規模な金融緩和が新興国経済に影響を及ぼし始めている。円安が
  進み株式市場が活況に沸く日本とは裏腹に、新興国では通貨高から輸出に
  ブレーキがかかり、対抗措置として利下げに踏み切る中央銀行も出てきた
。”

 “結果的に自国経済に跳ね返る経済・金融危機を招いては元も子もない。日
  本など量的緩和を進める先進国は細心の注意を払う必要がある。”

 “例えば今月利下げに踏み切った韓国では、ウォンが対円で半年に約25%
  上昇し、中銀に「より積極的な役割を」と利下げを求める声が与党幹部な
  どから上がっていた。今月末に金融政策委員会を控えたタイでは、中銀に
  対する緩和圧力が勢いづく。すでに利下げ済みの国でも、追加措置への期
  待が消えそうにない。”

 “日本を責めるのは筋違いだとの見方もあるだろう。「円安の副作用があっ
  たとしても日本がデフレから脱却すれば世界経済にもプラスだ」というの
  が政府・日銀の主張だ。歴史的にみて、まだ円安とは言えない、との指摘
  もあるし、大規模な量的緩和を先に始めたのは米英で、日本単独の仕業で
  ないのも事実である。

  とはいえ、世界経済の安定した成長があってこそ日本の繁栄も持続すると
  いうものだ。その世界経済の安定に尽くすのは主要通貨を持つことに伴う
  責務である
。手遅れにならないよう、米国はもちろん、日本もしっかり認
  識しておくべきだ。”

…貴紙は韓国の新聞か?

○【コラム】アベノミクスがうらやましいって?=韓国(1)
 http://japanese.joins.com/article/607/171607.html?servcode=100§code=140

 “円安で隣国が苦痛を受けようが受けまいが知ったことでではない。”

そりゃともかく、「世界経済の安定した成長があってこそ日本の繁栄も持続するというものだ。」だと? 世界経済が好調でも、日本経済ってダメだったことなんざ、何度もあるんだが

○(2012.10.24)日本の株価が上がらない理由
 http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20121024-00026596-r25

 “「アメリカ、イギリス、ドイツは当時から1~2割も高くなっています。東
  南アジアの新興国も同程度の水準です。欧州債務危機が大きく影響してい
  る国を除けば、株価はほぼ戻っているといっていいでしょう。アメリカや
  ドイツに至っては、史上最高値に迫ろうかという勢いです」

  こんななか、大きく出遅れているのが、日本だ。

  「日経平均株価は、リーマンショック時の7割程度の水準。世界でダントツ
  にひどい状態です。1990年につけた市場最高値3万8915円から見てみると、
  実に約2割。株価は5分の1になってしまっているんです」”

○進展する世界経済と足踏みする日本経済
 http://www.icr.co.jp/newsletter/eye/1997/e97003.html

 “1996年の世界経済は、アメリカ経済の好景気に支えられて、概ね順調であ
  ったと言える。特に、ドル高の下で年後半には、ヨーロッパ経済は景気回
  復の兆しを見せ始めた。東南アジアや中国経済も減速はしたものの高い成
  長率を維持した。しかし、日本経済はバブル崩壊後6年近く経過しても景
  気回復に力強さがみられない状態である。”

調べもせずに、社説を書くんじゃねぇ~よ

第一、韓国による「東海(日本海)呼称問題」や「従軍慰安婦」、それに中国による「尖閣諸島問題」等は、両国が国力を高めた結果と無関係では決してないでしょう。日本の国益のためにも、中韓がどんなに騒ごうが、あるいは泣きついてこようが、それこそ土下座して謝罪しようが、ここは粛々とアベノミクスを推進すべきでしょう。

入ってくるな

 経済が赤信号だわ、初の大統領訪米ではセクハラ問題が起きるわで、日本に八つ当たりの韓国。橋下市長の発言も絡んで、どこから突っ込みゃ良いのかってなくらい、いろいろやらかしてくれています。

 「侵略・侵略」とうるさい割には、日本に密入国する輩は後を絶ちませんが、違法操業を行う漁船も後を絶ちません。しかも開き直ってこんなことを。

○済州の漁師 五島海域での操業拡大を政府に要求
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2013/05/22/0400000000AJP20130522002900882.HTML

 “済州島の漁業関係者でつくる済州道漁船主協会の会員らは21日、長崎県・
  五島列島西側の海域で年間を通じて漁業ができるよう、韓国海洋水産部に要
  請した。日本の排他的経済水域(EEZ)である同海域では現在、12月2
  3日から翌年の4月30日までしか漁船の操業ができない


  同海域は恵まれたタチウオの漁場として知られている。場所は北緯33度1
  5分以南、南緯32度10分以北、東経128度以東。済州島の漁師は韓日
  漁業協定に同海域での操業期間制限の廃止を盛り込むよう求めている
。”

やなこったσ(゜┰~ )

 まぁ、まだ“求めている”くらいなら、許容の範囲ではありますが、

 “また済州島の延縄漁師が水揚げするタチウオの漁獲量を現在の3000トン
  から5000トン以上に増やし、済州島・西帰浦の南沖20~60マイル
  (約32~96キロ)における日本の大型旋網(まきあみ)漁船の操業を制
  限することも主張している。”

「日本の取り分を減らして、自分達の取り分を多くして欲しい」と“主張”だと? ど厚かましい。(`⌒´メ)

 内容も内容だけれど、日本の善意で成り立つ漁業協定に主張が許されてると思っている姿勢が、日韓友好の妨げの一つになっていることに、いい加減気付けたら…世界から嫌われているわけないか。

 だいたいお前ら、中国漁船の違法操業を批判しがてら、ついでにお国自慢しておろうが

○【コラム】中国はこの大きなマグロを見よ(1)
 http://japanese.joins.com/article/212/147212.html
 http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=147213&servcode=100§code=120

 “今でも中国漁船の違法操業は現在進行形だ。先週も西海で4隻が取り締まり
  を受けた。韓国の水域で稚魚までさらっていく中国漁船が、網の重さに耐え
  られず転覆する事故もよく発生している。それでも韓国が中国を猛非難する
  のは難しい。振り返れば韓国にも恥ずかしい過去があるからだ。1990年
  代半ば、日本の漁民は激しく抗議デモを行った。韓国の底引き網漁船が北海
  道・島根付近に集まり、海の魚をさらっていくからだ。

  こうした殺風景が消えたのは韓日漁業協定の後だった。韓国は6兆ウォンを
  投じて漁船を減らし、「育てる漁業」に方向を転換した。”

 “海の最終捕食者である大マグロが定置網にかかったのは25年ぶりのことだ。
  これほどの大物が寄りついてくるほど韓国の近海漁場がほぼ完全に復元され
  た。”

まぁ、「育てる漁業」も日本の技術支援なんですが、それは置いといて、「韓国の近海漁場がほぼ完全に復元された」……………なら、日本に来んじゃねぇよ。

妄想

 「共有する価値観」で、開城工業団体に残してきた韓国側の資材等(約270億円)については、「戻ってこないだろう」と記載しましたが、実は、状況は全く異なるものであることが判明。

〇北事実は物資搬出・北朝鮮訪問許容…政府非公開'論議'
 http://news.mk.co.kr/newsRead.php?year=2013&no=380300 → 韓国語

 “北朝鮮が去る3日開城(ケソン)工業団地南側人員の電源撤収当時私たちの
  側に原・副資材および完成品搬出と企業の北朝鮮訪問を許容する意向を表
  した事実が一歩遅れて明らかになった。 それにもかかわらず、私たちの政
  府が今まで外部に公開さえしないことに対して疑惑がふくらんでいる。

  このような事実は北朝鮮の公開で外部に知らされることになった。

  北朝鮮中央特区開発指導総局スポークスマンは15日朝鮮中央通信記者と問答
  で"我が方は去る3日南側残留人員が開城(ケソン)工業地区で全部撤収する
  時に工業地球下部構造対象の正常維持管理のための関係者の出入りと入居企
  業家の訪問および物資搬出を許容する意志を表明しながら彼と関連した日ま
  で提示してくれた"と明らかにした。

  これに対してわが政府は具体的日提示を除いた北側の提案事実をほとんどの
  認めた。”

つまり、韓国は不景気で、工業団地が閉鎖されると失業者が増えるので困るから、工業団地は何とか継続したいと思っているが、実は北朝鮮は貴重な外貨獲得手段である工業団地を本気で閉鎖しようとしており、資材はささっと回収しろと発言していたので、困った韓国政府は「北朝鮮が資材を返してくれないから、今後も返してくれるよう交渉する」とウソの発表をしていたわけですが、北朝鮮が「そんなことは言っていない」と暴露し、韓国もウソをついていたのを認めた、という話です。

 韓国政府が平気でウソをつくのは別に珍しいことでもなんでもないですけれど、ちょいと気になるんですよね…

 この問題とは同時並行的に、中国による北朝鮮への経済制裁らしき報道も存在します。

〇中国、北朝鮮銀行と取引停止 独自制裁か
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/130507/kor13050723350006-n1.htm

 “北朝鮮の対外貿易のうち中朝貿易は約7割を占めており、中国が本気で経済
  制裁に踏み込めば、北朝鮮の経済に大きな打撃を与えるのは必至だ。しかし、
  中国と北朝鮮の貿易は多くの軍系企業が関与していて、金の流れについて数
  多くのルートがあるとされている。今回の取引停止が北朝鮮の経済にどれだ
  け影響を及ぼすかは不明で、国際社会からの批判をかわす中国のポーズの可
  能性もある。”

