スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の第2弾 8月15日

 本日は8月15日。期待どおりの反日っぷりを発揮しまくる朝日新聞の社説

○戦後68年と近隣外交―内向き思考を抜け出そう
 http://www.asahi.com/paper/editorial.html?ref=com_gnavi

 “戦前戦中の日本の責任を問う声がアジアから湧き起こるまでには時間が
  かかった。それは、戦後の秩序の影響が大きい。

  米国とソ連が世界を二分した冷戦の時代。日本と台湾、韓国は米国陣営
  に組み入れられた。さらに日本は高度成長にも入った。資金と技術で隣
  国を助ける優位を保つことができた。

  70年代までに終えた近隣との国交正常化は、冷戦構造の産物でもある。
  日本への賠償請求権は消えたとされたが、当時の近隣諸国では外交に民
  意が反映される状況ではなかった


  やがて冷戦は終わる。グローバル経済の時代、韓国は先進国へ、中国は
  大国へと成長した。日本と国力の差がなくなるにつれ、歴史問題に由来
  する大衆感情が噴き出している。

  日本はもはや軍国主義は遠い遺物と思っても、隣の民衆にとっては戦争
  を問う時が今やってきた。
そこには歴史観の時差ともいえる認識のズレ
  がある。”


えっと。中国共産党および韓国とは日本は戦争をしていません。こういった間違った歴史認識だけではなく、「韓国は先進国へ」とのヨイショも入れるあたりはさすがは朝日、親韓派の面目躍如といったところかでしょうかね(-。-)y-゜゜゜。

それに「当時の近隣諸国では外交に民意が反映される状況ではなかった」とは言え、「国と国との取り決めは国内法に優先する」のが当たり前。民意が反映されなかったとしても、その結果は当該国政府が処理すべき国内問題であって、中・韓政府がそれを日本にぶつけるのは、自国民に対する責任を政府が放棄していることに他ならない、などと言う論理は、「法律的に正当性があると言って、それだけでいいのか、物事が済むのかという話だ(by仙石氏)」などと言う連中には通じないでしょうけれど。それより、そもそも、当時の近隣諸国のうち、中・韓以外は何もクレームをつけていないのはどう説明する気だ、朝日新聞さん(-。-)y-゜゜゜

 “この認識の溝は、あまりに深い。だが、そこが出発点だ。アジア抜きに
  日本の未来は語れない今の時代こそ、じっくり考えよう。「お隣」は今
  なおなぜ、怒り続けているのか、と。”

私こそ問いたい。アジア抜きになぜ日本の未来は語れないのか。しかも、世界だ、アジアだと言う割には、中・韓しか出てこないのはなぜかと。それこそ、“北東アジア”という狭い世界に内向きな姿勢ではないのか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

中・韓は連携して靖国というカードを振り回していますが、全くおかしなことです。日本の神社に誰がお参りしようが問題にすることではないです。戦犯がまつられているということを口実にしているに過ぎません。
腹立たしい限りです。

asayanさんへ

コメントありがとうございます。

> 中・韓は連携して靖国というカードを振り回していますが、全くおかしなことです。日本の神社に誰がお参りしようが問題にすることではないです。戦犯がまつられているということを口実にしているに過ぎません。
> 腹立たしい限りです。

まぁ、結局、首相が参拝しようがしまいが、何かを見つけちゃあ中傷するわけですから、いちいち取り合わないことでしょう。中国も勢いがあるのは後5~10年程度、韓国は数年でしょうから、その時に絶対に支援なんぞしないこと。
これが、中韓との関係改善の第一歩です。
プロフィール

tatsusae

Author:tatsusae
会社に長時間いると飽きてしまうという、組織人としては致命的欠点を持つ、仮面サラリーマンです

保有資格
AFP、宅建、初級シスアド、簿記3級、証券外務員2種等々

特技
統計(日本計算機統計学会員なもので)
英会話(最近使ってないから怪しいけど…。一応米国のMBAホルダーだったりします)
初級の中国語会話(なぜかできたりします)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。