本気で中国が北朝鮮に制裁を加えようとしているのであれば、開城工業団体の閉鎖は考えにくい

一方で、日本の飯島勲内閣官房参与の訪朝そのものもそうですが、北朝鮮のナンバー2に会ったくらいですから、今までの中朝関係からすると当然、中国もこの動きを知っていたはず。

 一方で、米国は日本の訪朝を知らされていなかったとは言っていますが、

〇飯島氏訪朝、北朝鮮の「分断」戦術…米特別代表
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130518-00000921-yom-int

 “デービース氏は飯島氏の訪朝に関し、「日本側から詳細な説明を受けた上で
  考えたい」と述べた。また、「日本政府は、北朝鮮との対話に潜む落とし穴
  を認識している」と語った。デービース氏は、16日からの日本政府高官と
  の一連の会談で、「(北朝鮮の)非核化が、我々共通の中心的課題であると
  の保証を得た」と述べ、日米は、北朝鮮に非核化に向けた圧力をかけ続ける
  ことで一致しているとの立場を強調した。”

TPPの交渉でマイナス材料になりそうなことを米国への事前通告抜きに行うのはこれまた考えにくい…。

 韓国が知らなかったというのは本当なんでしょうけれど、気になるというのは、日米中の間で何らかの裏取引でもあったんじゃないかと…。 なんとなく、それぞれの動きが同時的に起こっている割には、首尾一貫していないというか…。

 まぁ私も外交の専門家でもなんでもないですし、単なる妄想ですけれどね。ともかく、個人的に一番嫌なシナリオは、韓国は日米中のいずれかが経済的に支援をしなければ、このままいけば再びIMFのお世話になる可能性が少なくはなく、北朝鮮は中国の支援が無ければ、これまた経済的に壊滅的…そうなった状態で「北朝鮮主導で朝鮮半島は統一するけれど、当面、面倒見るのは今度も日本ね」なんてなことは避けたいな、と(-。-)y-゜゜゜。

本日の第2弾 「まの」さんでお食事

 久々に「まの」さんをアップ。

 足が遠のいていたわけではなく、定期的に通っております。実際、今週は3連荘だったりして…^^;
 んで、昨日は久々に「驚き」のネタが…ともったいぶることはないですが、「セイコ蟹」が。

 セイコ蟹アップ

 これだけだと分かりにくいかと思いますが、驚いたのはそのボリューム

 セイコ蟹全景

 「セイコ蟹」はこちらだとなかなか大きいものは出てこない、ってのが頭にあったし、値段も850円だったので、ご覧のとおり2皿頼んでしまいました^^; 

 併せて飲んだお酒は「陸奥八仙 夏吟醸」。

 陸奥八仙

 これ、そんなにコクある感じでは無いので、キンキンに冷やしてビール代わりにゴクゴクと飲む感じでしょうか。特に「セイコ蟹」のようなコクのある料理と一緒だと非常に飲みやすいですね。


味処「まの」
〒1200005 東京都足立区綾瀬2丁目23-3
03-3690-0966

景気回復と消費増税

 アベノミクスはここまで順調にきており、1~3月期の実質GDPが年率換算で3.5%の高い伸びを示しました。するとまぁ、予想どおりマスコミから「消費増税」の言葉が。

○社説:GDP大幅増 財政再建を忘れるな
 http://mainichi.jp/opinion/news/20130517k0000m070107000c.html

 “大事なことは、政府が財政再建にも十分力を入れる姿勢を示し、国債
  の増発懸念を抑えることだ。それが不安定になってしまった市場を落
  ち着かせる最良の策でもある。

  安倍内閣は今年夏に財政再建の道筋を示す中期財政計画をまとめる構
  えだ。消費増税に加え、社会保障費の抑制といった痛みを伴う議論も
  避けられない。信頼できる財政健全化策が待ち望まれている。”

何のために「消費増税」をしたいのか、忘れていないかい?毎日新聞さん。

税収を増やしたいからでしょ? だったら、「消費増税が不要なほど他の税収が増えるくらい景気が良くなるように、政府はしっかりと対応して欲しい」だって良いじゃん

 甘利経済相もこんなことを言っています。

○「異次元の景気回復が始まった」甘利再生相 1~3月期実質GDPの高成長で
 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130516/fnc13051612300008-n1.htm

 “次の期である4-6月期のGDP成長率は、来年4月の消費税増税実
  施に向けた判断材料となるが、甘利氏は「(増税の)経済環境が整い
  つつあるスタートが切れた」と話した。”

「自分はちゃんと仕事しているも~ん」というアピールなんでしょうけれど…、まぁマスゴミの印象操作の感じがしなくもありませんな。

 そりゃともかく、明らかに上記の毎日新聞の社説には、ミスリーディングがあります。実質GDPと名目GDPの違いと、GDPデフレーターの概念をすっ飛ばしている点。

 ちなみに、1~3月期の名目GDPの成長率は年率換算で1.5%でしたが、消費増税云々を議論するには、まずはこの実質GDPと名目GDPの違いをはっきりと認識しておく必要があります。

 GDPってのは、平たく言うと国内でいくら儲けがあったのか(もしくはいくら使われたのか)を表すんですが、その際、現実にやりとりされた金額が集計されたものを名目GDPと言います。実質GDPは物価の変動を考慮してこの名目GDPを調整したものです。わかりにくいですね。

 では具体的に解説。

 ある企業で昨年は100円のものが8個売れ、今年は頑張って同じものが10個売れたとします。ただし、デフレで物価の下落が進んでいるので、今年は1個80円になってしまっています。

  昨年 100円× 8個 = 800円
  今年  80円×10個 = 800円

ですから、名目GDPは変化なし。成長率は0%となります。

 でも、昨年と比較すると今年は物価が20%下落しているので、今年の800円は昨年で言うと800円÷(1-0.2)=1000円に相当することになります。なので、実質GDPは1000円÷800円=1.25と、25%の成長になります(同じ価値のものを今年は10個、昨年は8個売ったんだから10÷8でも良いんですけれどね)。

 んで、GDPデフレーターは、プラスならインフレ、マイナスならデフレだと理解しておけば良いと思います。

 さて、これで冒頭の記事に戻りますが「実質GDPが増えたんだから、消費税、アップします!」と言っているんですけれど…上の例で言うと、売上額、増えていないんですけれど…。もちろん、物価が下がっているってのはあるかもしれませんが、何度も繰り返すとおり、住宅ローン等の借金の返済額は減ってくれませんからね。

 んで、消費増税の条件(努力目標になってますけれどね)は、と言うと、

 ☆平成23年度~平成32年度までの平均で、名目GDP3%、実質2%程度

となっています。

○社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の
一部を改正する等の法律案
 http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g18005072.htm

 “第十八条 消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させるこ
  とを条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱
  却及び経済の活性化に向けて、平成二十三年度から平成三十二年度ま
  での平均において名目の経済成長率で三パーセント程度かつ実質の経
  済成長率で二パーセント程度を目指した望ましい経済成長の在り方に
  早期に近づけるための総合的な施策の実施その他の必要な措置を講ず
  る。

  2 この法律の公布後、消費税率の引上げに当たっての経済状況の判
  断を行うとともに、経済財政状況の激変にも柔軟に対応する観点から、
  第二条及び第三条に規定する消費税率の引上げに係る改正規定のそれ
  ぞれの施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長
  率、物価動向等、種々の経済指標を確認し、前項の措置を踏まえつつ、
  経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措
  置を講ずる。”


名目GDP>実質GDPとなっている、ということは、インフレ(GDPデフレーターがプラス)ってことですが、

実名デフレーター

○内閣府H.P.より作成
 http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/files/2013/qe131/gdemenuja.html

ご覧のとおり、過去20年間、このような状態になったのはただの一度。97年度です。その後、また名目GDP<実質GDPとなっているのですが、一体何があったかといえば…そう、前回の消費税率アップ。だから、仮に次の四半期でデフレーターがプラスになったとしても、たった四半期1回そうなったからと言って消費増税をすれば、景気回復の腰を折る可能性が高いんじゃないかと。まぁ、最近のEUの緊縮財政&増税の結果、ギリシャ・スペイン等がどうなったかを見ればほぼ確実と言っても良いかもしれませんがね。

 このあたりを良くわかっているのが麻生さん。

○景気を慎重に見極め=消費増税判断で-麻生財務相
 http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2013051600034

 “麻生太郎副総理兼財務・金融相は15日、2013年度予算成立後に
  記者会見し、今後の焦点は財政健全化に移るとの考えを示した。政府
  が来年4月に予定している消費増税について、今秋に最終判断する際
  には慎重に経済情勢を見極める姿勢を強調した。
  麻生財務相は8月に策定する中期財政計画に関し「財政健全化の方向
  を示せるようなものを作り上げなければいけない」と述べた。ただ、
  消費増税と経済成長のバランスが最も難しいとの認識を示した。消費
  税率の引き上げについて「景気を腰折れさせるのは間違いない。今か
  らの景気次第だ」と語った。


つまり、実質GDPの成長をもって「だから増税!」と言うのは、附則第18条、実質と名目GDP、過去の歴史を知らないか、知ってて意図的に無視しているのか、のいずれか。

 まぁ、元々新聞各社は「消費増税は早急にあげるべし!でも新聞購読料の消費増税は軽減してね」と主張している連中ですから、こういった記事が多くなるでしょうね

言論の自由とは言うけれど…

 今日本は経済・外交上の正念場。んで、外交上問題なのはこうゆう人が結構いること。

○社民・照屋議員「沖縄は独立した方がいい」中国紙に同調、県民からは危惧の声
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130515/plc13051508460006-n1.htm

 “照屋氏は、研究学会の設立を伝える4月1日の地元メディアの報道に
  対して、同日付のブログで「明治いらいの近現代史の中で、時の政権
  から沖縄は常に差別され、いまなおウチナーンチュ(沖縄出身者)は
  日本国民として扱われていない」との認識を表明。

  そのうえで「沖縄は日本国から独立した方が良い、と真剣に思ってい
  る」と強調し、独立の研究学会設立に対して「大いに期待し、賛同す
  る」との姿勢を打ち出した。”

議員が個人の見解を発表しちゃ悪い、ってことはありませんけれど、上記のような内容を議員が公表すると言うことは、沖縄県民の大多数の見解と取られる可能性も。実際には、記事中にも

 “こうした主張について沖縄在住のジャーナリスト、惠隆之介氏は「照
  屋氏の見方は一部の左翼勢力の歴史観をもとにしたもの。県民の7、
  8割は今のまま日本の統治下にあるのがいいと思っている」と反論。”

とあるように、ごく一部の声のようですけれどね。

 もちろん、この方だけではなくて、日本の主権を脅かすと言う意味では、こんな方や、

○丹羽 宇一郎
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B9%E7%BE%BD%E5%AE%87%E4%B8%80%E9%83%8E

 “作家の深田祐介は、かつて丹羽が伊藤忠商事の役員時代に面談した際、
  「将来は大中華圏の時代が到来します」と言い切り、「すると日本の
  立場はどうなりますか」と反問する深田に対し「日本は中国の属国と
  して生きていけばいいのです」
と続け、「日本は中国の属国にならな
  くちゃならないんですか」と深田が聞き返すと、「それが日本が幸福
  かつ安全に生きる道です」と繰り返したという”

こんな方もいましたね。

○「船長訴追ならAPEC吹っ飛ぶ」仙谷氏との会話暴露 自民・丸山議員
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1801G_Y0A011C1PE8000/

 “丸山氏によると、9月24日の中国人船長の釈放決定後に丸山氏が同じ
  弁護士出身で旧知の仙谷長官に電話し「船長を訴追すべきだった」と
  主張。仙谷長官は「そんなことをしたら(11月に日本が主催する)ア
  ジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が吹っ飛んでしまう」
  と懸念を表明した。丸山氏が「国家の損失だ。将来、日本は中国の属
  国になってしまう」と指摘すると、今度は仙谷長官は「属国化は今に
  始まったことじゃない」と述べた
とされる。”

民主党の場合、小沢一郎(当時)が当時の胡錦濤国家主席に「人民解放軍で言えば、野戦の軍司令官として頑張っている」、鳩山は鳩山で幹事長時代に「日本列島は日本人だけのものじゃない」等々、売国的発言が頻発。

 言論の自由が認められているとは言え、こうゆうのって「内乱幇助罪に問えないのか?」とつい思ってしまいます(-。-)y-゜゜゜

妄想癖

 民主党政権下で停滞していた北朝鮮による拉致問題(何せ、拉致担当大臣が8人に及びましたからね)の解決に向け、飯島内閣官房参与が訪朝しましたが、早速、韓国が噛み付いております。

○飯島内閣参与の訪朝 韓国政府には事前通告せず
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/05/14/0200000000AJP20130514003000882.HTML

 “北朝鮮の非核化を目指し、韓国と米国が中国との連携を強める姿勢を
  みせているなか、飯島勲内閣官房参与が14日に訪朝したことが分か
  り、韓国政府が神経をとがらせている。”


「韓国と米国」が「中国との」とさらりとまたウソを。正しくは「韓国」が「米国と中国との」だろ(-。-)y-゜゜゜


○対日配慮で温度差 朴氏は連携国に加えず「正しい歴史認識」要求
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/130508/amr13050808070002-n1.htm

 “冒頭発言でオバマ氏は「韓国や日本と緊密な連携を続けていく」と宣
  言したが、朴氏は北朝鮮が正しい方向に向かうよう「韓国と米国が連
  帯して取り組む」と述べるにとどまった。”

さらには、

 “北朝鮮問題で韓国政府と協力してきた日本政府は、韓国側に飯島氏の
  訪朝を伝えなかったもようだ。外務省は訪朝したのが内閣官房参与の
  ため、事前に把握できなかったと釈明したという。韓国政府消息筋は
  「外務省も知らなかったし、われわれも知らなかった」と述べた。韓
  日間系が冷え込んでいることが背景にあると懸念する声もある。”

「日韓関係が冷え込んでいるから、日本が韓国に通知しなかった」と主張していますが、その前に、

○韓国「日本外し」外交会議、米中にのみ出席打診
 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130513-OYT1T01555.htm

 “韓国政府が、米国や中国の外交担当者を招き今年6月末にソウルで外
  交関係のセミナーを開く予定であることが分かった。
  日本政府に出席要請はしておらず、この種の国際会議としては異例の
  対応だ。”

と、まずは自分達が日本との連携を拒否している事実は無かったかのように

 “韓国政府では北朝鮮の核問題解決に向けた国際的な連携が必要な時期
  に日本が単独行動をとることを警戒している。安倍政権が拉致問題解
  決のため、大規模な北朝鮮支援を行えば、北朝鮮の態度変化を引き出
  すための韓米両国の圧力が弱まる可能性もある。”

「大規模な北朝鮮支援を行えば」…つい最近も結構な額の朝貢を納めたばかりなのに、さらに朝貢したいと言っている国が吐く台詞とも。

○北朝鮮韓国の3回目実務会談提案 北朝鮮は対応苦慮か
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2013/05/14/0300000000AJP20130514002700882.HTML

 “今回の提案は朴大統領の指示で行われた。会談の焦点は完成品や資材の
  搬出問題だか、北朝鮮との対話が実現すれば、開城工業団地の正常化問
  題や南北関係全般にわたる対話に発展する可能性もある。”

○【北朝鮮でチョコパイ高騰】 韓国企業が間食用に提供 操業停止で入手困難に
 http://www.47news.jp/47topics/e/240973.php

 “北朝鮮は 李明博 (イ・ミョンバク) 前政権を激しく非難したが、開
  城工業団地の操業はストップさせなかった。 なぜなら労働者の賃金と
  して年間約8700万ドル(約85億円)の外貨を得ていたからだ。”

まぁ、「我が国は一流国」だとか「世界中から好かれている/尊敬されている」と勘違いしている(勘違いしたい)お国柄ですから、「(自分達の地位の割には)扱いが軽い」と思って、勝手に傷ついた挙句、「世界中から批判されている悪い日本が追いつめられて、逆切れして、我が国の正しい行いを妨害している」と妄想して溜飲を下げたいんでしょうな。

久々のケント&マイケル

あまりケント&マイケルを登場させておりませんが、すごぶる元気です(^。^)y-.。o○。もう2歳半になるので、最近おとなしくな…ったりしません!!

 ↓この方の場合、特に。

 パンが無いのなら、ケーキを食べれば良いじゃん(セリフはイメージです^^;)
 パン or ケーキ

 一方のケントは相変わらず、食います。んで、寝ます。

 俺はパンとケーキ両方が好き♡(あくまでもセリフはイメージです^^;)
 パン and ケーキ

 ただ、さすがに巨大になったせいか、くっついて寝るということは少なくなり、お互いに別々の場所に陣取ることが多くなってきました。

  う~む…こう見るとマイケルもでかいな…
 それぞれの陣地

 実は、甘えっぷりは前よりひどくなり、特に『一緒に寝よ~』攻撃が激しいく、妻も私も一緒にゴロゴロしてしまうため、写真を構える機会が減った次第です^^;

脳内変換

 G7は、あからさまに日本の政策が批判されることなく閉幕しましたが、もちろん、それを面白くない国もあって、例えばドイツなんかがそうだ、ということはお伝えしました。

○G7閉幕:日本の政策に関心強まる-円安を当面容認と示唆
 http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MMNU0N6JTSE801.html

 “また、オズボーン財務相は会見で、G7各国が為替相場を操作し
  ないとの3カ月前のコミットメントを守っており、日本の政策は
  各国に強い印象を与えたと発言。ショイブレ財務相は日本が2月
  の合意を破らないと約束したと述べた。

  バイトマン独連銀総裁は日本が中銀の刺激策に頼らないよう求め
  られたと示唆。「結局、日本の問題は主に経済の構造に関係して
  いる。このため持続的な財政に戻る信頼できる筋道を提示する一
  方、構造的な課題に取り組むことが特に重要だ」と指摘した。”

しかし、ドイツとしてもいろいろ思惑があるのは当然で、緊縮策を批判しているともとれる発言をする方も。

○現実主義目指す欧州、緊縮策の限界直視-13日から財務相会合
 http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MMPEUL6TTDS101.html

 “ドイツ銀行の共同チーフ欧州エコノミスト、マーク・ウォール氏
  は顧客向けリポートで「新たな『財政の現実』は明白だ」と指摘。
  「緊縮策は政治的限界に達した可能性があり、市場は多少のバラ
  ンス調整を好感している。依然として経済成長が鍵を握る」と述
  べた。 ”

まぁ、もっともこれも「政治的限界に達した可能性があり」という表現を用いて、「理論的には本当は緊縮策が正しいんだけれど、みんながそれを嫌がっているから、成長路線を認めてやるよ」というのを匂わせているともとれますが。

 当然、面白くない国としては「韓国」ってのがあるんですけれど、G7の結果について何を言っているかというと、

○G7も円安容認、1ドル=120円突破早まる見込み(1)

http://japanese.joins.com/article/517/171517.html?servcode=300§code=310&cloc=jp|
main|inside_right

 “「もしかして」と思ったが「やはり」だった。先進7カ国(G7)
  が日本の円安攻勢を事実上認めた。G7の中央銀行総裁と財務長
  官は11日、ロンドン郊外で開かれた会議で日本の円安攻勢を批
  判しなかった。1日前には米国のルー財務長官が日本の安倍晋三
  首相の円安攻勢を叱咤していた


  その日ルー財務長官は、「日本の成長問題は理解するが、国際規
  範の枠組みを超えて通貨価値を人為的に下げようとする試みは自
  制されなければならない」と話した。批判を超え警告と言える発
  言だった
。それだけのことはあった。円安でドルがこのところ急
  に上昇していた。

  しかしルー財務長官もグローバルコンセンサスを破れなかった
  最近主要国は「世界3位の日本経済を生かすことが世界経済にも
  良い」という認識を共有している。結局G7中央銀行総裁と財務
  長官は先月のG20声明を焼き直した。「人為的に通貨価値を低
  くしてはならない」というものだった。安倍首相の円安攻勢を批
  判したり警告するところまで行くことはできなかった
。”


米国のルー財務長官が日本の政策を「叱咤していた」、「批判を超え警告と言える」発言をしていたけれど、結局は世界の趨勢でそういったことをしなかった、と主張しているんですが、そのルー長官の発言とはこんなもの。

○日本の政策、国際社会の合意内にとどまるべき=米財務長官

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323605404578474713061947972.html

 “「国内の経済成長促進を意図した措置を各国が打ち出すことは、
  国際社会が適切と考える範囲内にあると、これまでに明確にされ
  ている」と述べつつ、「だが為替相場への影響を狙った政策は、
  そうではない。日本がこうした国際的な合意の範囲内にとどまる
  限り、経済成長は重要な課題だと思う。われわれはそれを注視す
  ると明確にしてきた」と指摘した。”


…これ、「日本の政策は国際的な合意の範囲内」であって、「(別の何らかの)為替相場への影響を狙った政策は国際的な合意の範囲外」と言っているに過ないんですけれど。まずは願望・妄想ありきで、見るもの聞くものすべてそれに沿った形に変換しているとしか。

 これを受けて中央日報は何と言っているかと言うと…

○1ドル100円時代…韓国政府、市場介入せず輸出の中小企業支援に尽力へ

http://japanese.joins.com/article/540/171540.html?servcode=300§code=300&cloc=jp|
main|top_news

 “実際、政府が市場に介入する方法もふさわしくない。韓国政府は
  これまで先物為替ポジション限度縮小、外国為替健全性負担金、
  外国銀行債券投資課税の“外為規制3種セット”を検討してきた。
  だが、債権取引税と同じような“韓国型トービン税”は海外から
  の投資を萎縮させる可能性が大きい。先物為替ポジションと外国
  為替健全性負担金は相対的に手をつけやすく投機的な取り引きを
  抑制する効果がある。しかし全世界的に進行している円安を防ぐ
  には力不足という評価が一般的だ
。 ”

平たく言うと「(人為的な為替操作である)政府の市場介入(もどき)は、副作用もあるし効果がないからやらない」… 一体自分たちが何を批判し、何をしようとしているのか理解して…たら韓国人ではないですな(-。-)y-゜゜゜。

本日の第3弾 別の手

もうサクラの季節では」で取り上げた民主党の大反省会が11日に開催されましたが… 反省しております。まっこと申し訳ない、チャングンソク君。ぼかして書きながらも、てっきり参加者を操作するのかと思っていましたが、別の手を使ったようです

○実は反省なし? の民主党「大反省会」
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130511/stt13051121480012-n1.htm

 “反省どころか言い訳のオンパレード-。民主党は11日、東京・日本橋で
  「公開大反省会」を開催した。菅直人元首相と枝野幸男元官房長官、長妻
  昭元厚生労働相の3人が30歳以下の若者の質問に答え、民主党政権を振
  り返った。だが、菅氏らから真(しん)摯(し)な反省はほとんど聞こえ
  ず、目立ったのは官僚批判、自民党批判、自己弁護ばかり。”

そうでした… 別の得意技、「言い訳、責任転嫁、論点すり替え」を忘れておりました。引用すべきはこちらでした

○<尹昶重セクハラ疑惑>「激励の意味で腰を叩いただけ」釈明
 http://japanese.joins.com/article/482/171482.html?servcode=200§code=200&cloc=jp|main|top_news
 
 “セクハラ波紋で電撃更迭された尹昶重(ユン・チャンジュン)前青瓦台
  (チョンワデ、大統領府)報道官は疑惑に関し、「セクハラは文化的な
  違いによるものであり、そのガイド(被害女性インターン)を傷つけた
  とすれば、繰り返し理解してほしい、そして謝罪すると申し上げる」と
  明らかにした。”

韓国内ではさすがに「国格への醜行」などと言っているようですが、何、この「文化の違い」という言い訳は、いつものこと

○米国早期留学中の小学生2人、性犯罪容疑で拘束
 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/03/27/20060327000036.html → リンク切れ

 “米国テキサス州の韓国人同胞宅でホームステイしていた小学5年生の男児
  2人が、同じく韓国から来た小学4年生の女児とホームステイ宅の娘(2歳)
  に性的いたずらをした疑いで13日、警察に逮捕された。2人の男児は現在、
  性犯罪容疑で取り調べを受けているとされている。

  同部の関係者は「具体的にどのような性的いたずらをしたのか事実関係を
  確認中だが、韓国と米国との文化の差が起因している可能性がある
」と話
  した。 ”

価値観ってのは文化に根差したものですが、少なくとも日本でも受け入れられるものではありませんので(-。-)y-゜゜゜

本日の第2弾 国が違えば処方も異なる

 先日イギリスで開催されたG7では、表向きは日本の政策についてお墨付きが与えられた感じですが、

○通貨安競争回避を確認 G7閉幕、日本の政策に関心
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1102B_R10C13A5MM8000/

 “麻生太郎副総理兼財務相は会議後の記者会見で「日銀の金融緩和
  や円安に対して批判的意見はなかった」との認識を示した。”

実際には日米の「金融緩和&積極財政」を面白くないと思っている国も当然存在します。

○主要国の緊縮財政緩和は誤り、余剰資本バブル警戒=カナダ財務相
 http://www.asahi.com/business/reuters/RTR201305100010.html

 “日米欧7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議出席のため訪問
  しているロンドンで、ロイターのインタビューに応じた。

  「(財政再建の)決意が弱まっており、これは間違っている。債
  務の対国内総生産(GDP)比率を低下させるとともに、成長へ
  の刺激を得るためにも、中期的に財政再建を断行する必要がある」
  と述べた。

  その上で、G7では「財政再建と経済成長の両方が必要とのコン
  センサスを得たい」と述べた。

  カナダはG7内で、緊縮財政の緩和に消極的なドイツや英国と近
  い立場にある。

  フレアティ財務相はまた「(2007年は)世界的に資本が過剰
  だったとの認識で各国の財務相の意見は一致した。現在も同様に
  資本があふれており、バブルを常に懸念している」と語った。”

この、「積極財政か緊縮財政か」について、興味深い記事を二つほど。

○[FT]緊縮政策に傷む欧州に独モデルは輸出できない
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0806W_Y3A500C1000000/

 “「ベルリンコンセンサス」は安定志向の政策を支持している。
  金融政策は中期的な物価の安定を目指すべきであり、財政政策
  は均衡予算と低い公的債務水準を目指すべきである。ケインズ
  的なマクロ経済安定化政策を思わせるものは一切容認してはな
  らない。これは破滅への道だ。

  このアプローチをうまく機能させるために、ドイツは対外収支
  の変化を利用して経済を安定させた。内需が弱い時には対外黒
  字を拡大させ、強い時には反対にするわけだ。”

 “ドイツの経常黒字に対応する赤字が他のユーロ圏諸国で生じた。
  2007年には、ギリシャの経常赤字がGDP比15%に達し、ポルトガ
  ルとスペインでは10%、アイルランドでは5%に上った。

  これらの国が出していた巨額の対外赤字に対応する各国の内需
  は、主に借り入れを原動力とした個人消費だった。そこへ世界
  金融危機が勃発した。資本流入が止まり、個人消費が激減する
  と、巨額の財政赤字が生まれた。”

これまでも度々指摘してきましたけれど、ドイツは先進国としてはかなりの外需依存国家であり、近年の繁栄は、ひとえに共通通貨ユーロの賜物。つまり、どんなに経常収支が増えたところで、ユーロが高くなるわけではなく(一方で経常収支が減るユーロ圏国家が存在しますからね)、どんどん経常収支を増やすことが可能だった。
 そのしわ寄せは…ギリシャ、ポルトガル、スペイン、アイルランド等に。これらの国々は本来であれば、経常収支が赤字なので、自国通貨が安くなり、結果、輸入はしにくく、逆に輸出はしやすくなるところが、ユーロが安くなるわけではなく、どんどん経常収支の赤字が拡大して、今の危機を招くことに。

 つまり、財政規律云々は、あくまでもドイツ等、一部の国にあてはまるモノにしか過ぎず、条件・環境の異なる国にとっては害にしかならない、ということです。

 そしてもう一つ、興味深い記事が。財政規律をキチンと守り、ユーロ圏の優等生と見なされたオランダが債務危機に

○ユーロ圏を崩壊させ得るオランダの債務危機
 http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323605404578472214120164122.html?mod=WSJJP_hpp_LEFTTopStoriesSecond

 “ユーロ圏で最も大きな債務を背負っている国はどこか。国費で
  気前のいい年金を支払っている浪費家のギリシャか。いかがわ
  しいロシアの資金をその銀行に預かっていたキプロスか。景気
  後退に見舞われているスペインか、それとも好況後の不況に陥
  っているアイルランドか。

  そのいずれでもない。実は節度と責任感のあるオランダだ。

  オランダの家計債務は可処分所得の250%に達した。これは世界
  でも最高レベルであり、スペインでさえ、それが125%を上回っ
  たことはない。”

 “これまでオランダは欧州でも最も裕福で安定した国であり続け
  てきたし、最も親EU的な立場をとってきた。EUの原加盟国であ
  り、単一通貨導入を最も支持した国の1つだった。豊かな輸出
  志向の経済を持ち、多くの成功した多国籍企業を抱えるオラン
  ダが、ユーロの順調な導入で出現するはずだった単一経済圏か
  ら得るものは多いと考えられていた。”

 “ギリシャは浪費し過ぎた。アイルランドは不動産市場を暴走さ
  せてしまった。イタリアは最初から債務が多すぎた。ところが
  オランダには何の言い訳もない。すべてのルールに従ってきた
  のだから。


これ、以前も「本日の第2弾 欧州が教えてくれるもの」で取り上げましたが、結局、多くの国、格付機関、もちろん、日本の緊縮財政派は、国の経済主体である政府・企業・個人のうち、なぜか政府の、しかも負債のみを取り上げて、政府債務対GDP比を問題としているわけですが、実はそれがおかしい、ということです。さらに日本はこれを「国の借金」としているからなおさら悪質ですが。

 確かに、政府債務対GDP比が低い国は「財政的に安定」はしていますが、これ、つまりは別に政府が借金して景気を刺激しなくても、企業・個人が借り入れを増やして、投資・消費しているからとも言えます。逆に、企業・個人が投資・消費しなければ、政府が借金をしてでも、投資を行う必要がある、ということです。
 さらに、政府が借金したくても、国内にお金が無ければ海外から借金をせざるを得ないわけで、その際に自国通貨建ての借金ができないと、海外からの資金が一斉に引き揚げられたりする場合、デフォルトする危険が存在します。アイスランドがその例ですね。

 つまり、一国の経済の安定性を見るならば、

 ○政府債務残高のみを問題とするのではなく、企業債務や家計債務も併せて考えるべき
 ○さらに、その債務は自国通貨建てなのか、そうじゃないのか

を考慮すべき
、ということです。

共有する価値観

 以前もお伝えした「本日の第2弾 今日も平壌(平常)運転 」南北朝鮮間の「開城工業団地」問題。

 北が「人質」7人をとって「人質を帰して欲しければ、未払賃金等800万ドル払え!」と言って来たのに対し、韓国は「んじゃ、完成品と資材は返せ」と応酬。

○韓国政府 北朝鮮に不当措置撤回を要求=開城団地問題で
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2013/05/01/0300000000AJP20130501001800882.HTML

 “現地に残る開城工団管理委員長ら韓国側関係者との交渉で、北朝鮮側
  は北朝鮮労働者の3月分賃金や所得税、通信費など800万ドル(約
  7億7800万円)前後の支払いを要求しているもようだ。これに対
  し韓国側は、企業が必要とする完成品や資材の搬出を求めている。”

結局どうなったかと言うと、韓国が未払賃金等を北朝鮮に支払い、

○<開城工団>北に1300万ドル支払った韓国政府「物品搬出を協議」
 http://japanese.joins.com/article/203/171203.html?servcode=500§code=510

 “7人の無事帰還は、政府が予算で北側が要求した北朝鮮従業員の3月
  の賃金未収金や税金などを支払った後だった。 ”

んで、資材は、と言うと、

 “これに先立って開かれた実務協議で、韓国側は開城工業団地入居12
  3社が開城工業団地に残している製品や原材料の搬出問題について協
  議したが、合意には至らなかった。123社が残してきた物品を合わ
  せると約3000億ウォン(約270億円)分になるという。”

まぁ、戻ってこないでしょうな(-。-)y-゜゜゜

 しかしねぇ…これまた前にお伝えしたとおり「本日の第2弾 無慈悲な鉄槌 VS 即時報復」、韓国は北朝鮮に食糧借款をしており、北朝鮮は未だに返済をしていないんですよね~。

○北朝鮮の食糧借款返済問題 韓国が遅延賠償金要求
 http://news.goo.ne.jp/article/yonhap/world/yonhap-20121207wow037.html

 “韓国政府は2000年、北朝鮮にコメ30万トンとトウモロコシ20万トンを
  有償支援した。これらは金額にして、8836万ドル(現在のレートで約
  73億円)に相当する。1回目の返済期限は6月7日(返済額は約583万ド
  ル)だったが、北朝鮮は滞納した。韓国政府は南北協力基金の受託機
  関、韓国輸出入銀行を通じ9月までに3度にわたって返済を求める通知
  文を送っているが、北朝鮮は無反応だ。”

まぁ、韓国も日韓基本条約以降も日本にタカるわ、国内は国内で借金を踏み倒すわと、南北とも本質的に同じ。「日本と共有する価値観って、何?」ってなもんですな

本日の第2弾 米議会調査局 報告書

 米議会調査局のレポートが安倍首相の言動に批判的だということで、韓国のマスコミが喜んでいるようで。

○(中央日報)米議会調査局「安倍の歴史問題発言、アジア領域内の関係を害する」
 http://japanese.joins.com/article/424/171424.html?servcode=A00§code=A00&cloc=jp|
main|inside_left

 “報告書は、特にこのような領域内の外交葛藤が米国の国益を傷つける
  側にも展開しうると強調した。これは最近、米国政府が安倍首相の歴
  史認識発言や靖国神社参拝に関し外交経路を通じて日本政府に非公式
  的に憂慮を伝えたことと似た脈絡だと見なされている。”

円安で経済に赤信号がともる中、朴大統領が訪米して「韓国はアメリカの重要なパートナー(と言われるほどすごい国)」と日頃のの反米はどこへやら、国中が自己陶酔しているとこへ、この報告ですから発狂寸前興奮状態なのはわかりますが…。

 おかげで、日本の親中・韓(反安倍)派も冷静さを欠いています

○(朝日新聞社説)歴史認識―孤立を避けるために
 http://www.asahi.com/paper/editorial.html?ref=com_gnavi#Edit1

 “今月発表された米議会調査局の報告書は、首相の歴史認識について
  「侵略の歴史を否定する修正主義者の見方を持っている」と指摘。ワ
  シントン・ポストなど米主要紙も首相発言を批判している。”

 “安倍政権の歴史認識を疑問視する声が、米国内で急速に広がっている。
  このままでは、日本の国際的な孤立さえ招きかねないことを、首相は
  深刻に受けとめるべきだ。 ”


○(毎日新聞)米国:安倍氏に懸念強め 歴史認識「米の利益損なう恐れ」 議会報告書で「国家主義者」
 http://mainichi.jp/select/news/20130510ddm001030072000c2.html

 “ただ、中韓との関係を改善する見通しが立たない中、日本側がこのま
  ま手をこまぬいて米国からの批判が強まれば、安倍政権が歴史認識を
  めぐって孤立する
予想外の展開を招く恐れもある。”


だが、ちょっと待って欲しい(朝日新聞風)。このレポートは米国議会の公式見解ではありません。

○安倍首相批判は「レッテル貼り」=米議会報告は誤解-菅官房長官
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013050900844

 “菅義偉官房長官は9日午後の記者会見で、安倍晋三首相を「ナショナリ
  スト」と紹介するなどした米議会調査局の報告書について「議会の公式
  見解ではない。コメントは差し控えるべきだ」としながらも、「誤解に
  基づくものだろう」との認識を示した。”


とは言うものの、米国人の中でそうゆう見方をする人がいる、ってのは事実であり、まぁ、確かに安倍政権にはこのあたりは十分に気を付けてほしいところです。

 ただ、毎日・朝日が冷静さを欠いている、と言ったのにはわけがありまして、同報告書が韓国について何と言っているかと言うと…

○「独裁者の娘」を迎える米国の険しい目
 http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20130507/247632/

 “【1】北の核より南北を優先?
  朴瑾恵大統領は一種の対北融和策である「朝鮮半島信頼醸成プロセス」
  を公約に掲げ当選した。しかし、就任直前の2013年2月に北朝鮮が核実
  験を実施。成功した可能性が高いというのに、朴瑾恵政権はそれを降ろ
  していない。米国の疑念はそこから生まれている。報告書は「米国の一
  番の関心事である非核化と、韓国の対北接近とを朴政権がどう調整する
  かが基本的に不明である」(3ページ)などと繰り返し疑問を呈した。

 【2】核武装に走るのではないか
  報告書ではずばりとは書いていない。しかし、「2013年の北の核実験は
  韓国の自前の核抑止力保持への希求を呼んだ」(3ページ)と指摘。さ
  らに、米韓原子力協定について4ページ分も説明に割いた。韓国は、核
  保有に道を拓くウラン濃縮の権利などを求め、同協定の改定を強く要求
  している。報告書は「多くの韓国の官僚と 政治家が、民間の核活動に
  まで米国の許可が要るのは米国によって韓国の主権が制限されていると
  見ている」(28ページ)とも書いた。読む人が読めば、韓国の 核武装
  への根強い志向が分かる仕組みになっている。

 【3】離米従中に動くのでは?
  「多くの韓国人が、米国に妥協し過ぎと感じ米国の影響に憤慨し不満を
  募らせている。韓国人は、中国を敵対視する米国の政策に引きずりこま
  れそうになることを懸念し始めた」(9ページ)。「韓国の民主化は進
  展しており、外交政策において世論がますます重要になっている」(7
  ページ)。”

どちらかというと、韓国の朴大統領に不信の目を向けているんですな。

 マスコミたるもの、こういった点を調査したうえで、ではどうすべきかの提言をすべきでしょう。この場合であれば、例えば「政府は『こういった時期に、日・韓両同盟国の首長を批判する論文を同報告書で発表すれば、それが米政府の公式見解であると誤解を招きかねず、他の勢力が日米韓に付け入る隙あり!と考えかねない。強く是正を求める』と、韓国とともに米国に要求すべきだ」とかね。

お仕事

テレビでもおなじみの精神科医、香山リカ氏がアベノミクスについて語っています。

○香山リカのココロの万華鏡:「待ち疲れ」ならぬように /東京
 http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20130506ddlk13070084000c.html

 “旅行会社が大型連休前に発表したところでは、この休みの期間中の旅行者は
  過去最高なのだとか。理由は「安倍政権の経済政策『アベノミクス』で景況
  感が改善しているから」と分析されていた。ここでポイントになるのは、実
  際に景気が良くなり現実にお金がたくさんあるのではなく、あくまで景気の
  状態に対する印象の「景況感」が改善しているだけ、ということだろう。”


あのぉ…政府の大事な仕事は「景気の状態に対する印象の『景況感』を改善」することなんですけれど…。

 もちろん、政府最終消費支出を増やしてGDPの増大に直接貢献したり、成長分野に投資したりってのはあるんですが、景気が良くなるってのは、企業や個人が投資・消費を行う → 利益・給与が増える → 投資・消費を行う というスパイラルが増える、時間軸で見れば、このスパイラルのスピードがアップすること。半年やそこらで20年続いたデフレマインドが回復するなら、誰も苦労はしませんがな。

 “診察室で会う人からは、まだ「アベノミクスで大もうけです」といった言葉
  は聞こえてこない。
相変わらず「このバイト代では生活できない」「パート
  の仕事を打ち切られた」「ローンが払えないので家を手放す」など“景気の
  悪い話”ばかりだ。”

いや、そういう方々だからこそ、貴女を必要とされているんじゃ… 「大もうけしているんで、心が晴れません」という方は少数派でしょうから。

 “そのうち、「待ってもダメみたい」とあきらめが生じる頃には社会全体がパ
  ニックになるかもしれない。アベノミクスへの期待が膨らむ一方の今だから
  こそ、政権には一般の人たちにも、「いつ頃まで待てば給料や生活にこうい
  う改善があります。それまでにこんな努力をしてくださいね」というロード
  マップを示してほしい
と思う。そのうち診察室に「待ち疲れうつ」の人があ
  ふれることだけは避けたいものだ。”

一般の人の給料の改善ロードマップ示せって…別に日本は社会主義国家じゃないし。そりゃ、大まかなものを示しちゃ悪いってことはないですけれど、精神科の治療で完治までのロードマップを示すのと同じくらい難しいんじゃねぇか?

もうサクラの季節では

 あんまり取り上げない方が本当は良いのですが、「自分にとって都合の良いところだけ取り上げ、都合の悪いところは無かったことにする」という、まるでどこぞの隣国のような菅元首相が、二日に渡り、自身のブログで安倍政権の今回の外遊にケチをつけています

○トルコへの原発輸出
 http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11523691009.html

 “福島原発事故後、日本国内の原発の新たな安全基準を検討中で、まだ決
  まっていないこの時期の、原発輸出を決めるのはあまりにも無責任だ”

 “トルコは地震国でもある。福島原発事故では津波の前の地震によって配
  管など原発が損傷し、それが事故の原因ではないかという国会事故調の
  田中三彦委員の有力な指摘もある
。そうした福島原発事故の原因調査も
  不十分な時点で、安倍総理は何を根拠に「日本製の原発は安全だ」と断
  定できるのか。”

○日本政府が安全性を保証するのか
 http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11524262702.html

 “自民党は長年原発を推進して来た。事故を起こした福島原発も自民党政
権時代に建設されたもの。日本の福島原発事故の教訓を伝えて、火力や
  自然エネルギーによる発電を勧めるのが福島原発事故を経験した我が国
  首相の取るべき立場。それとも安倍総理は、福島原発事故は無かった思
  っているのか。忘れてしまったのか
。”

…事故調からこんな↓指摘を受けたのを忘れてしまったのか?

○「原発事故は人災」 国会事故調が報告書決定 官邸の過剰介入を批判
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS04032_V00C12A7MM0000/

 “報告書は首相官邸の対応について「発電所への直接的な介入は指揮命令
系統の混乱を拡大する結果となった」と明記。当時の菅直人首相らの初
  動対応を批判している


  報告書は菅氏について「首相は緊急事態宣言の発出がすべての事故対応
  の前提になることを十分理解していなかった」と指摘。「何度も事前に
  対策をたてるチャンスがあったことに鑑みれば、今回の事故は自然災害
  ではなく、あきらかに人災だ」と結論づけた。
「被害を最小化できなか
  った最大の原因は官邸および規制当局を含めた危機管理体制が機能しな
  かったこと、そして緊急時対応で事業者の責任、政府の責任の境界があ
  いまいだったことにある」とした。”

 “先月9日に発表した論点整理では、菅氏らが現地の発電所内と直接連絡
  をとった経緯などを挙げて官邸が「事故対応に過剰介入したのではない
  か」と指摘した。報告書でも、事故発生後の菅氏らの言動が初動対応で
  の混乱に拍車をかけたとの見解を示した。” 

さらには、菅元首相の震災対応のまずさが教科書に記載されることになったというのに。

○政治部編集委員・阿比留瑠比 教科書に載った菅元首相
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130401/stt13040108500001-n1.htm

 “文部科学省が3月26日に公表した来春から使用される高校教科書の検
  定結果を見ると、当然のことながら平成23年3月11日の東日本大震
  災と福島第1原発事故への言及が目立つ。

  その中でも、当時の菅直人首相に関する記述に、首相官邸で取材をして
  いた1人として深い感慨を覚えた。例えば歴史の教科書には、こんな記
  述がある。

  「震災処理の不手際もあって菅内閣は同年8月に総辞職に追い込まれ、
  かわって野田佳彦が組閣した」(日本史A)

  「菅内閣は、放射能汚染の情報を十分に国民に開示しなかったことや、
  復興計画の立案と実行が遅れたことから、国民の批判を浴びて倒れた」
  (日本史B)

  菅氏を支えた元首相秘書官によると、菅氏は在任時、口癖のように度々
  こう語っていたという。

  「俺は歴史に名を残したいんだ」

  その夢はかなったというわけだ。菅氏は今や歴史上の人物として高校生
  が学ぶ対象となった。目指すべき手本としてではなく、反面教師として
  かもしれないが。”

それとも、どこぞの隣国と一緒で「日本は教科書をねつ造している!」とでも思っているんでしょうかね
 
 んで、民主党が何やら命知らずの企画を。 

○逃げられない夜 菅元首相の「反省」はあるのか?
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130505/stt13050520470004-n1.htm

 “永田町で大いに注目されているのが、11日に予定されている民主党の
「公開大反省会」だ。

  党のホームページ(HP)の告知によると「30歳以下の若者×元総理・
  元大臣の、逃げられない夜」なのだとか。パネリストは菅直人元首相、枝
  野幸男元官房長官、長妻昭元厚生労働相ら。30歳以下の応募者とともに、
  民主党が政権を担当した約3年3カ月について議論し、「何がそんなにダ
  メだったのか?そして、難しかったのか?」(HPの告知)をとことん語
  り合うという。

  菅氏といえば、民主党政権の失敗を象徴する人物。一方で「反省」してい
  る姿が、あまり想像できない政治家でもある。”

ガチでやるつもりなら、結構面白いとは思うんですが、何せ、どこぞの隣国とよく似ている方ですからねぇ…。

 上記と全く関係はありませんが、そう言えば、「チャングンソク」君は元気ですかねぇ(^。^)y-.。o○ 

○「ファン800人が羽田で歓迎」のチャン・グンソク 実際は「謝礼2,000円」の応募者が100人......
 http://www.cyzo.com/2011/06/post_7758.html
 
 “そのひとりに話を聞くと、なんと「アルバイトも兼ねて遊びに来た」とい
  うのだ。

  都内在住の40代主婦、彼女は一枚の紙を見せてくれたのだが、そこには
  「韓流スター来日イベント参加者募集!」とあった。”

 “民放テレビ局と思われる若い女性アナウンサーが「800人のファンが集ま
  り......」とリポートしていた。

  群がった女性ファンはどう数えても100人ほどで、首を傾げていると、報
  道陣に「主催者発表800人です」と言い回っている男性スタッフを発見”

外遊

 今回の安倍首相の外遊では、ロシアだけではなく、中東そしてトルコも訪問されています。

○日サウジ、安保・原子力など関係拡大…首相訪問
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130501-OYT1T00873.htm?from=ylist

○安倍首相、トルコと原子力協定合意…首脳会談
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130503-OYT1T00966.htm?from=ylist

これらの国々との関係強化という側面がありますが、中東訪問ではUAE、サウジという、現時点で日本が多くの原油を輸入している国を訪問している点に意味があります。

○「安倍外交」したたかに国益追求 資源国を歴訪 暗に「値切り」
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130504/plc13050421360014-n1.htm

 “ロシアは原油やガスの欧州向け輸出が低迷し、安定した供給先とし
  て日本に秋波を送る。首相はロシアに肩入れすることは避け、日本
  の原油輸入量1位と2位のサウジアラビア、アラブ首長国連邦(U
  AE)も訪れ、各国に対し暗に「値切り」を求めた。

  資源国同士を競わせ、主導権を日本が握る-。それが首相の狙いだ
  った


  価格交渉を下支えする「武器」も携えた。首相は原発をはじめとし
  たインフラに加え、医療や農業など日本の誇る技術力をアピールし
  た。資源を絶え間なく供給させるには海上交通路(シーレーン)の
  安定も不可欠で、中東各国と安全保障対話を新設し、影響力を強め
  る意思も示した。”

 んで、記事中の「安全保障云々」の面に関しては、実は安倍政権、これだけではなく、このGW中に矢継ぎ早に外交上の成果を挙げています。

○日・ASEAN 通貨融通協定を拡充 中韓抜き枠組み
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130504-00000081-san-bus_all

 “日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)は3日、インドの首都ニ
  ューデリー近郊のグレーターノイダで日ASEAN財務相・中央銀 
  行総裁会議を初めて開いた。東南アジアに進出する日系企業が現地
  通貨を調達しやすくする仕組みの導入など、金融分野の連携を強化
  ・拡大することで一致した。中国、韓国が加わらない新たな枠組
み。”

 “日本と、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、
  タイの5カ国とは、自国通貨が暴落した場合、自国通貨を買い支え
  るために必要な外貨を貸し借りする通貨交換協定を締結・拡充した。

  日本は2000年、中国、韓国と金融危機対応時にASEAN諸国
  に資金供給する「チェンマイイニシアチブ(CMI)」を発足させ
  ている。日本とASEANの会合の前に開かれたASEANと日中
  韓の財務相・中銀総裁会議は、中国の財政相と韓国の企画財政相ら
  が欠席し代理が参加した。”

○ASEANに日本製衛星、多国間で情報共有
 http://www.yomiuri.co.jp.bigbadproxy.com/politics/news/20130501-OYT1T00036.htm?from=ylist

 “政府は、日本が中核となり東南アジア諸国連合(ASEAN)の各
  国と連携して地球観測衛星を運用するネットワークを構築する方針
  を固めた。

  ネットワーク構築により、1基しか衛星を持たない国も多くの情報
  を得られるようになる。日本製の衛星の輸出増につなげるとともに、
  各国から得た情報を米国と共有し、日本周辺のシーレーン(海上交
  通路)や尖閣諸島(沖縄県石垣市)の海洋監視の能力を強化
できる
  利点もあると判断した。” 

○ベトナム、日本と対中連携強化へ 比に続き海洋安保協議
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/130429/asi13042901100000-n1.htm 

 “ベトナム政府筋は「日本はベトナムを、利害を共有する戦略的パー
  トナーとみており、日本に対するベトナムの認識も同じだ」と指摘。
  中国の動向と対処に関する情報、分析の共有などや、巡視船の供与
  に強い期待感を示した。

  日本とフィリピンとの間ではすでに、2月にマニラで外務、国防・
  防衛、海上保安庁・沿岸警備隊の当局者による2回目の「海洋協議」
  が開かれている。中国への対処、日本による巡視船10隻の供与な
  ど、多岐に渡る問題が話し合われた。

  ベトナムとの協議は初めてで、「対中牽制包囲網」を形成するとい
  う共通の狙いがある
。出席者の構成や議題は、日比海洋協議とおお
  むね類似するとみられる。

  ベトナムは海上保安庁の中古巡視船10隻の供与を要望している。
  日本はしかし、振り向けられる中古船がないため、供与するにして
  も新造船とする意向だ。”

同じく中国の脅威にさらされている東南アジア各国と、安全保障面、経済面での連携を着々と

 毎年、GW中の政府の外遊については「その間に何かあったらどうする」とか「何を目的としている」といった意見も起こりますが、

○首相と11閣僚、GWに外遊へ 自民幹部も「多すぎる」
 http://www.asahi.com/politics/update/0426/TKY201304260318.html

○安倍内閣 GW外遊ラッシュの浮かれぶり
 http://gendai.net/articles/view/syakai/142169

今回の外遊については、かなり成果のあったものと評価してよいんじゃないかと思っています。

日露首脳会談 その3

 日本とロシアが一致する大きな利害のもう一つは、対中国の安全保障。

 プーチン大統領の一期目から対米国の観点で中露は接近しましたけれど、たびたび指摘しているとおり、この二国は歴史的に仲が悪い。だから、実体はこんなもの。

○『元駐ロシア大使に聞く 北方領土問題の舞台裏』
 http://www.bsfuji.tv/primenews/text/txt130226.html

 “中国とロシアの関係。これは表面的にはいいように見えますが、ところがど
  っこい、いろんな問題が起きています。”

 “たとえば、シベリア極東に20年~30年前には800万人のロシア人が暮らしてい
  た。現在それが600万人ですよ。200万人いなくなった。そのすぐ南の、中国
  のたったの3つの省だけで1億5000万人の中国人がいるんですよ。彼らがシベ
  リア極東に染み透っていっている。何人いるのか。50万人?とんでもない。
  200万人?とんでもない。500万人が入っているという人がいるんです。ドイ
  ツ人の学者ですが。私は知日派のロシアの有名な学者に聞いたことがある。
  こういう話があるけれど、あなたは何万人だと思いますかと彼に聞いたら、
  暫く考えて100万人と言いましたよ。100万人の中国人が住み込んでいる。も
  うそれに対してロシアは、驚異感を持ち始めているんですよ。”

 “ずっと長い間ロシアは中国に武器をたくさん売っていた。武器マーケットの
  最大のマーケットが中国だった。しかし、2000年代に入ってからガタッと落
  ちていますよ。それは武器を売るのが怖くなったんです。現在一番ロシアの
  武器を買っているのはインド、マレーシア、ベトナム、インドネシアの4つの
  国で、いずれも中国と領土問題を抱えている国です。それらの国にロシアは
  武器を売っている。中国にはガタッと落ちて売っていない。”

とまぁ、ロシアも「中国を脅威」と捉えているわけで、今回ロシアとの間で2プラス2が設置されることになったというのも、大きな成果だと思います。

○中国にらみ安保協力強化 「脅威」が共通認識に
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130430/plc13043009460013-n1.htm

 “日露首脳会談で外務・防衛担当閣僚の安全保障協議委員会(2プラス2)設
  置など安保分野の協力強化で合意したのは、ロシア側からの呼びかけによる
  ものだ。表向き「中露蜜月」をうたうロシアが、中国を「脅威」と認識しつ
  つある証左といえる。東シナ海で中国の高圧的な海洋進出にさらされる日本
  にも渡りに船で、安倍晋三首相も「協力の水準を抜本的に高める」と期待感
  を表明した。”

まとめると、「経済・安全保障面で、日露両国は利害が一致」するので、一番の障害である「北方領土問題を棚上げすれば、いろいろな面での交渉が進む」可能性が高い、ということです。

 強面のプーチン、何せ元KGB出身ですから怒らせちゃあいけませんが、対日・中関係においては、少なくとも、メドベージェフ前大統領時代よりも日本にとっては有利になっていると思います。

○対日接近、背景に極東・シベリア開発への期待 “食い逃げ”懸念も
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/130430/erp13043012200005-n1.htm

 “日露関係は2010年、メドベージェフ大統領(当時)が国家元首として北
  方領土・国後島に初上陸して極度に冷え込み、領土交渉自体が空転した。ロ
  シア側では、首相がめまぐるしく代わる日本側に対するいらだちの声も出た。”

 “こうした雰囲気が一変したのは昨年のプーチン政権発足からだ。

  中国の習近平国家主席が訪露して発表された今年3月の共同声明では、メド
  ベージェフ政権時代の中露共同声明に盛り込まれた「第二次世界大戦の結果
  の見直しは許さない」といった表現はなかった。この文言には、大戦終結時
  に北方領土を不法占拠したソ連の行いを正当化する意図が込められているた
  め、間接的な対日批判とみられていた。

  ロシアが対日接近を図る背景には、日本の技術力と投資への強い期待がある。”

 これですべてが上手くいくとは思えませんが、中国紙が日露首脳会談で日本をこき下ろしていますから、

○露大統領が安倍首相に冷や水…中国紙が酷評
 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130430-OYT1T01009.htm?from=main2

 “記事は、日露首脳が北方領土問題を巡る交渉の加速化で合意したことは伝え
  たが、欧米メディアの論評を引用する形で、「安倍氏が言う『大きな成果』
  は具体性がなく、共同声明は問題解決に向けた政治的意欲と外交姿勢を示し
  ただけだ」と指摘。プーチン氏が共同記者会見で、領土問題について「明日
  にでも解決するという意味ではない」と述べ、慎重姿勢を崩さなかったこと
  を強調した。”

少なくとも日露の接近を中国は嫌がっている、ということでしょうね。本当に中身のないものであれば、中国はスルーしたでしょうから。そういう意味では、今回の日露首脳会談は成功だったと思っています。

日露首脳会談 その2

 とりあえず「北方領土問題」を棚上げした場合、日本とロシアが一致する大きな利害が二つあります。一つ目はエネルギー問題。

○エネ需給一変 台頭する米、露の影響力低下
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/130419/trd13041910580009-n1.htm

 “シェールガスの増産で天然ガスの需給は緩和。米国内の指標価格は100万BT
  U(天然ガスの取引で用いる英国熱量単位)当たり3~4ドルとなり、液化天然
  ガス(LNG)を15ドル程度で輸入している日本に比べて4分の1から5分の
  1程度に下がっている。

  かつて米国は天然ガスの2割をカタールからのLNG輸入で賄う計画だった。
  だが、シェールガスの生産本格化で、売り先を失ったカタールのLNGは欧州に
  流出。
ちょうど東日本大震災後の原発停止で火力発電用のガス需要が激増した時
  期で、日本も余ったLNGを輸入して急場をしのぐことができた。”

 “割を食ったのはロシアだ。カタール産LNGの流入で、欧州のガス価格は下落。
  欧州への輸出量も減少し、欧州ガス市場での影響力は低下しつつある。
  このため、ロシア政府要人は今年に入り、「日本・中国詣で」を重ねている。


 “ロシアのエネルギー関連の専門家であるミハイル・カルチェムキン氏は「米国産
  LNGの存在が、ロシアの(極東での)計画の位置づけを弱めることになるのは
  明白だ」と指摘。シェールガスが日本に流入すれば、ロシアはさらに戦略見直し
  を迫られる可能性があると予想している。”


ロシア経済は資源依存型。一方で資源の市場価格ってのは結構劇的に動いてしまう。だからプーチン大統領だって資源依存型経済から脱却したいと思っている一方、産業はそんなに簡単に育つものでもないから、当面は資源に依存した経済にならざるを得ない。

ところがここに来て、シェールガス革命のため、欧州への天然ガスの販売が減ってしまった。なので、新たな販売先として日本と中国に目をつけている。

 んじゃあ、ロシアと中国の間ではエネルギー問題はどうなっているかというと…

○ロシア、中国に天然ガスを供給―原油輸出も倍増
 http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323873404578377113553884632.html

 “ロシアは22日、10年に及ぶ交渉の末に中国に天然ガスを供給する契約を締結し
  た。これにより中国はドイツを抜いてロシア産ガスの最大輸入国となる可能性
  が出てきた。”

 “中露両国は長年にわたり交渉を続けていたが、価格で折り合いがつかずにいた。
  ただ、ガスプロムの最大の稼ぎ先である欧州市場への販売価格が下がっている
  ことから、両国の価格面での歩み寄りが出来つつあるようだ。ガスプロムは今
  後2、3カ月のうちに価格での最終合意に到達したいとしている。”

ちょいと分かりにくいですが、実は何も決まっていないに等しい。よ~く記事を読むと、「10年に及ぶ交渉の末」「可能性がでてきた」「中露両国は長年にわたり交渉を続けていた」「最終合意に到達したいとしている」… 簡単に言っちゃうと、中国が値切り倒しているんで交渉がまとまらんのですな^^

○シェール革命 激変する世界の資源事情
 http://www.nhk.or.jp/worldwave/marugoto/2013/02/0218m.html

 “ロシアの化石資源の輸出先は、レポートにもあった様にアジアに向いている。
  ただし、中国はハードネゴシエーターであまりガスは売れない。
  だからロシアは日本に期待し、サハリンでは東シベリア地区にもガスと石油の
  開発につながっている



一方で、日本が購入している天然ガスは中東の原油価格と連動しているので、と~っても高い。だからこそ、最近貿易赤字なんですけれどね。すると、日本が今買っている天然ガスの値段 > ロシアから日本が買う天然ガスの値段 >ロシアから中国が買う天然ガスの値段 であれば、日露双方がハッピーということになります

すいません…その3に続きます^^;

日露首脳会談

 日露首脳会談が終わりましたが、個人的な感想を。

 日本側から見た場合、ロシアと言えばまずは北方領土が浮かぶ人が多いんでしょうかね。そんな中、プーチン大統領が以下の発言を。

○領土問題「2等分方式」に言及 プーチン氏、安倍首相に
 http://www.asahi.com/international/update/0501/TKY201304300542.html

 “ロシアのプーチン大統領が4月29日の安倍晋三首相との会談で、領土
  問題の解決策として面積を半々に分け合う2等分方式に言及した。プー
  チン氏が切り出したという。首相はロシア側が北方領土交渉にも適用す
  るのか見極める構えだ。日本政府関係者が明らかにした。

  ロシアは2008年、アムール川(中国名・黒竜江)とウスリー川の合
  流点の中州にある大ウスリー島を二分することで中国との国境を画定し
  た。10年にはノルウェーとの係争海域を2等分し、40年に及ぶ境界
  線論争に終止符を打った。

  プーチン氏は首脳会談で中国やノルウェーの事例について「面積を半分
  ずつにした」と説明。そのうえで「両事例は第2次大戦に起因するもの
  ではないという点で、難しい話ではなかった」とも指摘し、北方領土問
  題とは違いがあるとの認識を示したという。”

この発言は森元首相の「三島返還」+αということになります。

○森元首相、3島返還で決着を=北方領土「現実的に対応」
 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201301/2013010900983&g=pol

 “森喜朗元首相は9日夜のBSフジ番組で、北方領土問題について、択捉
  島を放棄し、国後、歯舞、色丹の「3島返還」で解決を図るべきだとの
  見解を明らかにした。森氏は番組で示された地図上で「単純に線を引け
  ばこう引くのが一番いい」と述べながら択捉島と国後島の間に国境線を
  引き、「3島か」との質問に「そうだ」と答えた。”


このプーチン大統領の発言を持って、多少なりとも北方領土問題の進展に期待する方もいるかと思いますが、個人的には以下の安倍首相の発言が全てだと思っています。

○日露首脳会談 領土交渉に「魔法の杖」はない(5月1日付・読売社説)
 http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130430-OYT1T01506.htm?from=ylist

 “首相は共同記者会見で、「一気に解決する魔法の杖(つえ)はない」と語
  った。”

多くの日本人にとって「北方領土問題の解決」=「四島一括返還」ですが、

 “ロシア側のスタンスは1956年の日ソ共同宣言に明記された歯舞、色
  丹両島の引き渡しで決着を図る意向とされる。”

てのが実情でしょう。双方に言い分がありますが、現実問題としてロシアの一般国民は北方領土の経緯や問題については知らず(関心が無く)、歯舞、色丹両島すら近年定住者も確認されている状況で、戦争クラスの大事件でも無い限り四島の返還は難しいんじゃないかと。

 ってことは、「北方領土問題の解決ありき」だと「日露間の交渉」は何事もすすみません。実際、日本側に一定の配慮を見せるプーチン大統領が記者会見でこんな一幕も。

○ロ大統領、会見でいら立つ 北方領土の外国企業活動問われ
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130430/plc13043007420009-n1.htm

 “ロシアのプーチン大統領は29日の日ロ首脳会談後の記者会見で、北方
  領土で外国企業が活動している問題について考えを聞かれると、こう答
  え、いら立ちをのぞかせた。

  プーチン氏は「われわれは本当にこの(領土)問題を解決したいのだ」
  とした上で、問題解決プロセスを「妨げたいなら、激しくて直接的な質
  問をし、激しくて直接的な回答を得ることだ」と厳しい表情で答えた。”

勘違いしないでいただきたいのは、私は「日露間の交渉ごとを進めるために、四島返還じゃなくても妥協せよ」と思っているわけではありません。そうじゃなくて、「北方領土問題については“棚上げ”して、それ以外の解決・妥協できる問題については、さっさと片付けましょう」というスタンスを取るべきだと思っています。

 戦後60年以上、実効支配を続けてきた4島ですから、仮にロシア、というかプーチン大統領が例え3島にしたって返還を決断するには、国民がそれなりに納得できる理由が必要になるでしょう。つまり、まずは「何か」があって、それをロシア国民が納得するだけの利がロシアにあって初めて返還にいたるんじゃないかと思っています。
(続く)
プロフィール

Author:tatsusae
会社に長時間いると飽きてしまうという、組織人としては致命的欠点を持つ、仮面サラリーマンです

保有資格
AFP、宅建、初級シスアド、簿記3級、証券外務員2種等々

特技
統計(日本計算機統計学会員なもので)
英会話(最近使ってないから怪しいけど…。一応米国のMBAホルダーだったりします)
初級の中国語会話(なぜかできたりします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。